ヒロシ&キーボーの山田喜代子容疑者を万引きで逮捕! コンビニで1600円の化粧品を窃盗? 両親の介護疲れ、ストレスが原因?

「ヒロシ&キーボー」のキーボーこと山田喜代子容疑者

1982年発売のシングル『3年目の浮気』などのヒットで知られる歌手『ヒロシ&キーボー』のキーボーこと山田喜代子容疑者(58)が25日、静岡県浜松市内のコンビニで万引きした容疑で、静岡県警に逮捕されていたことが明らかとなりました。

県警によると、山田容疑者は6月17日に浜松市内のコンビニにて、販売価格が約1,600円の化粧品(アイカラー)1点を万引きした疑いが持たれているものの、容疑を否認しているとのことです。

山田容疑者は1982年に、歌手の黒沢博さんとのユニット『ヒロシ&キーボー』でデビューし、デビューシングル『3年目の浮気』が大ヒットを記録。

同曲は、同年の『日本有線大賞』と『全日本有線放送大賞』で最優秀新人賞を獲得しましたが、1984年にコンビを解消し、それ以降はソロ歌手として活動しています。

そんな山田容疑者が逮捕されたことに対してネット上では、

  • 大目には見れない
  • ご両親の介護などで大変苦労されていたはず。本人も否認しているのなら、冤罪であってほしい。
  • 久々に名前が出てきたと思ったら、これ。何か悲しいものがある
  • バッグから商品が出てきたら否認しても無理だと思うけど、お店には防犯カメラもあるんだし、確かめたらわかると思うけど。
  • いろいろな事情はあるにしても、もし事実ならアウトですね。まぁ、事実でないことを願うばかりですけど・・

などのコメントが寄せられています。

昨年7月2日には、山田容疑者と同居する父親が掃除中に口論となり、父親が清掃用具の「水切りワイパー」で山田容疑者の顔面を殴り、左まぶたに切り傷の軽傷を負わせた疑いで現行犯逮捕されています。

その事件後に山田容疑者は、情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演し、現在でも浜松の実家で両親を介護し続けている日々を告白。

6年前に帰郷し、両親との3人暮らしをしているそうなのですが、3年前に母親が脳梗塞で倒れて右半身マヒの後遺症が残り、それから1年後に父親の様子がおかしくなり、認知症と診断されたそうで、穏やかだった性格から一変して暴力を振るようになったといい、昨年7月の事件もそれによって起こってしまったものだったそうです。

また、それ以前にも山田容疑者は父親と揉み合いになってぶつかり、顔は血だらけになり、左手小指が骨折、さらにあばら骨にヒビが入る負傷を負わされたこともあったと告白。

しかし、山田容疑者は「お父さんのことを警察沙汰にしてって言う人もいるかもしれないけど、そこに至るまでにはいろいろあるわけですよ」と語り、「誰が加害者で誰が被害者ってこともない」と、その後も父親と暮らし、両親の介護を行いながら歌手活動を続けていること、最近10歳年下の彼氏が出来た事も明かしていました。

そんな山田容疑者は、昨年1月にも『爆報!THEフライデー』(TBS系)に出演した際に、24時間目が離せない両親の介護に明け暮れていること、心労から心身ともにボロボロとなり、錯乱状態になったことから精神安定剤を服用したこともあると明かすなどしていました。

介護によるストレスが原因で万引きをしてしまったのか、ほんの出来心でやってしまったのか、現時点で理由は定かではなく、本人は容疑を否認しているとのことから万引きをしたのかどうかも定かではありませんが、歌手活動で話題になるのではなく、家族や自身のトラブルでしか話題にならないというのは悲しいものがありますね。

万引きがもし事実だとすると、今後も歌手活動を続けていくのはかなり難しく、生活をするのもかなり大変になるとみられるのですが、果たして今後どうなってしまうのでしょうか…。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について