中谷美紀の新恋人はドイツ人のティロ・フェヒナー(画像あり)ウィーンフィルのイケメンビオラ奏者と真剣交際中! 結婚の可能性あり?

中谷美紀

女優・中谷美紀さん(40)が、世界的なオーケストラ『ウィーン国立歌劇場管弦楽団』、『ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団』でビオラ奏者を務めているドイツ人のティロ・フェヒナーさん(Thilo Fechner 48歳)と真剣交際していることが明らかとなりました。

これは25日付の『スポーツ報知』と『サンケイスポーツ』が報じているもので、フェヒナーさんが10月にコンサートのために来日した際に出会い、英語が堪能な中谷さんとすぐに意気投合し、最近になって交際に発展したそうで、交際期間はまだ1ヶ月程度だといいます。

<↓の画像が、中谷美紀さんと交際中のティロ・フェヒナーさんの写真>
ティロ・フェヒナー

フェヒナーさんは、10月1・2日に開催された世界的指揮者・小澤征爾さん、インド人のズービン・メータさんが指揮を執ったコンサート『サントリーホール30周年記念ガラ・コンサート』に出演するため来日しており、中谷さんはこの時に知人を介してフェヒナーさんと知り合い、もともとクラシック好きだった中谷さんが得意の英語で語りかけ、意気投合したそうです。

中谷さんは所属事務所にもフェヒナーさんのことを恋人として報告済みで、24日発売の週刊誌『女性セブン』によって外国人男性との交際を報じられましたが、『スポーツ報知』の取材に対して「記事の男性は恋人、と報告を受けております」と、フェヒナーさんとの交際を認めていたとのこと。

フェヒナーさんは、ドイツ・ベルリンの音楽一家に生まれ、ベルリン芸術大学、アメリカ・ニューヨークのジュリアード音楽院で学んだエリートだそうで、1993年から2年間はベルリン・フィルのカラヤン・アカデミーに参加し、その後はスイス・ロマンド管、ミュンヘン・フィルに在籍。

2004年よりウィーン国立歌劇場管弦楽団に入団し、2007年よりウィーン・フィルのメンバーとなり、ウィーンフィルの精鋭らで結成された『アンサンブル』、『ザ・フィルハーモニクス』でも活躍しており、12月8~12日に宮城・仙台の東北大学百周年記念会館で行われるコンサートのため、再び来日予定だといいます。

そして、中谷さんとフェヒナーさんの熱愛報道に対してネット上では、

  • 渡部篤郎よりは全然いい
  • この人恋愛もオシャレだね
  • 音楽家って気難しいイメージあるけど、葉加瀬太郎みたいな人もいるからね
  • スケールが違うね。
  • 今度こそ幸せになって欲しい。
  • 渡部の再婚には驚いたし、中谷さんには幸せになってもらいたいわ、だけど、お相手歳も歳だし、まさか妻子もちとか、実はドイツに恋人いるとか、騙されて日本の恋人じゃないよね?心配です。
  • 外国人には本国に妻子がいる場合が多々ある
  • もともとプロの演奏家はとてももてる。ましてウィーンフィルの奏者なんて・・・それに演奏家は多忙。普通は演奏だけでなく後進の育成もある。日本にいられるのは長くても年に30日ほどだろう。非常に残念だが、おそらく現地妻以上の存在ではないと思われる。それ以上になるにはウィーンに住むしかない。
  • まさか船乗りタイプじゃないよね。港ごとに愛人がいたりして、ないことを願います。

などのコメントが寄せられています。

熱愛をスクープした『女性セブン』では、お相手の男性については明らかにされておらず、どのような外国人男性なのか気になってはいましたが、まさか世界的オーケストラに所属しているドイツ人の方とは驚きました。

それもフェヒナーさんはかなりのイケメンで、まさに美男美女のカップルですね。

交際期間はまだ1ヶ月程度であるものの、真剣交際とも報じられていることから、今後交際を続けていつかは結婚となるのかに注目したいところですが、フェヒナーさんはメンバーから厚い信頼を得ているリーダーだといい、世界的オーケストラに所属しているイケメンヴィオラ奏者なので相当モテるでしょうし、世界を飛び回り中谷さんと会える時間も限られてしまうため、交際が長く続くかどうかはまだ分かりません。

また、ネット上でも、他にも交際している女性がいるのではないかと心配する声も上がっているのですが、果たして今後どうなるのかに注目したいですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について