『ドラえもん』の初代声優・大山のぶ代が認知症で闘病中! 夫の砂川啓介がラジオ出演で告白!

大山のぶ代

国民的人気アニメ『ドラえもん』(テレビ朝日系)でドラえもんの初代声優を務め、女優としても活動している大山のぶ代さん(78)が、認知症を患い現在闘病中であることが明らかとなりました。

これは夫で俳優の砂川啓介さん(78)が13日に放送されたラジオ番組『大沢悠里のゆうゆうワイド』(TBSラジオ)に出演し明らかにしたもので、少し前から認知症の症状が出始め、当初は2008年に大山さんが脳梗塞を患っているため、後遺症だと思い気付かなかったそうなのですが、直前に行ったことを忘れてしまうなどの症状が出ており、介護が必要な状態とのことです。

そして、症状が出る時と出ない時がありまだら状態が続いているそうで、現在は自宅で生活し、大山さんのマネージャー、砂川さん、家政婦らが協力し、大山さんの介護をしているそうです。

(↓の画像が、夫の砂川啓介さんの写真)
砂川啓介

所属事務所によると、大山さんは人前に出る時には、気を張ってしっかりしており、これからも声の仕事も続ける意志があるそうですが、最近は本人も認知症の症状を自覚しており、時々、弱気な発言もしてしまうそうです。

これにネットでは、

  • 声の仕事を続ける意思があるって、すごいな。大体認知患うと引きこもって消極的になるのに
  • 夫婦でお互いに「あれ」「それ」を使わない(ちゃんと名称を言う)とか、
    かなり認知症には気をつけておられたそうだが、どうかお大事に
  • そのうちドラえもん観ても「これは何ですかね?」とか言っちゃうのかな…
  • 案外と台本を持たせてスクリーンの前に立たすとシャキッとするかもなぁ。しかし寂しいな
  • 歳が歳だから何が起きても不思議は無いけど正直こんな事実は知りたくなかった…何はともあれ長生きして下さい。そしてこれ以上病状が悪化しない事を切に願ってます。

などのコメントがありました。

大山さんも今年で79歳と高齢であるため、認知症を発症してしまうのはしょうがないことかと思うのですが、大山さんが声優を務めていた『ドラえもん』を見て育ったものとしては、今回認知症を発症していることを知り非常に残念な気持ちになりました。

大山さんは現段階では仕事を続ける意志があり、人前に出る時には気を張ってしっかりしているとのことですが、直前に話したことを忘れたり、入浴することが出来ず介護が必要な状態とのことで、再び声優として活動するのは難しいでしょうね…。

今後少しでも認知症の症状が進行するのを抑えるため、適切な治療を行ってまた元気な姿を見せてほしいと思います。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 says:
    ID:MTg3NjQyODcx

    やっぱり長年努めてた、ドラえもん辞めたのが大きいと思うの。ダンガンロンパは続けるのだろうか?

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について