同棲愛の水川あさみと大東駿介が結婚間近? 事務所社長と決別、独立してゴールイン?

水川あさみと大東駿介

1月からスタートした綾瀬はるかさんが主演の連続ドラマ『わたしを離さないで』(TBS系)、12日に放送の田村正和さん主演のスペシャルドラマ『松本清張ドラマスペシャル・地方紙を買う女〜作家・杉本隆治の推理』(テレビ朝日系)などに出演している人気女優・水川あさみさん(32)が、結婚に向けて所属事務所を離れ、独立すると10日発売の週刊誌『女性セブン』が報じています。

水川さんは13歳の時に知り合いの紹介で芸能プロダクション『A.L.C.Atlantis』に所属し、1996年のデビュー以来この事務所に籍を置いているのですが、同誌によると、デビュー以来二人三脚で一緒にやってきた女性社長と決別し、事務所から独立するといい、その理由は「結婚」と「仕事の方向性の違い」とのこと。

水川さんは2014年11月に、同じ事務所に所属し後輩にあたる俳優・大東駿介さん(29)との交際を『女性セブン』によって報じられ、その後も順調な交際を続けており、昨年8月には『フライデー』が都内で変装することもなく堂々とデートしていたことや、同棲生活を送り夫婦同然の状態にあることを報じていました。

<↓の画像は、水川さんと大東さんのツーショット写真>
水川あさみと大東駿介のツーショット写真

しかし、今回『女性セブン』が報じている記事によると、事務所は2人の結婚に待ったをかけていたようで、事務所としては数多くのドラマや映画などに出演し活躍している水川さんには、もう少し仕事を優先して頑張ってほしいという気持ち、大東さんの仕事が軌道に乗ってからの結婚の方が良いという考えがあったようです。

ですが、水川さんは今年7月で33歳となり、結婚して子供を産むならと焦る気持ちがあり、両者の考えに次第にズレが生じていってしまったようで、それならば2人で事務所を辞めようかという話にまでなってしまったといいます。

ちなみに、大東さんは2011年12月に現在の事務所に移籍しており、それまでは『渡辺プロダクション』系列で成宮寛貴さんや松坂桃李さん、菅田将暉さん、杏さん、佐々木希さん、木村佳乃さん等が所属する『トップコート』に所属していました。

これまでお世話になった事務所を離れ、独立しようとするもう一つの理由には、親交が深い女優の宮沢りえさんの存在もあったといい、水川さんと宮沢さんは2011年放送のNHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』で共演し、それから“りえさん”“あさみ”と呼び合うほど仲良くなり、スッピンで会うほどの関係にあるといいます。

水川さんは宮沢さんに「女優として演技を学ぶには、舞台がいい」とアドバイスをもらってから舞台への出演を希望することが多くなり、その考えが事務所の社長との衝突を生んだようで、水川さんは演技の幅を広げるために舞台の仕事を増やしたいと考えていたものの、社長はテレビドラマのオファーがあるうちはテレビの仕事をこなしてほしいと考えており、2人はすれ違っていったそうです。

事務所が水川さんの希望をなかなか受け入れられなかった理由は、ドラマに比べて舞台はギャラが少なく、稽古にも時間がかかることからのようで、事務所の看板女優の水川さんの意志を尊重するのは難しかったようです。

また、ドラマのオファーも大物女優ならまだしも、中堅どころだと一度断ってしまうとその次からはなかなか難しくなるといい、その結果舞台よりもドラマの仕事を優先し、これが大きな一因となってしまったのではないかとのことです。

これに対してネット上では、

  • 独立はやめた方が、、、結婚するにしても微妙に2人ともまだまだだし。仕事で成果をあげてからがよくないか?余計なお世話だけど。
  • 独立といっても個人事務所を立ち上げるか大手に移籍するかで変わる。全ての条件を受け入れた上での移籍なら仕事が減ることはない。
  • 大東の方も事務所とこじれ独立した経験があるから干される恐怖や仕事がなくなる不安も聞いているだろうし、知識はあると思うんだけど、それあっての独立ってことはきっと本人に考えや将来の見通しがあるんだと思う。全然飾らないおもろい女優だから個人的には好き。頑張って欲しい
  • 好きな女優さんだしほされたりせずに頑張って欲しいな。事務所を選ぶ権利だってあっていいと思うし。
  • この人は結婚してもしなくても、尾野真千子みたいにコンスタントにドラマに出れそう
  • そういえば堀北真希も独立の為に、弁護士たてて事務所と係争中 とか記事出てたけどどうなったのかな。水川さんは なるべく円満に事が進むといいね

などのコメントが寄せられていました。

事務所と考え方にすれ違いがあり、これ以上ここで仕事を続けるのは難しく、希望している結婚もしばらくは許してもらえそうにないのであれば、事務所を離れるというのも選択肢の1つではあるのですが、移籍先が大手の芸能事務所でないと仕事が減少してしまう可能性があり、独立する場合も同様に大手と業務提携するなりしないと仕事が減ることになるかと思います。

最近では中谷美紀さんが『スターダストプロモーション』から独立して個人事務所を設立しましたが、水川さんであれば独立後も仕事のオファーはあるとみられるものの、大東さんは現時点でそこまで売れているわけではないことから、結婚のために事務所を独立するというのは考え直したほうがいいのではないかと思いますね…。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    つっこみくいーん より:
    ID:MzUzMzI2NDAw

    演技派の行く末案ず。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について