永井大の詐欺行為や金銭トラブル発覚! 暴力団・弘道会関係者に借金も? 週刊文春が裏の顔を暴いた! 中越典子は結婚を後悔?

永井大

かねてより交際していた女優の中越典子さん(35)と昨年12月末に結婚し、今年8月には300人以上が出席したという盛大な挙式・披露宴を行った俳優の永井大さん(37)ですが、金銭トラブルを抱えていることを17日発売の週刊誌『週刊文春』が報じています。

<↓の画像は、挙式・披露宴を行った永井さんと中越さんの写真>
永井大と中越典子の挙式

同誌が報じている記事によると、トラブルの発端となったのは、ある芸能ブローカーが茨城県水戸市にあるビルの売買の話を知人を通じて永井さんに持ち込んだことで、その後芸能ブローカー、知人、永井さんの3人は共謀し、都内で建築業を営んでいる社長にこのビルを1500万円で購入するようあっせんしたとのこと。

永井さん等は「この物件が1500万円なんて安いね」「2000万円でも買いたいという人がいるから、1500万円で買えば500万円儲かる」「地元金融機関のトップにも話を通してあるので融資を受けてリフォームし、テナント募集をすれば賃料収入も見込める」などと言葉巧みに言いくるめ、社長にこのビルを買わせたといい、契約は昨年5月に行われたそうです。

しかし、この社長は個人名義でビルの購入契約を結んだものの、資金は会社から借りた形にしており、さらにこのビルは旧耐震基準で建てられた建物だったため、リフォームや配管工事、電気工事も必要で、改修費用が2000万円も掛かることが発覚し、この資金繰りを心配した社員から「会社の金を返して社長個人の金でやって欲しい」と詰め寄られ、社長はビルの購入資金1500万円を早急に会社へ返済することになってしまったそうです。

この話を聞いた永井さんは、社長をホームパーティーや誕生日会に招待する程の親しい関係だったことから、自ら金策に奔走。

永井さんの知人によると、そうした中で永井さんは名古屋で中古車販売業などをしている知人に相談し、分裂騒動で揺れる日本最大規模の指定暴力団『山口組』の六代目・司忍組長(本名=篠田建市 73歳)の出身母体で、山口組の中枢組織『弘道会』の関係者から1500万円を借りることになったとのこと。

当時の永井さんは沢村一樹さん主演の連続ドラマ『ブラック・プレジデント』(フジテレビ系)の撮影中だったものの、その合間を縫って社長とともに新幹線で名古屋へ向かい、名古屋駅近くに社長を待機させて1人で迎えの車に乗り、ある場所に連れて行かれたそうです。

そこには暴力団と思しき怪しい集団がおり、その中には「会長」と呼ばれる人がいたといい、1500万円の出元はその会長だったことから、永井さんはさすがに「マズい」と思ったものの、借りなければ帰ることが出来ない雰囲気だったことから金を借りたそうで、永井さんはその時の恐怖体験を周囲に語っていたとのこと。

1500万円を借りることが出来た永井さんはそのお金を社長に渡し、2014年6月までに永井さんに完済する旨などが書かれた金銭消費貸借契約の書類を交わしたそうです。

しかし、ビルの売買価格が実際には1000万円で、上乗せされた500万円は永井さんら物件購入をあっせんした3人で分けていたことが判明し、激怒した社長が3人に問いただしたところ、芸能ブローカーは姿を消し、千葉県八千代市の元市長・大沢一治さんは「千葉県議選に出馬するために一部を借りただけだ」と説明、永井さんは「俺は悪くない。自分が買うって決めたんでしょ」と開き直ったとのこと。

さらに調べてみると、2000万円で買い手がいるという話や、地元金融機関からの融資話なども全てウソだったことが判明し、社長は永井さんにお金を返済することを拒否し、永井さん側にビルの引き取りを要求しているそうです。

このようなトラブルに加え永井さんに対しては、弘道会の関係者からは矢のような借金返済の催促が始まったそうで、法定利息を超える金利を請求されて借金は1700万円に膨らみ、永井さんは友人のコーヒー店店長らから400万円を借りたものの、自転車操業の状態に追い込まれたことから、他からも借金を重ねたといいます。

