澤穂希選手の結婚相手は元Jリーガー辻上裕章! ベガルタ仙台の強化・育成担当だった! 妊娠はしておらず現役続行!

澤穂希選手

サッカー日本女子代表「なでしこジャパン」の中心選手で、女子サッカーなでしこリーグ「INAC神戸レオネッサ」に所属している澤穂希選手(36)が、8月8日の大安に入籍していたことを11日に所属のINAC神戸を通じて電撃発表しました。

発表によると、お相手は10年来の友人だった30代の一般男性で、昨年末より交際に発展し、今年に入ってから結婚を意識するようになったとのことでしたが、気になるお相手は一般の方ということから顔写真や名前の公表は控えるとのことでした。

しかし、12日付のサンケイスポーツは澤選手の結婚相手を明らかにしており、Jリーグのクラブチーム「ベガルタ仙台」にかつて所属し、現在は同クラブの強化・育成部担当の辻上裕章さん(38)とのこと。

(↓の画像が、辻上裕章さんの写真)
澤穂希選手の結婚相手・辻上裕章

辻上さんは、高校時代をアメリカで過ごした帰国子女で、日本に帰国後は早稲田大学に進学しサッカー部に所属。

レギュラー選手として活躍していたものの、大学4年生時にチームの事情から出場機会を失ったそうなのですが、当時J2の「ベガルタ仙台」の入団テストを受けて見事合格し、早大在学中の2000年に同クラブへ入団。

翌年に現役引退した後には、語学力を活かしてJリーグ「柏レイソル」で通訳を担当、2001~2003年に同クラブの強化本部、2003~2008年に事業統括部に在籍し、2010~2012年には公益財団法人 日本サッカー協会へ出向、2012年ロンドン五輪などでは代表チームの広報を担当していました。

その後2013~2014年に「ベガルタ仙台」の運営・広報部に在籍し、2015年から同クラブの強化・育成部に在籍しています。

澤穂希選手の結婚相手・辻上裕章のプロフィール

辻上さんが代表の広報を担当していた当時、接したことがあるサンケイスポーツのサッカー担当キャップは、「トレードマークのひげが似合うイケメンで人柄は温厚。担当記者として、仕事をしやすかったのを覚えている。」と語っています。

そして、澤選手は12日にクラブの練習に参加し、練習後に入籍についての取材に応じており、結婚相手が辻上さんであることを認め、「ワールドカップの時も他に人には言えないことを言えたし、近くにいて支えてくれたのは彼。気持ちの余裕があったからプレーに専念できました」「私のよき理解者で、頼りがいのあるすてきなだんな様です。指輪はまだ。これから2人で選びたい」と語り、「彼の優しさ、責任感の強さ、うそをつかない誠実なところにひかれました。この人と生涯いたら楽しいだろうなと思いました」と結婚を決めた理由を明かし、今後は夫婦で支えあい来年のリオデジャネイロ五輪出場を目標にするとして「現役である限りは、目標を高く持ってやりたい」と語りました。

(↓の画像は、12日に取材に応じた澤穂希選手の写真)
澤穂希選手が結婚会見

また、選手登録名については「すごく気に入っているので」と変更はしない予定で、挙式・披露宴については「自分はまだ現役だし、彼も仕事があるから」と答え、現時点で予定はないとのことです。

澤選手の結婚発表後、各界から祝福コメントが多く寄せられていますが、とても素敵な旦那さんで、これからお互いに支えあい、さらに活躍してくれることに期待したいですね。

関連記事

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 says:
    ID:ODI4NTQ2NTg2

    正直どーでもいいわ

  2. 2
    匿名 says:
    ID:MzY5Mzc1Mzg2

    おめでとう!!でも、やっぱり澤さんの顔すっぴん風はわたおにのカズちゃんとかぶるなー

  3. 3
    匿名 says:
    ID:MTg3NjQyNjgz

    結婚しても、浮かれてない感じが好感もてるわ。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について