能年玲奈が大野いと&蔵下穂波のインスタグラム登場!『あまちゃん』GMT47メンバー集結で話題! 週刊文春では今後について激白

能年玲奈

6月末をもって芸能事務所『レプロエンタテインメント』との契約が満了したと伝えられている女優・能年玲奈さん(23)が、女優の大野いとさん(21)と蔵下穂波さん(22)のインスタグラムに登場し大きな話題になっています。

能年さんとお2人は、2013年上半期放送のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『あまちゃん』の中で、アイドルグループ『GMT47』のメンバーとして共演していました。

大野さんは自身のインスタグラムにスリーショット写真を投稿するとともに、「久しぶりにGMTだよ〜^ – ^ 大好きな二人なんだよ すごく楽しかったんだ #野球観戦」と記しています。

一方の蔵下さんも同じスリーショット写真を投稿し、「久しぶりの再会 楽しすぎた*\(^o^)/* #野球観戦した #ずーっと喋ってた」と投稿。

<↓の画像が、大野いとさん、能年玲奈さん、蔵下穂波さんのスリーショット写真>
大野いと、蔵下穂波、能年玲奈のスリーショット写真

これはネットニュースサイトでも取り上げられたことから大きな反響を呼んでおり、能年さんの元気そうな姿を見てファンからは歓喜の声が上がっています。

そうした中で、14日発売の週刊誌『週刊文春』内の名物企画「阿川佐和子のこの人に会いたい」にて、能年さんが現在の心境を語っていることが明らかとなりました。

レプロとの契約が切れて自由の身となった能年さんは、様々なメディアが報じていた洗脳疑惑や芸能界引退説を否定。

<↓の画像が、『週刊文春』で今後について語った能年玲奈さんの写真>
能年玲奈が週刊誌『週刊文春』に登場し、現在の心境を激白している場面

今後についても女優業を継続していき、それだけでなく絵や音楽などにも挑戦していき、活動の範囲を広げていくといい、能年さんは「洗脳報道もそうですけど、色んな言葉を浴びてそれと対峙することで自分が成長できたんじゃないかなって今は感じてます。辛いこと、無駄なことは削ぎ落とすようになりました。」といい、「何かに囚われるよりも、面白いことをしようという風に気持ちを切り替えられるようになりました。これから頑張っていきますのでどうかよろしくお願いいたします」と、今後の活動への意気込みを語っています。

そして、これに対してネット上では、

  • 広瀬すずの25倍は可愛いな。使わないのは勿体無い
  • あいかわらず目がキラキラしてんな。やっぱりかわいい
  • 悪い事務所にひっかかった。悪い指導者にひっかかった。変なイメージついたから、まだしばらく無理だろうなぁ。なんか当たり役に恵まれるといいな。
  • 取り合えず今後に期待。このまま消えるにはもったいなさ過ぎるわ

などのコメントが寄せられていました。

レプロの公式ホームページを見てみると、所属タレントの一覧に能年さんは掲載されたままで、プロフィールページも残っており、ツイッターアカウントやブログに関してもそのままという状態で、現在能年さんはどのような状態にあるのか詳細は不明なのですが、7月に入ってから元AKB48の篠田麻里子さんのインスタに登場したり、今回大野さんと蔵下さんのインスタに登場するなどし、元気にしている様子なのでファンもホッと一安心でしょうね。

今後についてのことは『週刊文春』で色々と語っているようで、女優としての活動だけでなく、絵や音楽活動も行っていきたいと意欲を語っており、今後の活動に期待したいところです。

しかし、大手芸能事務所を離れたことによって、引き続き干されたような状態になる可能性があり、今後もしばらくテレビなどのメディアへの出演は難しいかもしれないのですが、これからやりたいことをどんどんやって欲しいですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について