高畑裕太の強姦致傷事件の被害女性がトラブルの真相・裏側初激白で物議! 不起訴処分、示談成立後に週刊現代で反論に疑問の声

高畑裕太

俳優・高畑裕太さん(23)が40代のホテル従業員の女性に性的暴行し、軽傷を負わせ、強姦致傷で逮捕されるも不起訴処分になった事件で、被害女性が週刊誌『週刊現代』のインタビューに応じ、高畑さん側の担当弁護士が釈放時に発表したコメントに対して反論し、事件についても激白しています。

9月9日に高畑さんが不起訴処分になり釈放されたことを受けて、高畑さんの担当弁護士である渥美陽子弁護士、小佐々奨弁護士は事件についてのコメントを発表。

そのコメントには、「私どもは、高畑裕太さんの話は繰り返し聞いていますが、他の関係者の話を聞くことはできませんでしたので、事実関係を解明することはできておりません。」としながらも、「知り得た事実関係に照らせば、高畑裕太さんの方では合意があるものと思っていた可能性が高く、少なくとも、逮捕時報道にあるような、電話で『部屋に歯ブラシを持ってきて』と呼びつけていきなり引きずり込んだ、などという事実はなかったと考えております。つまり、先ほど述べたような、違法性の顕著な悪質な事件ではなかったし、仮に、起訴されて裁判になっていれば、無罪主張をしたと思われた事件であります。以上のこともあり、不起訴という結論に至ったと考えております。」といったことが綴られていました。

このコメントに対して被害女性のAさんは、「相手方の弁護士のFAXのコメント内容を知ったとき、全身から血の気が引くのを感じました。まるで私がウソをついたかのようなことが書かれていました。私が悪かったというのでしょうか。なぜ加害者のように扱われるのでしょうか……」と語っています。

Aさんがメディアの取材を受けるのは今回初めてとなり、代理人の弁護士の同席のもとで「後にも先にも1回きり」という条件付きで、3時間にわたって事件の日のことを告白したそうです。

事件が起きたのは8月23日深夜2時過ぎのことで、高畑さんは映画『青の帰り道』の撮影のために、群馬県前橋市内にあるビジネスホテル『前橋ホテルサンカント』に宿泊しており、そこでフロント係として勤務していたAさんは部屋に呼ばれ、性的暴行を受けたとされています。

Aさんは右手首と指に軽傷を負い、知人の男性に連絡をして前橋署に被害届を提出。

高畑さんは同日に警察の取り調べに応じ、犯行を認めた上で「女性を見て欲求を抑えきれなかった」と供述し、同日午後には逮捕されました。

<逮捕後の高畑さんの写真>
送致される高畑裕太容疑者

それから高畑さんと被害女性の間では示談交渉が進められ、示談が成立するとともに、起訴には至らずに不起訴処分となり、逮捕から17日後の9月9日に釈放されました。

同時に高畑さんの担当弁護士は前述のコメントを発表し、高畑さん側は合意のもとで関係を持ったという主張をしているのですが、この声明文に対してAさんは「血の気が引くのを感じた」といい、「示談後、加害者側の弁護士は一方的に『強姦ではなかった。合意があった』というような主張をしていますが、事実ではありません」と反論しています。

また、これだけでなく『週刊文春』や『フライデー』などの一部週刊誌はこの事件に関する特集記事を掲載し、両者の間ではとどのようなやり取りがあったのかなどを明らかにしているのですが、Aさんは『週刊文春』の記事内容にショックを受けたといいます。

高畑さんの供述によると、ホテルのエレベーターに2人で乗った後にキスを迫り、「僕の両肩を抑えたり、口をつぐむなどはありました」と一瞬抵抗する様子は見せたものの、Aさんは高畑さんのキスを受け入れたといい、その時の心境については「激しい抵抗感を感じなかったので、僕はいけるみたいなことを思いました」と供述しています。

