小倉優子と芸能事務所『アヴィラ』の裁判トラブルが終結へ? 契約解除は有効と認め、契約不履行による1億円賠償請求を棄却する判決

小倉優子

タレントの“ゆうこりん”こと小倉優子さん(32)がかつて所属していた芸能事務所『アヴィラ』が、小倉さんに一方的に専属契約を解除されたとして、小倉さんを相手取り「1億円の損害賠償」を求めた訴訟の判決で、東京地方裁判所は2日に「解除を有効」と認め、アヴィラ側の請求を棄却したことが明らかとなりました。

判決公判で裁判長は、「経営者が脱税で有罪判決を受け、芸能活動を委ねられないと考えたのは仕方ない。意に沿わぬ仕事で会社への不満も積み重なっていた」と指摘しました。

小倉さんは高校生時代の2001年に、芸能事務所『アバンギャルド』(現:市エステートコーポレーション)にスカウトされ、芸能活動の専属契約を締結して芸能界デビュー。

『アバンギャルド』は2008年3月末に『アヴィラ』と業務統合し、小倉さんも他の所属タレントともに同事務所に移籍するのですが、両事務所の牧野昌哉社長が2006年12月期までの3年間に、架空の紹介移籍料や撮影協力費を計上するなどして11億円5,900万円の法人所得を隠し、法人税約3億4,500万円を脱税したとして、法人税法違反違反で東京地検特捜部に逮捕されました。

2010年3月には、牧野社長が法人税法違反の罪で懲役2年6ヶ月・執行猶予5年の有罪判決を受け、同罪に問われた『アバンギャルド』は、罰金8500万円の判決が下され、裁判長は判決理由で「架空の契約書を作成して関連会社からタレントの紹介や移籍を受けたように装い、所属タレントのテレビ出演料などを関連会社に付け替えるなどした」と指摘し、「さまざまな方法で所得をすべて秘匿し法人税全額を免れており、大胆かつ巧妙で悪質」と非難していました。

そして、この判決を受けて小倉さんは2010年11月に、年内で『アヴィラ』との契約を終了するとの通知を送り、2011年8月には現在所属している『プラチナムプロダクション』に移籍し、同10月に結婚を前提に交際していたカリスマ美容師・菊池勲さんと結婚しました。

ちなみにですが、同事務所については、小倉さんと同様に契約解除を求めたタレントの眞鍋かをりさんとも裁判で争い、泥沼の争いを繰り広げたことでも知られています。

そして、今回の判決を受けてネット上では、

  • 事務所運がないよね。前事務所とはこの問題があって、今の事務所は後輩が旦那と不倫だもんね
  • 元事務所や夫とのトラブル、ご難続きだったのですね。これから頑張ってください。
  • 意に沿わなかった仕事…… コリン星もやっぱしたくなかったのかな
  • ここも、SMAPも、夏目三久も、能年玲奈のところも…最近は所属事務所とのゴタゴタがいやに多いな…
  • 芸能界って闇だわ・・・芸能界という存在自体がブラック業界。得られる金だけじゃなく、人の何十倍も自己顕示欲がないと割りに合わない商売だな

などのコメントが寄せられています。

小倉さんは「こりん星のりんごももか姫」という設定のキャラクターで大ブレークしましたが、このキャラは2009年末に終了を宣言し、2010年に出演した番組でこのキャラについては、事務所が小倉さんの名前を売るための戦略だったことを暴露。

さらに、昨年5月に『しくじり先生 俺みたいになるな!』(テレビ朝日系)に出演した際には、次第にキャラと自分との違いにストレスと罪悪感を覚えて、番組収録中に眠ってしまったり、毎晩飲み歩くなどしていたことを明かすなどしていたのですが、今回の判決によってアヴィラの呪縛からやっと解き放たれ、ほっとひと安心していることでしょうね。

しかし、8月には夫の菊池勲さんが小倉さんの後輩だったタレント・馬越幸子さんと不倫していたことが明らかとなり、現在第2子を妊娠中であるにもかかわらず菊池さんとは別居し、また大きなストレスを抱えてしまっています。

8月30日発売の『女性自身』では、現在妊娠5ヶ月の小倉さんがママ友らしき女性2人とともにドライブへ出かける姿を報じており、この日も小倉さんは結婚指輪を外していたそうなのですが、同誌の直撃取材に対して離婚について聞かれると、「いや……離婚の方向へは進んでません」といい、菊池さんは反省しているのかという問いには、「もちろんです。でも、私自身も反省する点があったと思うんです……。」と答えています。

さらに、菊池さんとは前向きにやり直すということなのか聞かれると、笑顔で「はい!」と大きくうなずいたといい、この問題について早く解決することを願うばかりですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について