元チェッカーズのリーダー・武内享の長男が大麻事件で2度目の逮捕…健太容疑者と有名俳優の娘が親しいとの噂が浮上

武内享

1980年代~1990年代前半にかけて活動していたバンド『チェッカーズ』の元リーダーで、ギターを担当していたミュージシャンの武内享さん(54)の長男・武内健太容疑者(22)が今年6月、大麻所持の疑いで2度目の逮捕をされていたことを8日発売の週刊誌『女性自身』によって報じられ、同誌の取材に武内さんは長男が再び逮捕されたことを認めています。

健太容疑者は昨年9月30日に、当時高校3年生だった弟(19)に乾燥大麻を含む植物片約0.5グラムを譲り渡した疑いが持たれ、取り調べに対して「去年の暮れから10回ほど渡した」などと容疑を認め、大麻取締法違反(譲り渡し)容疑で警視庁少年事件課に逮捕され、昨年12月に懲役6ヶ月・執行猶予3年の有罪判決が下されており、執行猶予期間中の再犯であるため、実刑判決となる可能性が高いとみられています。

<武内享さんの長男・武内健太容疑者>
元チェッカーズ・武内享の長男・武内健太容疑者

そんな健太容疑者について、ある有名俳優の娘も親しかったとニュースサイト『日刊サイゾー』が報じています。

その記事で週刊誌記者が語っているところによれば、その娘はまだ未成年なのだそうで、現時点で警察に捕まっていないにもかかわらず、2人の関係や周辺人脈を突っ込んで取材すると大変な事になってしまい、父親はそういうことを黙っているタイプでもないため、本人に気づかれない範疇で静かに情報収集をしているといいます。

現時点では、健太容疑者と有名俳優の娘がどれほど親密な関係にあったのかはハッキリとは分かっていないものの、2人が収まっているグループショットの写真を入手したとのこと。

また、健太容疑者をする若者がツイッター上でその少女とも親しかったような記述をしているといい、有名俳優の娘は中学、高校とも登校日数が異様に少ない不良生徒で、深夜に渋谷のクラブなどで派手に遊び、中学生の頃からブランド品を身に着けていた“バカ娘”タイプだったそうです。

その一方で健太容疑者は、ヤンチャなタイプで自分で大麻を使用するだけでなく、高校生らにも大麻を売りさばき、繁華街では自分よりも年上のチンピラたちを子分のように従えて歩いていたという話も聞くといいます。

健太容疑者の再逮捕を報じた『女性自身』の記事では、渋谷警察署の留置場で一緒だったという男性が健太容疑者の人柄などについて語っており、気さくで人懐っこい性格で、自ら「何やったんですか?俺は草です」と話し、さらに男性に心を開いた健太容疑者は、生い立ちについても詳細に語り始め、過去には暴走族をやっていたらしく、大人になってからまともな仕事をしたことが無いことなどを明かしていたそうです。

健太容疑者と関係があったとみられる有名俳優の娘とは一体誰なのか気になるところですが、ヒントがあまりにも少ないことから現時点では特定するのが非常に難しいため、続報に期待したいところです。

有名俳優の娘は、実際には警察に世話になったという話も無く、健太容疑者から大麻を譲り受けて使用していたという話も無いようなので、現時点では問題はありませんが、不良グループに入っていて、未成年ながらクラブにも出入りしているとすると、今後事件を起こす可能性は十分にあります。

事件が起こる前に、親が更生に導いてほしいと思いますが、中学生の頃からブランド品を身に着けるなど、かなり甘やかしているようなので、何か起きてからでないと動き出さないかもしれないですね。

ちなみに、有名人の子供が起こした事件というのは多々あり、女優・三田佳子さんと元NHKプロデューサー・高橋康夫さんの次男である高橋祐也さん(36)が、薬物事件で3度逮捕されたのは有名で、高校在学中の18歳の時に覚せい剤取締法違反で逮捕され、未成年ということから保護観察処分が下され、高校は退学処分に。

この事件を受けて三田さんは会見を行い、「母が女優ということで未成年である息子の事件が報道されて可哀想」、「次男のこづかいは月50万円」などと語り、世間から猛バッシングを浴び、当時三田さんは7社とCM契約をしていたものの全て降板し、女優活動を10ヶ月自粛。

<↓の画像左が三田佳子さん、右が高橋祐也さん>
三田佳子と高橋祐也

さらに、2000年5月に発生した半グレ集団『関東連合』を当事者とする暴走族同士の抗争に伴う一般人誤認集団暴行殺人事件「トーヨーボール殺人事件」で、犯人の暴走族が使用していた車両が三田さん名義で、祐也さんが貸していたものだったことが発覚したほか、自宅の地下室で覚せい剤パーティーを行っていたこと、芸能人を招いて薬物を使用し、淫らなパーティーも行っていたことが明らかとなり、覚せい剤取締法違反で2度目の逮捕をされ、大学からも退学処分を受けることに。

この事件によって懲役2年・執行猶予5年の有罪判決が言い渡されたのですが、2007年11月にコンビニのトイレ内で覚せい剤を吸引し、覚せい剤約0.1グラムを所持していたため、覚せい剤取締法違反で3度目の逮捕をされ、懲役1年6ヶ月の実刑判決を下されています。

その他にも、俳優・若山富三郎さんの長男で元俳優の若山騎一郎さん、俳優・上原謙さんの長女で元女優の仁美凌さん、俳優・藤田まことさんの長男・原田知樹さん、中村雅俊さんの長男で元俳優の中村俊太さん、夫婦デュオ『ヒデとロザンナ』の次男でミュージシャンの加藤来門さん、女優・大空真弓さんの長男・中田元博さん、石田純一さんの長男で俳優のいしだ壱成さんなどが大麻や覚せい剤で逮捕されています。

また、タレント・みのもんたさんの次男で、当時日本テレビ社員の御法川雄斗さんは2013年9月に、窃盗未遂で逮捕(後に処分保留で不起訴)されています。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について