しかし、Aさんは今回のインタビューでこの部分に対して反論しており、「キスをしたなんて絶対にない。そもそも私はエレベーターに一緒に乗っていません」と語って高畑さんの供述内容を否定し、「なぜ加害者のように扱われるのでしょうか…。二度目の強姦をされたような気持ちです」と怒りをあらわにしています。

高畑さんが不起訴になってから1ヶ月以上が経ち、Aさんが初めて事件の裏側について語っているのですが、この記事に対して高畑さん側の弁護士は「誤解がある」という見解を明らかにしています。

高畑さん側の弁護士は14日、『サンケイスポーツ』などのメディアにFAXを送信して見解を発表しており、「被害者とされる女性は弁護人コメントにおいて、『性的な行為の合意があった』との見解を公表したと認識されているようでしたが、この点は誤解があります」とし、「弁護人は高畑裕太さんにおいて、当時女性の拒否の意思を認識しておらず、合意があると思い込んでいた」と主張し、高畑さん側は強姦しているという認識は無かったとしています。

さらに、今回のインタビュー記事内での発言内容については、「弁護人としても初めて認識したものであり、当方が把握している事実関係とは異なる点も多々あります」と指摘した上で、「女性は高畑裕太さんの目つきが怖かったこと等を理由に大声を上げるといった抵抗はされなかったとお話しされていますが、(中略)女性のお話によっても、明らかな暴行や脅迫は認められないもの認識しています」という見解を示しています。

また、高畑さんが釈放時に発表したコメントについては、「いずれにしても、弁護人の見解としては9月9日付の弁護人コメントから変更はありません」と発表しています。

示談成立、不起訴処分後にこのような争いが始まるというのは、かなり異例なことだと思われるのですが、これに対してネット上では、

  • 両者納得してない様なら示談を取り下げて裁判したら良いのに。
  • 真相は知らんが、この女性も示談に応じたんなら週刊誌のインタビューとか受けるべきじゃないよな。キナ臭く思われるだけ
  • 井上公造も言ってたけど赤裸々に話すなら裁判すればよかったのに。そもそも示談したのに後から喋ってもいいのかしら
  • 今頃になって出てくるのは、少しおかしな気がする。金目当てではないと言いたいのか。それが事実ならはっきり主張すれば良いことだが。言い訳に過ぎない様な気がする。
  • 本当なら被害者も名誉起訴で加害者を訴えるか、せめて弁護士に反論の声明文を出させた方が良かったと思う。あの時すぐ反論しなかったから、風向きが随分変わったように思う。
  • こんな被害に遭ってるのに、インタビューに答えられる気力があるのが凄い。不満があるならなぜ示談にしたのか
  • お互いが自分側を悪く言うはずもなく 正当化するのは当たり前。加害者も被害者も示談で解決したのだからこれ以上なにも言わないほうがお互いのため

などのコメントが寄せられています。

示談の条件、内容については明らかにはされていないものの、示談成立後には今回の事件について、メディアの取材を受けて口外しないといった条件が盛り込まれていると思っていたことから、被害女性本人がインタビューに応じ、3時間にわたって事件について語ったというのは驚きですね。

不起訴処分後に各週刊誌は、Aさん側にも元暴力団関係者が付いていること、Aさんとは合意のもとで性的な行為をしたなどと記されており、こうした報道に対して我慢することが出来ず、週刊誌で事件について語ったという事も考えられますが、もし納得出来ないのであれば示談を受け入れずに争っていけばよかったのではないかと思います。

真相は定かではありませんが、『週刊文春』の報道によれば示談金は1500万円で、かなりの額のお金をもらったのは確かだと思いますから、納得出来ないのであれば週刊誌上で語るのではなく、法廷で争うべきなのではないでしょうかね。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 says:
    ID:MTAxMTE3NTk5

    週刊誌側もただ女が金が欲しいだけってのがわからないのか?

  2. 2
    匿名 says:
    ID:MjE4OTcwMjQ=

    屑裕太に屑弁護士に屑雪まろげ淳子みんな地獄へ墜ちろ!!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について