彼女のあいちゃんと結婚間近のパンサー尾形貴弘が女性をATM代わりに? 金を借り続けて暴言吐き音信不通? ゲスっぷりが明らかに

パンサーの尾形貴弘

数多くのバラエティ番組に出演し活躍中のお笑いトリオ『パンサー』で、小ボケを担当している尾形貴弘さん(ピンで活動時の芸名=サンキュー尾形 38歳)は、現在交際中の彼女“あいちゃん”との結婚も近いと言われていますが、尾形さんに「お金を貸していた」という女性が8日発売の週刊誌『週刊女性』で独占告白しています。

尾形さんは昨年秋頃から一般女性の“あいちゃん”と結婚すると公言し、昨年10月に行われたイベントでは今年3月9日に結婚するとして「サンキュー婚します!」と結婚宣言していました。

2人をよく知る知人によると、尾形さんの彼女はすごく優しくていい子だそうで、背も高いことからモデルみたいだといい、尾形さんは「彼女が待ってるから」と朝まで飲むことは少なくなったとのこと。

そんな尾形さんの裏の顔をAさんが暴露しており、尾形さんとの出会いについては「’09年の10月にクラブイベントでおがちん(尾形さんの愛称)と出会い、仲よくなりました。お互いパチンコ好きで意気投合し、当時は、恋愛対象として9歳上の彼のことが好きでした」と告白。

2人は肉体関係などは無くてただ一緒に遊ぶという仲だったといい、当時20代前半だったAさんは、他のすぐ寝る女の子たちと私は違うと思っていたようです。

月に2回ほどのペースでパチンコデートをしていたそうなのですが、この頃はまだパンサーは売れておらず、あまりお金を持っていなかったことからAさんは尾形さんに軍資金として2~3万円ぐらい貸していたといいます。

Aさんが当たると「俺と一緒に来たんだから」と言って分配し、その一方で尾形さんは自分が当たると「俺が当てたんだから」といって全部を独占していたとのこと。

さらにAさんが「パチンコ勝ったよ~」とメールを送ると、「じゃあ遊ぼう!」といって奢られに来たりしていたといいます。

2010年9月10~13日に沖縄で行われたお笑いライブツアーに同行した際には、羽田空港から自宅まで帰るお金が無いという理由でタクシー代1万円を貸したこともあるといい、一緒に居た友達は「お母さん的存在なの? マネジャーに借りればいいのに……」と引いていたそうです。

その時も尾形さんはAさんにお礼の言葉も無かったそうなのですが、最初で最後、尾形さんが感謝を形で返したのは2010年の東京・原宿でのデートだといい、待ち合わせ時間を大幅に過ぎても来ない尾形さんに「今どういう状況?」と連絡しても返事はなく、3時間も遅れて来たと思えば「連絡しすぎ。こっちも忙しいから」とかなり不機嫌な様子だったそうです。

しかし、誕生日プレゼントとして、イタリアの人気ファッションブランド『ディーゼル』のジーンズを買ったら機嫌が直り、お礼として500円ぐらいの天丼を初めてごちそうしてくれたそうなのですが、「これから、劇場の出番があるから、俺は行くわ」と言ってAさんは1人で食べたそうです。

このようなことをされてもAさんは尾形さんのことを嫌いにならず、逆に「当時はすごくうれしかった」と振り返り、お金を貸すことも気にはならなかったそうで、「おがちんから“売れたら返すから!”と言われていたので、私も“売れるまでは支えるね”って話していたんです」といいます。

そうした中でも時には返済を促すことがあり、その途端に連絡がしばらく途絶えるというパターンが繰り返されていたそうで、Aさんが「都合のいいときだけ連絡してきて、私の連絡は無視?」と連絡をしたところ、「地方から終電で帰ってきて、明日は朝から撮影だから。せかさないで」と、なぜか逆ギレしていたこともあったとのこと。

そんな尾形さんと最後に会ったのは2014年12月だといい、Aさんによると当時催促していた5万円を叩きつけるようにして返され、「小さい金額でガタガタいうし、××だし、×××(『週刊女性』編集部規制)だし最低だな!」と暴言を吐いたといいます。

これ以降にもショートメールでのやり取りが続いていたそうなのですが、尾形さんは突然電話番号を変更、さらにLINEもブロックされたといい、Aさんは「“あ、逃げられた”って思いました。お金のことでうるさく言わない私は、彼にとってATMだったんだ、って。今思えば、私もバカでした」と語っています。

