華原朋美は精神不安定で睡眠薬大量摂取する崩壊寸前の状態か? 原因は交際相手への依存、関係に悩み体調不良に?

華原朋美

歌手・華原朋美さん(本名=下河原朋美 42歳)が高熱などの体調不良によって、3日に出演する予定だった歌手・本田美奈子.さん(享年38)の追悼ライブイベント『2016 LIVE FOR LIFE 音楽彩』を欠席し、その他にも11月中に出演する予定だったイベントへの欠席、中止が先日発表されました。

華原さんは約1週間前の10月下旬から高熱を発症し、倦怠(けんたい)感などを訴えていたそうで、その後は入院せずに自宅療養しながら点滴治療を受けているといい、5日に医師の診断結果が出るため、今後の活動についてはその結果を見てから決めるそうです。

そして、現時点ではまだ正式な発表はないのですが、5日付の『スポーツニッポン』(スポニチ)は、「精神バランスを大きく崩し、かつて芸能活動を長期休養していたころに依存していた睡眠薬の大量摂取に手を出す寸前の状態だった」と報じており、昨年12月から交際がスタートした7歳年下の実業家との結婚を考える過程で、思い通りに事態が進まないことに対する悩みを深めていたといいます。

華原さんと実業家の男性との交際は昨年8月にスポニチによって報じられ、昨年11月に知り合い、約1ヶ月後の12月から交際をスタートさせ、2人でアメリカ・ハワイへ旅行に行ったり、8月に行われた華原さんの誕生日パーティーでは仲睦まじい姿を見せていたといい、華原さんは親しい知人に「今はとても幸せ。いつかそうなれたら」「好きな気持ちは小室さん超え」などと話しているとのことでした。

この報道後、華原さん本人が俳優・阿部寛さん似の男性と交際していることを明かし、「とっても幸せです。デートは海によく行っています」などと語っており、その後も2人は順調に交際を続けていたとのことなのですが、今回スポニチが報じている記事によれば、華原さんは結婚を望むあまりに男性への依存を深めていったそうで、親しい知人は「それに男性が重さを感じ、ますます悪い循環を生んでしまったようだ」と語っています。

また、華原さんが仕事以外の場面で「明らかに不安定な状態に陥っていた」と関係者は証言しているといい、休養の引き金となったのは華原さんの精神状態を心配した実兄らが10月17日に開いた「きょうだい会議」だったそうで、そこで男性との交際についてある助言をされた華原さんは怒り、発熱などの症状が出てしまったそうです。

華原さんは1998年に音楽プロデューサー・小室哲哉さんと破局し、精神状態が不安定になり、それ以降は男性や睡眠薬などの薬物を過剰摂取するなどの依存状態になりました。

その結果、仕事をドタキャンするなどの正常ではない状態になったことから、2007年に所属事務所『プロダクション尾木』から専属契約を解除され、事実上の引退状態になりました。

それ以降も華原さんは精神不安定な状態が続き、様々な騒動を起こしたものの、薬物を完全に断ってしばらくリハビリを続け、2012年12月に芸能界復帰し、その後は本格的に本業の歌手活動やタレントとしても活躍。

しかし、再び精神不安定な状態になり、もしまた薬物依存に陥ってしまった場合には契約解除も避けられず、2度目となれば芸能界復帰も難しくなるため、それを案じた所属事務所や家族は、華原さんの精神状態を安定させて正常な状態に戻すため、当面の間は休養させ、見守っていくことを選択したといいます。

なお、交際相手の男性も華原さんに対する思いは以前と変わっていないといい、心から心配しているとのことです。

そして、これに対してネット上では、

  • こういう子は育児ノイローゼなんかもなりやすい。結婚には向いてないかもしれないね
  • この精神状態だと結婚しても、良いことはないじゃないのかな
  • 恋愛中でさえ自分をコントロールできない人が、結婚したらどうなるのか
  • 仕事より、安心できる男が欲しいあまり、結局、依存しちゃうのかな。1人じゃないんだから、負けないで頑張ってほしい。ここまで来たら結婚しなくてもいいのに。やっぱり寂しいのかな。

などのコメントが寄せられています。

スポニチがこのように報じているものの、まだ正式な発表がないことから、華原さんが本当に睡眠薬などの薬物を大量摂取する寸前の状態だったのかどうかは定かではありませんが、依存体質であることは間違いありません。

華原さんは復帰後の2013年8月に『解決!ナイナイアンサー』(日本テレビ系)に出演した際には、「復帰しましたが、100%じゃない。自分自身、完全じゃないと思ってます。不安?あります。次、ああなったら(薬物依存になったら)、芸能界を辞めることになる。そこの(悪い)世界に戻るのって、すぐなんで…」と明かした上で、「時々、過去の夢を見るんです。怖くなって、兄に電話するんです」とも話していました。

華原さんが以前、薬物依存状態になった時に支えていたのは家族で、一時期入院していたという閉鎖病棟を退院後、父親が住んでいるフィリピンへ渡り、NPOを運営している父親に勧められてボランティア活動を開始。

日本に帰国後には、兄が経営している介護を施設を手伝いながら、復帰に向けて動いていました。

そして、再び精神不安定な状態になってしまったとのことなのですが、華原さんの兄で、高齢者住宅事業を展開している『シルバーウッド』の代表取締役・下河原忠道さんは3日、自身のツイッターを更新して「大丈夫です。 今回もちゃんと乗り越えてみせます!なんたって最強家族だからね!」とツイートしていました。

<↓の画像が、華原さんの兄・忠道さんのツイート>
華原朋美の兄・下河原忠道のツイート

華原さんの兄弟は非常に仲が良く、度々兄弟で集まっており、今年5月末にも華原さんは自身のブログとインスタグラムで、兄弟で集まって食事したことを報告していました。

<↓の画像は、今年5月31日に華原さんが投稿した兄弟との写真>
華原朋美と兄弟の写真

果たして、華原さんは今後どうなるのかまだ分かりませんが、まずはしっかりと休養して精神状態を安定させてほしいですね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:OTczMjkwNjUy

    また手を出したか

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について