TUBEのボーカル・前田亘輝に薬物使用疑惑! 高知東生逮捕で急展開? 本人否定も暴力団関係者と深い関係で警察もマーク中?

TUBE前田亘輝

今年2月に元プロ野球選手の清原和博さん(48)、6月に元俳優の高知東生容疑者(本名=大崎丈二 51歳)が違法薬物事件で逮捕され、芸能界には他にも薬物使用者がいるのではないかと疑う声が多く上がっていますが、そんな中で週刊誌『週刊新潮』は高知容疑者の逮捕を受けて、4人組ロックバンド『TUBE』のボーカルでリーダーの前田亘輝さん(51)に疑惑の目が向けられていることを報じ、現在注目を集めています。

『週刊新潮』は清原さんが逮捕された後に、シンガーソングライターの長渕剛さんが清原さんのシャブ仲間だったことを関係者の証言をもとに報じ、実名報道だったことから大きな話題になったのですが、今回も同誌は名前を伏せること無く前田さんの名前を出して報道。

同誌によると、前田さんの名前が取り沙汰される事になった理由は、高知容疑者と前田さんに共通の知人がおり、その人物は「現在服役中の元暴力団関係者」で、芸能関係者によると「芸能界のタニマチとして知られ、なかでも高知とは昵懇(じっこん)の間柄」だといいます。

そして、同誌が前田さんに取材を行ったところ「飲み屋で会ったりしましたもん」と、交遊があったことを認めたそうなのですが、薬物使用疑惑については当然否定する発言をしており、自身の名前が取り沙汰されていることに対して「ぼくが(理由を)聞きたいです。どうしてなんでしょう」「ASKAさんのときもぼくの名前出ましたし」と語っています。

前田さんは本当に薬物に手を出していないのか、真相が気になるところですが、ニュースサイト『日刊サイゾー』が今回報じている記事によると、前回『週刊新潮』が長渕さんの記事を報じた際には、内容証明が届けられたとのことなのですが、前田さん側からは現時点で抗議は来ていないといいます。

また、前田さんの名前は早い段階で挙がっていたといい、東京・六本木界隈での奇行は有名だったそうで、裏社会と密接な関係にあるという噂もあったとのこと。

さらに、昨年デビュー30周年を迎えたTUBEのメンバーが東武百貨店の池袋本店で1日店長に就任した際、前田さんだけが異常に汗をかいていたといい、さらには椅子から立ち上がるにもひと苦労というほど疲れている様子だったそうで、早朝のイベントということから前田さんは「この時間帯は慣れていないから」と説明し、マスコミの取材を終えるとすぐに帰っていったそうです。

<↓の画像は、1日店長を務めた際に撮影された写真>
TUBEの前田亘輝が東武百貨店で1日店長を務めた際に撮影の写真

実名報道によって疑惑が浮上してしまった前田さんは、1997年に女優の飯島直子さん(48)と結婚して話題になったものの、2001年に突如として離婚。

結婚からわずか4年で離婚となった理由は、前田さんの女癖の悪さだったと言われており、夜な夜な六本木や銀座に繰り出しては豪遊していたという話が出ており、暴力団関係者との黒い交際も以前より噂されていたことから、もし薬物に手を出していたとしてもそこまで驚きはありませんね。

ちなみに、2011年にも『週刊現代』によって前田さんの交友関係に警視庁が注目していると報じられており、前田の所属事務所は同誌に対して「暴力団関係者との関係は一切ない」と完全否定していたものの、黒い交際疑惑がありマークされていたようです。

そんな前田さんは年明けに、「声帯のう胞」の除去手術を受けるも復帰し、術後第1作目となるシングル『RIDE ON SUMMER』を6日にリリース。

8月には毎年恒例の野外コンサート『TUBE LIVE AROUND SPECIAL2016』を開催するなど、これから活動が活発的になっていくのですが、これから特に何もトラブル無く活動を続けていくことは出来るのでしょうか…。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について