吉本新喜劇の竜爺(たつじい)こと井上竜夫が高度肺気腫で死去。享年74歳。突然の訃報に驚きや悲しみの声

井上竜夫

「おじゃましまんにゃ~わ」などのギャグで知られ、“竜爺(たつじい)”の愛称で親しまれていた吉本新喜劇の役者・井上竜夫さん(本名=井上龍男)が、5日午前4時20分に兵庫県西宮市内の病院で、「高度肺気腫」のため亡くなっていたことが7日明らかとなりました。74歳でした。

これは井上さんが所属する吉本興業が7日発表し明らかとなったもので、親族によると、井上さんは亡くなる前日、病室で家族全員でテレビを観ながら談笑していたそうなのですが、「また明日」と別れた後の深夜に容態が急変したといいます。

葬儀・告別式は、家族の強い意向により尼崎市内で執り行われたといい、喪主は妻の井上恵美子さんが務めたとのことです。

井上さんは2014年9月25日に、舞台出演中に体調不良を訴えて休養に入り、当初は1ヶ月ほどで復帰する予定だったものの、若い頃に結核を患い、呼吸器系に持病があったことからその後も休養は続き、2015年12月に開催の『吉本新喜劇まつり!2015』で約1年ぶりに復帰。

<↓の画像が、2015年12月に1年ぶりに姿を見せ、ファンにあいさつをしていた井上さんの写真>
井上竜夫が最後に公の場に登場した時の写真

しかし、その後も舞台に復帰することは出来ず、井上さんが公の場に姿を見せたのはこれが最後となりました。

井上さんは1963年に吉本新喜劇に入団し、当時まだ20代前半だったものの、若い頃から老け役を担い、1971年には新喜劇団員の谷しげるさんと漫才コンビ『ざ・どっきんぐ』を結成し、活動をスタートさせたのですが、自分に合わないと感じたこと、結核によって長期入院をしいられたことからコンビを解散して新喜劇に復帰。

その後1989年に行われた劇団員リストラ「新喜劇やめよッカナ?キャンペーン」を乗り越え、近年では和服姿で足元がおぼつかないおじいちゃん役を主に演じ、「おじゃましまんにゃ~わ」などの語尾に「にゃわ」を付けたギャグで人気を博しました。

そんな井上さんの突然の訃報に対してネット上では、

  • マジかよ。関西では御馴染みの人だったからショックだ・・・
  • 体調悪いのは存じ上げていましたが、復活を楽しみにしていましたので、とても残念です。『三途の川や』が現実になってしまうとは。ご冥福をお祈りいたします。
  • 竜じい、マジか!?……まだ信じられない……新喜劇の新旧メンバーもまだ受け入れられないだろうな……
  • 最近、たつ爺見ないなぁ〜と思ったけど本当に三途の川に渡ってしまったのかぁ〜。最高に面白い人だったから残念だなぁ〜。ご冥福をお祈り申し上げます。
  • 誰か『渡ったらアカン!それは三途の川や!』って引き留めなかったのだろうか…お悔やみ申し上げます。沢山の笑いを有難うございました。

などのコメントが寄せられています。

井上さんが2014年9月より休養に入ったのですが、この時に吉本興業の関係者は、井上さんが普段から酸素ボンベを持参して通勤していたこと、最近も体調不良を訴えていたことを明かしており、最低でも2年前から体調が芳しくない状態にあったようです。

井上さんは癒し系の親しみやすいキャラクターで、吉本新喜劇のファンだけでなく、役者、吉本興業所属の多くの芸人たちから愛されていた方で、体調が良くなり次第、舞台復帰することを望む声が多く寄せられていました。

もう二度と舞台上で井上さんの姿を見ることが出来ないというのは非常に残念ではあるのですが、これからゆっくり休んでほしいと思います。

井上竜夫さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について