武田久美子がアメリカ人の夫と離婚! 国際結婚は難しい? 長女・ソフィアの親権持ち、再び日本で芸能活動

武田久美子

女優・タレントの武田久美子さん(47)が、2000年に結婚したアメリカ人の夫・ジェームスさん(51)との離婚が11日に成立していたことが明らかになりました。

武田さんは2014年7月にジェームスさんと離婚協議中であることを週刊誌で告白し、それから約1年半が経ち、1月11日に双方が離婚合意書にサインをして終結したとのこと。

大手製薬会社に勤務するジェームスさんと武田さんはハワイで出会い、アメリカと日本の遠距離恋愛を2年間した末の2000年に結婚し、アメリカに移住をして2002年12月に長女・ソフィアちゃん(13)を出産。

<↓の画像は、夫・ジェームスさんと長女・ソフィアちゃんの写真>
武田久美子と夫のジェームス、長女のソフィア

武田久美子と長女のソフィア

カリフォルニア州サンディエゴの高級住宅地で幸せな生活を送っていましたが、2012年ごろから夫の仕事の都合ですれ違い生活が続き、アリゾナに転勤となったジェームスさんから「やっぱりもうお互いの関係は修復できないと思うから、離婚という形をとろう」と切りだされ、武田さんはその時点から離婚は避けられないと考え、2014年2月から離婚協議に入っていました。

現在は長女と二人暮らしをしており、昨年7月に行ったイベントでは、カリフォルニア州の法律で離婚時の夫婦の財産や親権はすべて折半になることを明かし、同11月には「夫は好きな仕事を選んだ。14年間で7回。引っ越しの数だけ愛が冷めた」と語っていました。

そして、今回『サンケイスポーツ』の国際電話取材に応じた武田さんは、離婚までに約2年と時間がかかった理由について、「多分、自分たちの持ち物件の処理。売った分の割り当てとか細かい部分は、専門家に任せないと分からなかったので」と語り、再婚については「本当に大変だったので、今は考えられないですね」と語っています。

今後については、アメリカを拠点にして来日するというスタイルで芸能活動を行うそうなのですが、「娘が大学を卒業するまでは母親業をメーンに、仕事はできる範囲で、私自身が飛躍できるように頑張っていきたい」とのこと。

また武田さんは、20日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)に電話生出演し、「2年は長かった」「やっと終わってすっきりしてます」と心境を告白。

娘の親権については、メインの親権は武田さんにあるそうなのですが、「こちらの場合は、子どもが両親のもとを行ったり来たりするんですね。なので、月の3分の1は父親の方に行きます」と語り、離婚までの約2年間にかかった弁護士費用については、「一軒家は買えないとしても、クルマはもちろん買えますね」と苦笑いしながら明かしていました。

そんな武田さんに対してネット上では、

  • 自分も国際結婚だけど、正直そんなに結婚大変じゃない。というか、どの家庭もそれぞれ問題はあり大変なので、国際結婚だけ特別に大変だともラクだとも思わない
  • 結婚するより、時間、金、労力が必要って言うもんね…
  • 2年も離婚協議するとかめんどくさすぎる

などのコメントが寄せられていました。

武田さんとジェームスさんの離婚はすれ違いもありますが、その他にも考え方の違いがあり、お互いに愛情が冷めてしまったそうですね。

高収入なジェームスさんと国際結婚し、憧れのセレブ生活を送っていたものの、それも上手くいかずに最終的には離婚してしまい、今後また武田さんは日本で芸能活動を行っていくようですが、正直なところ需要が無いことからそううまくはいかないでしょう。

そんな武田さんはこれまでに数冊の本を出版し、そこで美ボディを披露したり、体型を維持するためのエクササイズを紹介しており、今後は美容タレントとして活動していく狙いなのではないかと言われていますが、果たして再び芸能界で活躍することはできるでしょうかね…。

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    つっこみくいーん says:
    ID:MjA4OTk4Nzc4

    国際結婚にメリットもデメリットもない。

  2. 2
    匿名 says:
    ID:ODI4MzgyMzM5

    貝殻の次は何を着けようか?スマホかPSPなんかが相応しいかな?

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について