羽生結弦選手の母親とスケート連盟の間で確執? その原因は? 酷い仕打ちに不信感? マスコミは要注意人物としてマーク?

羽生結弦

28日に中国・上海で行われたフィギュアスケートの世界選手権で、惜しくも2位となり日本人初となる大会連覇を逃した羽生結弦選手(20)。

羽生選手は、昨年11月に中国で開催されたフィギュアスケートGPシリーズ中国杯で、フリー演技前の6分間練習中に中国の選手と衝突してしまい負傷、同12月には腹痛を訴え検査したところ「尿膜管遺残症」と診断され手術、更に今年1月末には、練習再開直後に右足を捻挫してしまうなどトラブルが相次いでいる状況にありますが、この他にも羽生選手の母親とスケート連盟の間でトラブルになっているとの噂が囁かれています。

これは週刊誌『女性自身』と『週刊女性』が報じているものなのですが、両者の間ではどのようなトラブルが発生してしまっているのでしょうか…。

【以下引用】

28日、中国・上海で行われた2015年世界フィギュアスケート選手権で、銀メダルを獲得した羽生結弦。
1月末に右足首捻挫というトラブルの中での健闘は、お茶の間の視線を釘付けに。

2月にビデオリサーチ社が発表した「テレビタレントイメージ調査」でも、アスリートながら初登場13位、またロッテ「キシリトールホワイト」を始め多数のCMにも出演中だが、人気者には付き物であるスキャンダルが、にわかに浮上しているようだ。

かねてから話題や批判の対象となっていたのは、羽生と日本スケート連盟をめぐる確執だろう。

31日発売の「女性自身」(光文社)では、羽生の母親が連盟サイドへの不信感を募らせ、連絡も途絶えがちの状態だと伝えられている。

昨年11月、フィギュアスケートGPシリーズ第3戦の直前練習で、他選手との衝突から全治3週間のケガを負ったものの、見事準優勝を果たした羽生。
その直後には尿膜管遺残症により、手術と入院が伝えられていた。

「この静養期間に、連盟側はイベント出演や取材対応を強要。この非常な仕打ちに不信感を募らせた羽生の母親は、今年1月末以降のイベントは全てキャンセルに。

さらに情報共有をほとんど行わなくなってしまったため、本人の体調や練習などの様子が、連盟からまったく発表されなくなってしまったそうです」(週刊誌記者)

また、同日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)でも、同じく選手と連盟をめぐる確執の数々を詳報。

また、これまで高橋大輔とべったりの状態だったフジテレビが、水面下で羽生の母親との関係を強めようと画策中と伝えられている。

「羽生の母親については、一部で『度を越した教育ママ』と伝えられたことも。羽生は携帯電話さえ与えられず、我の強い母親にがんじがらめにされているのだとか。

交際相手との将来さえも自らの思い通りに指示するなど、お騒がせの安藤美姫の母親と同じく、メディア関係者は羽生の母親を“要注意人物”とみています」(同)

また過去には、羽生が崇拝するという謎の整体師の存在が報じられたことも。同師は科学的根拠に乏しいスピリチュアルな治療を行い、地元では“チャクラの仙人”と呼ばれているのだという。

羽生本人の人気と比例するように、周囲が騒がしくなりつつあるが、これもまたスターの宿命なのだろうか。

関係者のお騒がせぶりに屈することなく、今後も活躍を続けてくれることを祈りたい。

【引用元:サイゾーウーマン

これにネットでは、

  • 連盟はやっぱりクズだわ。潰す気満々
  • 高橋大輔にセクハラ唇チューして全くお咎め無しのスケ連会長と、羽生をあそこまで立派に育てた羽生母どっち信じるかって言われたらな・・・。
  • スポーツ関係の連盟とか協会はどこもクソ
  • 羽生母から漂うステージママ臭もすごいけどね…
  • 連盟とは名ばかり。選手の努力や名声を食い物にして、お偉い様が選手にいいことしたって聞いたことない

などのコメントがありました。

『週刊女性』が報じている記事によれば、羽生選手が海外の大会に出場するために、飛行機に乗らなければならない時に、羽生選手はぜんそくを抱えていることから飲み薬や吸入薬を常備しなければならず、気圧の変化で発作を起こす可能性もあることから羽生選手の母親が同行を願い出たものの、ドクターがいるからと却下され、更には会場の関係者パスも発行されなかったとのこと。

そして、の時羽生選手は世界ジュニアチャンピオンに輝くほどの結果を残しており、一方の高橋大輔選手や浅田真央選手は2枚以上の関係者パスが用意されていたため、周囲の方々も理不尽に見えたそうです。

またこの他に、ブライアン・オーサーコーチとの契約に関しても連盟が横槍を入れ、通常であるなら強化担当者が窓口となるのが筋であるものの、実際には元連盟関係者が橋渡しして実現したそうで、一部では羽生選手の母親が直談判したとの情報が報じられたものの、羽生選手の母親がステージママであるというイメージを刷り込むため、連盟側がリークしたのではないかとの噂も浮上したことがあるとのこと。

この噂はどこまで本当なのか定かではありませんが、スケート連盟が浅田選手に対しても酷い行為をしていたことが以前週刊誌に報じられており、度々こういった噂が浮上するということはスケート連盟と選手サイドの間に、大なり小なり溝が生じていることは間違いのないことなのかもしれません。

選手が競技に集中し、最高のパフォーマンスを披露出来るように、スケート連盟にはしっかりと選手のサポートをしてほしいものですが、噂を聞く限りではそれも望むことは出来ず、一体何のために存在しているのかが分かりませんね…。

関連記事

4件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    つっこみくいーん より:
    ID:MjA4OTk4Nzk3

    小塚と無良っちが惨敗して、日本男子の来季出場枠が2枠に減ってしまったのは残念。誰の責任でもなく、羽生君の母親だとすれば面目丸つぶれ。もはや渡る世間に福はない。人生の岐路に立っていた真央もまた引退を止められるとか?

  2. 2
    母親の1人 より:
    ID:MTAyNDg3MzA3

    選手の人気を高め大会のテレビ放映権利や、コマーシャル料などを搾取する為に、酷使する連盟と、
    我が子の身体や将来を考える母親と、立場や考え方が違うのは当然。
    つまらない策略にのせられて、不幸な個人攻撃やバッシングがおきません様に。 
    稀有な才能と努力し続ける天才が潰れません様に

  3. 3
    匿名 より:
    ID:MjEyOTQ2MzM3

    もう日本では人気下がりそう
    中国からは 以上な人気だったね
    だいたい 親が口出し しだしたら つぶれて行くパターン

  4. 4
    匿名 より:
    ID:MzY4NTg0NzYx

    羽生選手は素晴らしい才能の持ち主で日本の宝なのだから、潰さないように大切に守ってほしい。 お母さんはただ当たり前のことをしているだけ。 連盟は目先のことでなく、本気で選手のことを考えるべき。 

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について