また、Aさんは「お金を返さなかったことよりも、電話番号を変えて逃げたことにガッカリ。返せないなら“返せない”って言ってくれればいいし、ごちそうしてくれるとか、“ありがとう”って言ってくれるだけでよかったんですけど……」と語っていたとのことです。

このようなゲスっぷりを明らかにされた尾形さんに同誌は直撃取材を行っており、3月2日の深夜に自宅近くのコンビニから彼女とともに出てきたところを直撃し、3月9日に結婚するのかどうか聞くと「いや、まだ予定で……。いろいろあるので、決定は、してないです」としどろもどろになり、Aさんからお金を借りていたことや音信不通にしたことを聞くと、「えっ……、それは、事務所を通してもらって……」と返答。

<↓の画像は、直撃取材を受けたパンサー尾形さんの写真>
『週刊女性』の直撃取材を受けたパンサーの尾形貴弘

さらにAさんから相当な額を借りているようですがと質問をすると、「ちょっと、マネジャーに確認しないと、お話しできないんで、確認していいですか?」等と言ってマンションの中に消え、再び姿を見せたものの記者から名刺をもらい、話をするのを拒否していたとのことです。

その後尾形さんが所属する芸能事務所『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』に問い合わせたところ、「“女性の主張していることはまったく違う”と尾形は言っています。女性から一方的に食事に誘ってきたり、ほかのタレントといるところに押しかけてきたり、というのがほとんどだったと」と完全否定。

さらに、Aさんが暴露した数々のエピソードについては「尾形にステディーな彼女ができ、連絡先を変えたのが気に食わなかったのでしょう。あちこちで、あることないこと吹聴しているんですよ。こんなことありえないですよ」と否定していたとのことです。

これに対してネット上では、

  • 女性の方も問題あるけど、要は尾形がクズ!!若手芸人ってこんなのが大半のイメージだわ
  • 見た目だらしない感じだと思ったらやっぱりな。顔に性格が出るとはよく言ったものだ。尾形の顔は不快だからテレビに出すな
  • 典型的なつくす女とゲス男。しかもこれは結婚のちDVにつながるゲス。離婚スキャンダル楽しみに待ってる。
  • この女の人は尾形のしょうもないネタで週刊誌からお金が貰えてよかったね。人情のない男の人に尽くすのは愚かだよ〜
  • 事実がどうか解らないけど、稼ぎが良くなったら世話になった人に倍返しするくらいしないとな
  • これが本当だったら人として最悪だね。芸人として全く面白くもないし、終わってるわ
  • 尾形なんて見ただけで分かるでしょ、そういうタイプだって。この女が馬鹿だったとしか思えない
  • こういうのを都合のいい女っていうんだな。断ることができるのに、『好きだから』って正当化して、終わった後に被害者主張。どっちもどっち。

などのコメントが寄せられていました。

尾形さんといえば女癖の悪さで知られており、昨年4月には週刊誌『フライデー』にベッド写真が掲載されました。

<↓の画像が、『フライデー』に掲載されたツーショットベッド写真>
『フライデー』掲載のパンサー尾形貴弘の流出ベッド写真

『フライデー』に掲載のパンサー尾形の流出ベッド写真

これは尾形さんのファンの女性から浮気を告発されたもので、さらにもう1人の浮気相手がいたことも明らかにされており、告発した女性によると尾形さんから「恋人がいるけどいい?」と言われ、それを了承した上で体の関係を1年続け、その関係を尾形さんの方から清算してほしいと迫られたのをきっかけに告発したとのことでした。

それから1年が経ち、今回は女性から相当な額のお金を借りていたにも関わらず、酷い言動をするゲスっぷりを明らかにされてしまい、もともとそこまで好感度は高くなかったものの、この告発によってイメージは更に下がり地に落ちた感じですね。

関連記事

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MzcxNTE5MzU4

    キモっ!
    お金貸す女もどーなの?
    三流以下のお笑い芸人だろー!!
    ロンブー&アメトークくらいしか出てないんじゃね?
    “事務所、事務所、、”ってお前がした事ならワザワザ事務所通さず自分の口で話してみろよ!
    パンサーも他の2人は良いけど尾形やめさせたら?

  2. 2
    匿名 より:
    ID:MTAyNDk1MjIz

    顔が性格表してるよ(´-ω-`)

  3. 3
    匿名 より:
    ID:MzA2OTgzMzU2

    足が凄く臭いらしいね

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について