『相棒』出演の元女優・高樹沙耶容疑者が大麻に傾倒の原因は、同居人・森山繁成容疑者との怪しい関係? 重度の依存症の可能性?

高樹沙耶(益戸育江)

元女優で自称ナチュラリストの高樹沙耶容疑者(本名=益戸育江 53歳)が25日、沖縄県石垣市にある自宅で乾燥大麻を数十グラム隠し持っていた疑いで、大麻取締法違反の容疑で厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部(通称:麻取、マトリ)に現行犯逮捕されました。

また、高樹容疑者と同居し事実婚状態にあると週刊誌によって報じられていた会社役員・森山繁成容疑者(58)、同じく同居していた無職・小見祐貴容疑者(26)も同容疑で逮捕されており、高樹容疑者と小見容疑者は「大麻は私のものではありません」と否認。

一方の森山容疑者は「私のものです」と認めているとのこと。

<↓の画像は、森山繁成容疑者の写真>
森山繁成

逮捕容疑は、25日午前10時32分に、3人で共謀して乾燥大麻を所持していた疑いで、所持を認めている森山容疑者は共謀に関しては否認しているそうです。

麻薬取締部は、自宅の他に高樹容疑者らが経営管理していたコテージ「虹の豆 浮世離れ」、所有していた複数の車などを捜索したものの、現時点では大麻を栽培していた形跡は見つかっていないそうですが、高樹容疑者らが以前より大麻を使用していた疑いがあると見ており、引き続き栽培、譲り受け、譲り渡しの有無について調べるといいます。

同部によると、高樹容疑者は森山容疑者、小見容疑者との3人暮らしだったといい、自宅敷地内にある数棟の建物のうち数ヶ所で大麻を発見しており、自宅にいた3人を現行犯逮捕。

自宅からは使用した形跡がある吸引用のパイプ、巻紙なども押収しており、今後は任意の提出があれば尿の官邸も行う方針とのこと。

<↓の画像は、高樹容疑者の自宅の写真>
高樹沙耶容疑者(益戸育江)の石垣島の自宅

高樹沙耶容疑者(益戸育江)が暮らしている石垣島の家内部

今回逮捕された高樹容疑者は、今年7月の参院議員選挙に新党改革から激戦区の東京選挙区に出馬し、医療用大麻の解禁を訴えていたものの、得票数が60,431票(得票率1.0%)で落選。

そんな高樹容疑者のブログやツイッターは、大麻に関連した記述などで埋め尽くされており、2012年7月14日に更新したブログの記事では、「私このたび、大麻草検証委員会の幹事となり、自然回帰活動とともに、この事を多くの方に知っていただきたく活動に参加する事を表明いたします。」と宣言。

さらに、「私個人の感覚からしましては、お酒、たばこ、チョコレートよりも安心で安全で多幸感を得られる、そしてアンチエージングには最高の植物だと信じております。原発が良くて、大麻がだめ?何か間違っていませんか?」とし、「正直申し上げます、私の海外の経験で知りました。18才ぐらいに初めて知り、時おり食べたり吸引しましたが、しっかり税金も払い普通の社会生活もしてきました。大麻でこの重苦しい日本の空気はたちまち明るくなる事でしょう!!」と持論を展開していました。

その後も高樹容疑者は大麻の解禁をブログやインターネット番組などで訴え続けていました。

何かに取り憑かれたように医療用などの大麻解禁の推進活動を行っていた高樹容疑者ですが、『スポーツ報知』が報じている記事によれば、2011年に森山容疑者と出会ってから急速に傾倒していったといいます。

高樹容疑者は2011年に、千葉県南房総にあった自宅を売却して石垣島に移住し、すぐに出会ったのが大麻草研究科を自称していた森山容疑者だったそうで、森山容疑者は妻と子供がいるものの、「狭心症の治療のため、東京にいる家族の了解を得て」石垣島で暮らしていたといい、高樹容疑者は森山容疑者とすぐに意気投合し、石垣島での生活を優先するためにレギュラー出演していたドラマ『相棒』シリーズ(テレビ朝日系)から降板。

さらに、デビュー以来所属していた芸能事務所『オスカープロモーション』を2012年10月末をもって退社し、間もなく週刊誌『女性自身』によって、2人が同棲し事実婚状態にあることなどが報じられました。

高樹容疑者は7日に放送された情報バラエティ番組『爆報! THEフライデー』(TBS系 金曜19時)で、森山容疑者、小見容疑者、元参院議員・平山誠さん(64)、40代の男性とともに共同生活を送っている様子を紹介。

森山容疑者は高樹容疑者との恋愛関係について、「この年になると生産性ゼロ。はっきりいって(恋愛は)面倒くさい」と否定。

一方の高樹容疑者も「私の愛人たち…ではなく同居人です」と否定していましたが、共同生活を送り密接な関係にあることは間違いなく、異様な雰囲気を漂わせていました。

<↓の画像が、森山、小見容疑者ら4人の共同生活を送っていた高樹容疑者>
高樹沙耶容疑者(益戸育江)と共同生活している男たち

高樹容疑者はもともと凝り性で、よく知る関係者は「こう、と決めたら誰の意見も聞かないところがある」「奔放な性格は男性に対してもあり、とことん突き進むタイプ」と性格を語っており、こうした性格が影響して森山容疑者と出会って大麻にドハマリした可能性が高く、20年前に写真家と親交を深めたことがきっかけでカメラに興味を持ち、その後自ら撮影を行った写真集を出版。

ハワイに移住後には、水中カメラマンでダイバー、フリーダイビングのパーソナルコーチを務めていた菅原真樹さんと同棲し、2002年に行われた大会で水深45メートルの日本新記録(当時)を達成したほか、フリーダイビングW杯では水深53メートルを記録し、総合で銀メダルを獲得していました。

男性に影響されやすく、凝り性の性格が災いして大麻に執着するようになった様子なのですが、高樹容疑者は10代の頃から使用していたことを明かしており、18歳になる前から使用していた人は依存症になるリスクは、「4~7倍になる可能性がある」とアメリカの国立薬物乱用研究所のホームページには記載されており、今後もし森山容疑者との関係を完全に断ったとしても、大麻依存から抜け出すのは容易では無いのかもしれませんね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjAwMTowMj

    大麻してから偉い不細工おばさんになった
    これからわかるとおり大麻は医療用なんかない

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について