これに永井さんは相当参っていた様子で、時には支援者の前で男泣きすることもあり、その後何とかして借金の返済は肩代わりをしてもらったものの、借金はまだ完済されていない状態で、ビルの名義書き換えを巡るトラブルも継続中とのことです。

ちなみに、永井さんと共謀してビル購入をあっせんしていたという大沢さんは、八千代市の市長を務めていた1999~2001年の間に、贈収賄事件で業者から賄賂を受け取ったとして逮捕されており、収賄罪で懲役2年6ヶ月の実刑判決を受けています。

また、大沢さんは東京・新宿2丁目では有名人なのだそうで、永井さんとの付き合いは15年にもなるとのこと。

これに対してネット上では、

  • 羽賀健二とおなじタイプなんだろうね。お金に困っているのかな。たかだか500万円を3人で山分けって、ドラマにも出て名前もそこそこ知られてる俳優が残念すぎるな
  • ペニオクで懲りてないってのは根っからの銭ゲバなんだよ。中越しくじったなー。連帯保証人になって借金背負わされる前に逃げろ。
  • ペニオクのときもそうだけど、やることがセコくてみっともないよ。芸能人が数百万の金で詐欺を働くって、性根が腐ってる。またやるね、これは。
  • こんなしょーもないお金絡みの問題を起こす人は何度でもやる。中越典子さんは綺麗だし、女優としても需要があるのだから、子供が出来る前に別れた方がいいと思う
  • 知名度は普通にある芸能人なのに2000万もないんだね…これなら普通の会社員のがいいわ。芸能界の位置も微妙だし
  • 美川憲一の恋人って噂だったり、ペニオクやったり、お金大好きのイメージはあったけど、今度は不動産詐欺かよ。本当に羽賀ケンジみたいな奴だな。奥様は心労が耐えないだろうな、新婚なのにお気の毒だわ

などのコメントが寄せられています。

中越さんとめでたく結婚し、8月には盛大な披露宴を行い幸せの絶頂にあるのかと思いきや、このような金銭トラブルを抱えていたことが明らかになった永井さんですが、永井さんはもともとお金にルーズな面があり、過去にも借金を抱えて所属事務所に肩代わりをしてもらったことがあったといいます。

そんな永井さんは、2012年に発覚した詐欺事件『ペニーオークション詐欺事件』に関わっていました。

この事件は、ペニーオークションのサイトで実際には商品を落札していないにも関わらず、ブログ上でここで落札したという嘘をつき、ブログで紹介したというステルスマーケティング(通称:ステマ)を複数の芸能人がしていたことで大きな話題になり、ほしのあきさんや小森純さん等は、この事件によって表舞台から姿を消していきましたが、永井さんは「知人の携帯電話で登録して落札し、実際に料金を支払った」と主張しつつ、「自分で登録して落札したかのように掲載したこと」と謝罪し、その後も仕事が大きく減ることもなく、現在でも芸能活動をしています。

またこの他にも永井さんには怪しい噂が多くあるため、あまり良いイメージを持たれていなかったのですが、今回このような金銭トラブルを報じられてしまったことから、恐らく仕事が激減するのは間違いでしょう。

そして、所属事務所『ケイダッシュ』からの契約解除もあるのではないかと囁かれているのですが、果たして今後どうなるのか注目していきたいですね。

関連記事

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:ODI4MzgyMjcy

    中越 今すぐ逃げろ!! 脳筋男に知恵なんかわかないから人からの入れ知恵でまた失敗するの目に見えてる。今すぐに!こんな男選んだ見る目の無さは逃げてから後悔反省しろ!

  2. 2
    匿名 より:
    ID:MjQwZjo3ZT

    ペニオクは必然的だったんだね
    中越典子がかわいそう

  3. 3
    匿名 より:
    ID:ODI4OTA3OTIy

    脳筋ペニオクやくざ と呼んだげる。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について