福山雅治の自宅マンション侵入事件の犯人で元コンシェルジュに懲役1年を求刑! 悪質なファン、ストーカーで厳罰を求める! 画像あり

福山雅治と吹石一恵

歌手・俳優の福山雅治さん(47)と妻で女優の吹石一恵さん(33)が住む東京都渋谷区の自宅マンション内に、合鍵を使用して侵入したとして住居侵入罪に問われた同マンションの元コンシェルジュで、無職の宮本万里子被告(48)の初公判が8日に東京地裁で行われました。

宮本被告は「間違いありません」と起訴内容を認め、検察側は「悪質な犯行で、被害者に強い不快感を与え、関係者の社会的信頼を損なった」として懲役1年を求刑しています。

一方の弁護側は「関係各所に謝罪文を送り、実名報道で社会的制裁を受けている」として執行猶予を求め、即日結審。判决は28日に言い渡されます。

この日の宮本被告は白の長袖シャツ、紺色のパンツ姿で、髪型はボブカットで茶髪、メイクはしっかりとしていて赤紫色の口紅が印象的な美魔女だったといいます。

<初公判に出廷した宮本被告>
福山雅治のマンションに侵入の宮本万里子被告

福山雅治のマンションに侵入の宮本万里子被告アップ

宮本被告の供述調書によると、今年5月6日の勤務後に自宅でサングラス、帽子、手袋に着替えて変装し、職務上手に入れることができた合鍵を使用して20時23分に部屋に侵入。

しかし、3分後の同26分に吹石さんが帰宅し、キッチンのテーブル付近に靴を履いた状態でいた宮本被告は吹石さんと鉢合わせ、「すいません、違いますから」と言いながら吹石さんの横をすり抜けて玄関から外へ。

吹石さんは宮本被告を追いかけて、エレベーターを待つ宮本被告に対して「どなたですか?」と質問をしたそうですが、「すいません。大丈夫です」と応えて逃亡したといいます。

吹石さんは取り調べに対して、「帰宅したら鍵が開いており、廊下の向こうから知らない女性がきた。怖いを思いをした。今も不安な日々を過ごしている」供述し、一方の福山さんは「犯人がコンシェルジュと聞き、驚き、恐怖を感じている。事件前と同じ生活が送れなくなった。妻も不安で恐怖を感じている。きちんと懲役刑を受けてほしい」と述べているとのこでした。

宮本被告は犯行後に自宅へと帰り、翌日はもともと勤務予定だったことから翌日に合鍵を金庫に返却し、変装グッズについてはスポーツジムのロッカーに隠していたそうです。

また、監視カメラがあることは認識しているため、髪の毛をショートカットにしてツイッターのアカウントについても削除したそうで。

そんな宮本被告は、大学を卒業後に千葉県の婦人靴会社に勤務し、2009年に福山さんの曲を聴いて「歌が心に深く染みたことでファンになった」といい、2010年にはファンクラブに入会し、テレビ局やラジオ局での出待ち行為を15、16回繰り返し、舞台あいさつにも駆けつけるなどの追っかけぶりだったといいます。

宮本被告はそれまで千葉県内に住んでいたものの、2013年に福山さんのマンション付近へと引っ越し、昨年に靴販売の仕事を辞めて同7月には求人募集を見てコンシェルジュの職に就いたといい、勤務していた会社によれば、宮本被告は「自宅の近くの勤務先を強く希望した」とのこと。

しかし、福山さんのマンションだったのか知っていたのか聞かれると、「週刊誌の情報で、近くに住んでいるかもとは思っていた。コンシェルジュを始めてから、福山さんが住んでいることを知った」と答えていたとのこと。

犯行に及んだ動機について宮本被告は、「(福山の影響で)ギターを弾いており、譜面やギター、小道具を見たかった。たくさんの人に迷惑を掛け申し訳ない。衝動的にギターを見たい気持ちが高まってしまった。反省の思いでいっぱいです。自制心が壊れてしまった。本当に申し訳なく思っています」と、ギターを弾くことなどが目的だったと主張し、涙で声を詰まらせながら謝罪。

<裁判のイラスト>
福山雅治のマンションに侵入の宮本万里子被告の裁判での様子(イラスト)

さらに、福山さんの自宅付近に引っ越した理由については「ギターが弾ける部屋を探していて」と語っています。

このように語った宮本被告は、変装グッズを用意していたことに加えて、「外出する福山さんがギターケースを持っていなかったので、ギターが部屋にあるかもしれない」と供述し、冷静に状況を判断して計画性があった犯行だったかのうせいがあるのですが、「衝動的に」という言葉を繰り返していました。

裁判長からは「自分の言葉でなぜ衝動的にやってしまったのか説明できないと、また次にやってしまうのではないか、大丈夫?と思ってしまう」と疑問呈されていました。

これにネットでは、

  • 衝動的では無いと思うし、初めての侵入じゃないと思うけどな
  • 相手が刃物持ってたらと思うとゾッとする。多分1回だけじゃないだろうし…
  • ガチのストーカーじゃん
  • 初めての犯行では無いと思う。もしも今回吹石さんに見つからなければその後、何度も繰り返してたと思う。
  • 追っかけするくらい熱狂的なファンがストーカーに変化して犯罪を犯したんだね
  • いい人ぶって犯罪者に甘い顔見せないでガチで厳しい処罰望む福山に好感だわ
  • どこが衝動的なんだ、何もかも計画的じゃないか…ストーカー法も適応して二度と近づかせないようにした方が良いんじゃない

などのコメントが寄せられています。

宮本被告が逮捕された後に週刊誌『週刊文春』が報じていた記事によれば、宮本被告はファンの間では悪名高いストーカーと同一人物の可能性が高く、以前は「まりしゃ」というアカウント名でツイッターをやっていた人物だとされています。

この「まりしゃ」というファンは、数年前に福山さんの自宅マンション付近に引っ越し、深夜のラジオ番組終了後には自宅付近で待ち伏せして様子を書き込むなどの行為をしていたそうです。

かなり悪質な行為をしていたファンの域を越えたストーカーで、現時点では反省している姿を見せているものの、再び同様の行為をする可能性は十分考えられるため、厳しい判断を下した方がいいのではないかと思いますね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について