清原被告が大物俳優Xの覚醒剤使用の過去を暴露? SMAPや嵐と共演経験ありの紅白出場歌手で大騒動に発展? 西田敏行が怪しい?

清原和博被告

覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕・起訴された元プロ野球選手の清原和博被告(48)の初公判が17日に開かれ、再び清原被告に世間の注目が集まり、公判の模様を放送したテレビ各局の情報・ワイドショー番組は好視聴率を獲得し、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)は10.2%(前4週平均8.2%)、『直撃LIVEグッディ!』(フジテレビ系)は4.6%(同3.3%)、『ゴゴスマ GO GO ! Smile !』(TBS系)は4.1%(同2.4%)と大幅に数字がアップ。

『デイリースポーツ』によると、政治資金の不正使用疑惑で世間を騒がせている東京都の舛添要一都知事が13日に、定例会見で一連の疑惑について釈明を行い、この模様は各番組が取り扱っていたものの、視聴率は平均とほぼ変わらずで、清原被告の事件の方が世間の注目度が高いとしています。

そうした中で、一部メディアが清原被告の次に警察が狙っているという俳優Xに関する記事を報じていることから注目を集めており、『週刊アサヒ芸能』と『フライデー』はこの俳優についての記事を最新号で報じていて逮捕も時間の問題だといいます。

<↓の画像は、俳優Xについて報じる『週刊アサヒ芸能』の見出し>
俳優Xの薬物使用疑惑を報じる『週刊アサヒ芸能』

現時点で明らかになっている俳優Xの情報は、NHKの大河ドラマへの出演歴があり、歌手として『NHK紅白歌合戦』に出場したことがあるといいます。

さらに、現在でもドラマや映画、舞台と幅広く活躍しているそうで、かなり有名な大物芸能人であることは間違い無さそうです。

ニュースサイト『サイゾーウーマン』が報じている記事では、週刊誌の記者が「清原やCHAGE and ASKAのASKA、また酒井法子らについては、逮捕当時には第一線で活躍しているとは言い難かった。」といい、それに比べて「Xに関しては、今年に入ってからも多数の作品や番組で活躍しているだけに、万一のことがあれば、それこそ過去最大級の衝撃が走ることでしょう」と語っています。

そんなXは所属事務所内で実施した薬物検査に対して、「なんで俺がやらなきゃいけないんだ!」と拒否したといわれるとのこと。

しかし、清原被告は警察の取り調べで有名人の覚せい剤使用者としてXの名前を挙げていたといい、警察がすでに行動確認(対象者を尾行し、立ち寄った先や面会した相手などを押さえること)をしたという情報も出ているとのことで、逮捕も時間の問題となるのかもしれません。

ちなみに、このXは都内の風俗店を出禁になったことがあるなど、少々物騒な噂が浮上していたこともあったとのこと。

さらに、前出の週刊誌記者によればこのXは「ここ最近でも、嵐やSMAPのメンバーなどジャニーズ事務所の人気タレントとも共演しているXだけに、もし逮捕という展開になれば、芸能界全体が大混乱に陥ることは必至です。」というほどの人物。

こうした噂の浮上により、メディア側もXの起用については慎重にならざるを得なく、まだ疑惑の段階ではあるものの、テレビ局やスポンサーの判断次第では今後露出が減っていく可能性もあるといいます。

そして、これに対してネット上では、

  • アサ芸の出てるシルエットのずんぐりむっくり体型はN田敏行とかそのクラスの大物かな
  • アサ芸の記事では、風俗嬢に無茶なことやってるって書かれてるけど、SM好きでドSの噂が3流雑誌とネットで前からあったもんな。シリーズモノ映画主演ってのも男はつらいよ寅さんみたいなシリーズモノってあれしかないでしょ。
  • やっぱり西田さんかな?風俗出禁。司会もやる。俳優。確かに第一線だよね。
  • 西田敏行の名前を挙げてる奴が多いが、太ってないか?シャブは痩せるでしょ
  • 俳優Xだから長渕剛ではなさそうだね。昔は俳優だけど今は歌手だもんな
  • 吉川晃司はお友達の尾崎豊も稲垣潤一も覚醒剤!でも年取ってからは、実年齢以上に落ち着いたようで趣味は散歩と家庭菜園だから違うかな

などのコメントが寄せられています。

色々とヒントが出ているものの、これだけの情報では絞り込むことは難しいのですが、現段階でネット上では俳優Xとして有力視されているのは、俳優の西田敏行さん(68)でした。

<↓の画像が、西田敏行さんの写真>
西田敏行

西田さんは、1981年に『もしもピアノが弾けたなら』で紅白に初出場し、その後1982、1990、2011年の4回紅白に出場した経験があり、その他にも司会や審査員も務めたこともあります。

また、NHK大河ドラマについては、1972年の『新・平家物語』から2013年の『八重の桜』まで計12作品に出演。

ジャニーズのタレントとの共演も多く、昨年公開の映画『ギャラクシー街道』、今年1月期放送の『家族ノカタチ』(TBS系)でSMAPの香取慎吾さんと共演。

昨年4月期放送の『アイムホーム』(テレビ朝日系)では同じくSMAPの木村拓哉さん、同1月放送のスペシャルドラマ『大使閣下の料理人』で嵐の櫻井翔さん、『オリエント急行殺人事件』で嵐の二宮和也さんと共演するなど、これまでに数多くの共演歴があります。

また、一種の都市伝説のような話にはなってしまっているものの、2014年に実話系雑誌『実話ナックルズ』が報じていた記事に登場する俳優Xとは、西田さんのことなのではないかとネット上などでは噂になったことがありました。

同誌によると、その俳優は映画やドラマで活躍するベテラン俳優で、数年前にカンボジアで10代の少女を買い、薬物を使用しながら少女の腕をへし折り、恍惚の表情を浮かべるなどの鬼畜プレイの限りを尽くしていたとのことでした。

その俳優Xは包容力があり、表向きは優しそうなイメージがあるそうなのですが、本性はドS。

プレイが危険過ぎることから風俗業界ではトラブルメーカーとして知られ、都内の有名SMクラブではNGリストに入っているそうで、Xは女性を高級ホテルにデリバリーすると、テーブルの上に600万円を置いて女性に土下座し、「ホテルと話はつけてあるし、治療も最高の病院を紹介するから、君の腕を折らせてくれ」と本気で頼み込んできたという噂も出ていました。

この人物こそが西田さんのことだと当時ネット上では話題になっていたのですが、今回挙げられている俳優と西田さんの経歴に合致している部分が多々あることから、もしかしたら西田さんなのかと思ってしまいます。

しかし、この条件に当てはまる俳優・歌手は他にもいるとみられ、まだまだ次に狙われている人物は誰なのかハッキリとはしていませんので、引き続き注目をしていきたいですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について