オリエンタルラジオが究極の変態写真集『DOUSEI ドウセイ』発売で話題! 迷走してる、気持ち悪いと批判の声も、腐女子達は絶賛

オリエンタルラジオ

ダンスボーカルユニット『RADIO FISH』としても活動し、楽曲『PERFECT HUMAN』の大ヒットによって再び注目を集めているお笑いコンビ『オリエンタルラジオ』(略称:オリラジ)が、初の写真集『オリエンタルラジオ×青山裕企 写真集 DOUSEI -ドウセイ-』を9月2日に発売することが明らかとなり話題になっています。

この写真集は、フェチ写真の第一人者である写真家・青山裕企さんが、「もし、オリラジのふたりが一緒に暮らしていたら……」という設定で、「同性どうしの同棲一週間」をテーマに撮り下ろした作品。

オリラジの“あっちゃん”こと中田敦彦さんは、以前よりトーク番組などで青山さんの作品の魅力をプレゼンしており、「自分たちも撮ってもらい、写真集をつくりたい」とラブコールを送ったことで実現したといいます。

今回写真集を制作するにあたり、オリラジが望んだことは「究極の変態写真集」だということ、青山さんが創りだす写真の世界に自身が入り込むことで、青山さんは被写体をある設定の物語の中に置くことを得意としているため、今回のテーマは「同性どうしの同棲一週間」に決定し、撮影が行われたとのことです。

なお、26日に東京・赤坂BLITZで行われるRADIO FISHのワンマンライブ『PERFECT SUMMER』では、この写真集が冊数限定で先行発売されるそうです。

<↓の画像が、写真集に収録されている写真>
『オリエンタルラジオ×青山裕企 写真集 DOUSEI -ドウセイ-』のワンカット 中田敦彦が藤森慎吾にあーんしている写真

『オリエンタルラジオ×青山裕企 写真集 DOUSEI -ドウセイ-』のワンカット 手を握っている写真

『オリエンタルラジオ×青山裕企 写真集 DOUSEI -ドウセイ-』のワンカット 中田敦彦が後ろから藤森慎吾の顔を手で隠している写真

『オリエンタルラジオ×青山裕企 写真集 DOUSEI -ドウセイ-』のワンカット 藤森慎吾が中田敦彦にネクタイをしてあげている写真

『オリエンタルラジオ×青山裕企 写真集 DOUSEI -ドウセイ-』のワンカット 中田敦彦と藤森慎吾が隣同士で寝ている写真

そして、この写真集に対してネット上の反応を見てみると、

  • 1部の人に需要ありそ。新たな分野や仕事に繋げる作戦がウマイ
  • 腐女子にはウケそうだな
  • 青山先生なら間違いない。楽しみ
  • 話題作り上手いな
  • 正直面白くないけど、どんなもんでも取り敢えず行動する奴は評価出来る
  • BL苦手だけど、自分の好きなタレントさんが、こーゆーラブラブしてる所の見るのは好きだわー。オリラジは、普通だからなんとも思わないけど、ファンにとってはいいと思う。
  • やばいやばいこれうわ欲しいアッー!!!

などのコメントが寄せられています。

しかし、その一方では、

  • これは流石に引くわ 気持ち悪すぎる
  • ものすごく気持ち悪い。何も分かってない
  • Instagramでネタとして二、三枚上げれば十分じゃない?
  • どこの層に受けるのか知らんが、変態呼ばわりは全力であちこちに喧嘩売ってるな
  • 迷走してるなぁ…最近は残念な人にしか見えない
  • ネタなのかどうか知らないが、消えないようにあの手この手って感じだな

などの厳しいコメントも多く寄せられており、賛否両論となっています。

また、「究極の変態写真集」ということで、同性同士の同棲、同性愛者のことを変態だと差別しているのかといった批判的な声も寄せられているのですが、これについて青山さんは自身のツイッター上で、「究極の変態=同性同士の同棲という意味ではなく、端的に言えば、青山=変態的な視点という意味なので、よろしくお願いいたします。」とツイートしています。

<↓の画像が、青山さんのツイート>
青山裕企のツイート

こういったものには全く興味が無いことから何が良いのか全く理解できず、芸人がこういった写真集を出すことに対して、ネット上では厳しい声が多く上がってはいるのですが、男性同士のこういった絡みが好きな“腐女子”と呼ばれる方たちからは大きな反響を呼んでおり、それなりの売上を記録しそうな感じですね。

ここ最近のオリラジは、芸人としての活動以外のところで注目を集めており、これに対して賛否両論となっているのですが、次はどのようなことに挑戦していくのか、引き続き注目したいところです。

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MzA2OTkwMDUx

    この人たち、最近必死すぎてそろそろ飽きた

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について