片岡愛之助が『フライデー』記者にブチギレ激怒! 妻・藤原紀香の妊活の噂を完全否定し『フライデー』記者に不満爆発

片岡愛之助

昨年8月に交際宣言し、今年3月末に結婚した歌舞伎俳優・片岡愛之助さん(44)と女優・藤原紀香さん(44)に対し、世間からは厳しい声が多々寄せられていますが、週刊誌『フライデー』の記者に対して、片岡さんが怒りを爆発させていた事が明らかとなり話題になっています。

同誌が報じているところによると、5月中旬に藤原さんは東京・銀座の産婦人科で診察を受けていたそうで、愛之助さんは愛車を運転して診察を終えた藤原さんをピックアップし、白金にある高級中華料理店へと向かったとのこと。

<↓の画像は、30分ほどの診察を終えて、愛之助さんの愛車・マセラティに乗り込む藤原紀香さんの写真>
この日の診察は30分ほどで終了し、迎えに来た愛之助のマセラティに乗り込む藤原紀香

2人は仕事関係者と合流し、22時過ぎに店を後にした2人はパーキングへと向かったそうなのですが、愛之助さんだけが引き返し、血相を変えて現場に張り込んでいた同誌の車に歩み寄り、「オイ、何してんだ!」と怒りをあらわにし、強烈な目力で睨んでいたといいます。

そんな愛之助さんに対して「今日、紀香さんは銀座の産婦人科に寄っていましたよね?」と質問すると、愛之助さんは「行ったけど、それが何や?」といい、話を聞かせてほしいと言うと、「妊活なんてしてないよ。今日は、定期的に行ってる健診や」「だいたい妊活、妊活って何なんだよ。子どもなんて自然に授かるものやろ!」と子作りについて持論を展開。

さらに、メディアが報じている藤原さんの妊活についての記事に対し、藤原さんが自身のブログで反論したところ炎上する騒動に発展したことについては、「(記事が)ふざけんなってカンジや。ブログで反論したらまた炎上したりして……カンベンしてほしいわ、かわいそうやろ?」と、藤原さんのことをかばっていたそうです。

同誌によれば、愛之助さんの言葉の端々からは藤原さんに対しての深い愛が感じられ、愛之助さんは藤原さんの妊活についての憶測記事に相当おかんむりだったようで、妊活についてひとしきりぶちまけた後には、気が静まったのが同誌の記者との立ち話にも応じてくれたといいます。

そして、これに対してネット上では、

  • まったく好感度の感じられない夫婦だ
  • 四十路を越えてなんだかなあって感じやわな。だったらブログ閉鎖すればいいじゃないですか。苦笑。
  • ブログが炎上することより裏切られた熊切の方が可哀想
  • 夫婦揃って嫌われているからでしょ。そのくらい我慢しろよ

などの批判的なコメントも寄せられているのですが、

その一方では、

  • 紀香さんじゃなくても、産婦人科とかプライバシー半端ないのに、つきまとうマスコミの神経を疑う。
  • 病院まで追いかけ、四六時中見張られたら精神も参っちゃうよね‥この二人は好きじゃないけど、さすがにこの行為は人としてどうかとおもう
  • 藤原紀香苦手だけど、これはさすがに気の毒…病院の受診した科なんてプライベート、他人に知られたくない。
  • 産婦人科とか病院は究極のプライバシーでしょうに。そこまで付け回すのは、流石にどうかと思う。芸能誌っていやらしいな。

など、産婦人科にまで張り込む同誌の記者を非難する声が多々上がっています。

愛之助さんは11日に更新したブログでこの日のことについて綴っており、お2人とともに食事をしていたのは芸能リポーターの井上公造さんだったそうなのですが、店の外では車を降りてパシャパシャと写真を撮る人がおり、車のエンジン音もうるさく、閑静な住宅街で一方通行の道路ということから、近所にも迷惑がかかると店の人が話しに行くと、何人も違う場所に人がいて、その内の1人の女性はトランシーバーを持っていて、注意をしたところ挙動不審に去っていったとのことです。

さらに、食事後に外に出るとまだ写真を撮っていたことから愛之助さんは近寄っていったそうで、『フライデー』の記者に話を聞くと、他にも某雑誌2社も来ていたと教えてくれたといい、「盗撮は気持ち悪いですし、やめて頂きたいものですね」と綴っています。

週刊誌の記者はこれを仕事としているので何とも言えないのですが、ストーカーのような過度な付きまとい行為はどうかと思う部分はありますね。

ちなみに、20日にインターネットテレビ局『AbemaTV』で放送された『芸能マル秘チャンネル』という番組で、芸能リポーターのあべかすみさんが『フライデー』の編集次長・小柳津次長に生電話し、この日のことについてや藤原さんの妊活について聞いており、愛之助さんは妊活を否定しているものの、「婦人科に月1くらいで行っているわけで、これは明らかに妊活ですよねえ」と語っています。

また、自身の隠し子については、「ちゃんと代理人をたてて、話し合いは続けているからと言っていましたね。もっとツッコミたかったんですけれども、聞いてほしくないという感じがみえて、あまり喋っていただけなかったんですよね」とも語っていました。

藤原さんと結婚後の会見で、愛之助さんが子供について「養子でもかまわない」と発言した一方、藤原さんが「彼の子を産みたいと思うのがオンナ心」と発言したことから、藤原さんの妊活に注目が集まることになり、それに加えて自身の隠し子騒動も再燃することになりましたが、話題事欠かない夫婦だけに、今後もメディアによって様々なことが報じられることになるでしょうね…。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 says:
    ID:ODM4NTE1OTQ0

    人を不幸にして自分の幸せなどない!熊切さんとの事が無ければ紀香は愛之助さんとの結婚は無かったのではないでしょうか!売名行為!結局!紀香は愛之助さんが自分を選んでくれたことをアピールしたかっただけでしょう。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について