プロゴルフ・石川遼選手が婚約者と結婚! 相手は中学校時代の同級生で清楚なスレンダー美人! 戦友・松山英樹も祝福

石川遼

男子プロゴルファーの石川遼選手(24)が、2012年4月に婚約を発表していた中学生時代の同級生で幼馴染の一般女性(24)と結婚したことを公式サイトで発表しました。

石川選手は「かねてからお付き合いをしていた一般女性の方と本日入籍した事を慎んで報告させていただきます。これからもプロゴルファーとしてさらに成長できるよう頑張っていきたいと思いますので、ご声援よろしくお願いします」(原文のまま)と、2日に結婚したことを報告。

2人で婚姻届を提出したそうで、関係者によれば挙式・披露宴などの予定はまだ決まっていないとのこと。
なお、奥さんはまだ妊娠していないとのことです。

石川選手と結婚した女性は、清楚な雰囲気でロングヘアが似合う長身スレンダー美人だといい、交際がスタートしたのは2008年ごろから。

2011年10月に同級生と交際していることを発表し、その後2012年3月に婚約していたことを『日刊スポーツ』がスクープし、その後石川選手自身が同級生と婚約したことを明らかにしていたものの、「20歳になったし、自分たちで判断できるかなあ。でも、その辺はまだ子供なので」「結婚の時期は未定。婚約ですからね。結婚ではないですから」と語り、それから約4年後に結婚となりました。

国内外を問わず石川選手が出場する試合会場に度々足を運び、陰ながらサポートしていたといい、控え目な性格でコース外から静かに見守り、大会によっては宿舎で手料理を作り、石川選手の栄養面や精神面をサポートしてきたそうです。

交際中から家族ぐるみで親しくしており、石川選手の両親と試合会場で一緒に観戦するなどしていたといい、石川選手との家族との関係は非常に良好のようで家族や関係者は「いい子ですよ」と口を揃えているとのこと。

非常に面倒見が良く、石川選手の弟・航くんが幼い頃は、手を引いて歩く姿なども見られ、昨年末には石川選手の妹・葉子さん(19)と一緒に大阪へ旅行に出かけるなどして家族同然だったといいます。

2013年からアメリカツアーに本格参戦し4年目を迎える石川選手は、まだ一度も優勝は果たせておらず、昨シーズンはギリギリでシードを確保。

今シーズンも6試合に出場したものの、3試合は予選落ちと厳しい状況で、さらに今年2月には「ウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープン」で腰痛を発症し、その後もAT&Tペブルビーチ・プロアマをを欠場。

2月20日に日本に帰国して治療に専念しており、復帰時期については未定となっているのですが、10日から開幕する「バルスパー選手権」での復帰を目指して治療と練習を続けているとのことです。

そんな石川選手の結婚発表に対してネット上では、

  • 人気もあってメディアに出たりして、女子アナとか色んな女性から誘惑もあっただろうに、他に乗り換えないで一途に貫くなんて偉い
  • 石川遼もついに結婚か!おめでとう。通用しないと言われても、アメリカ挑戦がんばってほしい。その姿勢は好きだ。
  • 婚約解消との噂もあったけど続いていたんですね、おめでとうございます。奥様の為にも良い結果を出してあげてくださいね。
  • 数年前に、ここで優勝っていうときに婚約発表という流れだっけど、ここからダメの烙印押されたけどそのままの伴侶で良かったよ。おめでとうよかった、ここから良き伴侶になって支えてください
  • 去年のカシオワールドで応援に来てた相手の方にお目にかかりましたが、とても控え目でモデルさんのようにスタイルもよく綺麗な方でした。両手に花になるようゴルフ優勝めざして頑張ってください

などのコメントが寄せられています。

また、石川選手と同い年で戦友のプロゴルファー・松山英樹選手(24)さんは、公式発表よりも石川選手から結婚することを聞いていたそうで、「(知ったのは)みんなより、ちょっとだけ早かったかなあ。別に驚かないですよ。おめでとうって(伝えた)」と語り、石川選手と奥さんについては「ラブラブでしたよ(笑)。いや、カノジョとはあんまりちゃんとしゃべってないので。カノジョじゃない、奥さんか(笑)。でも支えになっているんじゃない?」と結婚を喜び、「今はケガをしているので、そういう意味では気分転換にはなっていると思う。そんなに休みをまともに取ったこともないだろうし」とコメントしています。

<↓の画像は、石川選手と松山選手のツーショット写真>
プロゴルファーの石川遼選手と松山英樹選手のツーショット写真

石川選手は2012年に同級生との婚約を発表した際に、「僕の中では『結婚するならこの人しかいない』と思っていました。」と語り、「今後の人生をずっと一緒に過ごすのであれば、早すぎるという理由で2、3年、結婚を遅らせることにあまり意味を感じません」と、20歳で婚約を発表した理由について語っていました。

また彼女と過ごす時間については「ゴルフから離れられる時間で、悔しい気持ちや疲労を忘れさせてくれます」と語りつつも、「これから2人の生活は楽しいことばかりではありません。僕の成績が悪ければ、彼女もきっとつらい思いをするでしょう。彼女の人生も背負わなくてはならないという点では、今まで以上に大きな責任を感じています」と気を引き締め、「プロゴルファーはツアーを転戦し、家を離れることが多い職業。それだけに、家族との時間を大切にする米国選手のように、僕も家庭生活とゴルフの両立を目指していきたいと思っています」と語っていました。

しかし、その後は婚約を解消したという噂も囁かれていたことから心配をしていたのですが、無事に結婚したと今回発表があり安心しました。

現時点で石川選手は思うような結果を残せておらず、そこにきて腰痛を発症して戦列から離れるなど厳しい状況にありますが、結婚を気にこれから素晴らしい活躍を見せてくれることに期待したいですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について