腹話術師のいっこく堂「迷走神経反射」が原因で倒れ、「外傷性くも膜下出血」「両側前頭葉脳挫傷」と顔面骨折で入院へ

腹話術師のいっこく堂

腹話術師のいっこく堂さん(本名=玉城一石 52歳)が22日16時半前にに、自身のブログで「昨日夜中、意識なく倒れ顔面を強打し救急搬送されました」と明かし、「今、吐き気あるので、また報告します」と記していたことから心配の声が寄せられていたのですが、所属事務所のスタッフが22日の23時過ぎにブログを更新し、軽い「外傷性くも膜下出血」「両側前頭葉脳挫傷」のため入院したことを発表しました。

ブログによると、いっこく堂さんは20日深夜0時過ぎ、就寝前にトイレに行った後にめまいがして倒れ、フリーリングの廊下に顔面を打ち付けて意識を失ったといい、気がついた時には顔面が血だらけの状態となっており、妻の薫子さんが救急車を呼んだそうです。

いっこく堂さんは、どのぐらい気を失っていたのか、どのように倒れたのか、どこにぶつけたのか等の記憶が全く無く、顔面の激しい痛みや傷、頭痛、吐き気、寒気といった症状があったものの、病院で頭のCT検査と血液検査をしたところ異常はなく帰宅したとのこと。

その後21日は自宅で休み、22日は昼間に番組の音合せ、打ち合わせがあったそうなのですが、頭痛と吐き気が一向におさまらないことから再度病院で調べたところ、2日前にはなかったごく少量の脳内出血が確認され、軽い「外傷性くも膜下出血」、「両側前頭葉脳挫傷」と診断されたそうです。

これは倒れて頭を打ったために、こうした出血が起こったようで、出血はごく少量であるため、頭痛や吐き気は「脳震盪(のうしんとう)」によるものとのこと。

さらに、倒れたことによって「左眼窩~副鼻腔骨折」「左頬骨弓骨折」となっており、倒れた原因は断定はできていないものの、自律神経のバランスが崩れる「迷走神経反射」だと思われており、これは特に持病がない人でも何かのきっかけで起こるめまいで、いっこく堂さんは普段お酒をあまり飲まないものの、梅酒を少量飲んだことから少し気持ち悪かったといい、そしてトイレに行った際に倒れたことから原因は多分「迷走神経反射」だと思われるようです。

また、脳内出血に関しては、これ以上出血しないようであれば問題は無いため、手術はしないといいます。

しかし、いっこく堂さんは現在食欲がなく、水分も吐いてしまうという状態にあることから点滴が必要で、安静にしていた方がいいことから22日の夜に入院することになったといい、今回の入院では、出血が広がらないか様子を見たり、「迷走神経反射」以外の倒れる原因はないかの検査を受けるため、1週間ぐらいの入院を予定しているそうです。

『サンケイスポーツ』(サンスポ)によると、いっこく堂さん本人は「もったいないと思って飲んだけど、もう酒は飲まない」と話しているとのことです。

そして、これに対してネット上では、

  • 梅酒だけでそんなことになるなんてなあ。怖いなぁ。独り暮らしだったら、もしかしたら死んでたかもなぁ…
  • 若いと思ってたけど52歳とはびっくり。この人は仕事にストイック過ぎだったんじゃない。心身ともに疲れていたのかもね。
  • 腹話術界の宝ですから体に気をつけて頑張って下さい。最近は痩せてるのが気になってました。良い機会ですから色んな検査して健康で頑張って!
  • 頬骨骨折とは今後の芸に影響出るかもしれないですね…心配だわ。後遺症なく復活してほしい
  • 20日緊急搬送時の検査でなぜ気が付かなかったのか?医療ミスでは?一歩間違えれば命を落とすことになっていたはず。
  • これ以上出血がひどくならなければイイですね。首を見て分かるけど、痩せていたので心配・・いっこく堂さんの腹話術が好きだったので、無理なく養生してほしい
  • お酒が直接的な原因?だったとしても働き過ぎでは?痩せましたよね。これを機にちょっと休んでしっかり調べてもらったらいいです。副鼻腔骨折とか言ってるし…今後のお仕事に支障なければいいのですが

などのコメントが寄せられていました。

いっこく堂さんは15日に放送されたバラエティ番組『マツコの知らない世界』(TBS系)にゲスト出演し、これまでと変わらず高レベルの腹話術を披露しており、前兆のようなものは無かったとみられるのですが、ネット上では最近のいっこく堂さんは以前に比べて痩せていたと指摘する声が多く上がっています。

<↓の画像は、15日放送の『マツコの知らない世界』に出演した際のいっこく堂さんの写真>
いっこく堂が『マツコの知らない世界』にゲスト出演した際の写真

痩せたと指摘されている現在のいっこく堂の写真

<↓の画像は、数年前に撮影されたいっこく堂さんの写真>
2013年頃のいっこく堂の写真

これが今回の件と直接関係があるのかどうかは不明ではあるのですが、「迷走神経反射」は、強い痛みや精神的ショック、極度のストレス、その他に飲酒、脱水、睡眠薬の服用、長時間の立位、激しい運動などが原因で自律神経のバランスが崩れてしまい、血圧や心拍数の低下によって脳に十分な血液を送れなくなることから起きるそうで、もしかすると仕事などでかなりストレスが溜まっていた状態だったのかもしれません。

「迷走神経反射」は治療や投薬が必要だったり、命に関わる病気ではないとのことから、あまり心配をする必要は無いというのが不幸中の幸いなのですが、「外傷性くも膜下出血」、「両側前頭葉脳挫傷」と診断され、加えて「左眼窩~副鼻腔骨折」「左頬骨弓骨折」と顔面にも大きなダメージを受けており、今後の仕事に影響が及んでしまうのではないかと心配になります。

一日も早くまた元気な姿を見せてほしいと思うのですが、しばらくは安静にして完治してから仕事を再開するようにしてほしいですね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 says:
    ID:MjEwMDgyNjMw

    怖い
    最近病気で亡くなる方多いから気をつけてください。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について