『ラブライブ!』声優でμ’s(ミューズ)の新田恵海がアダルト作品出演の過去? 事務所否定も完全一致? 作品名は素人図鑑?

新田恵海

大人気アニメ『ラブライブ!』で主人公・高坂穂乃果の声を担当し、同アニメの声優ユニット『μ’s(ミューズ)』でセンターを務め、“えみつん”の愛称で親しまれている声優・新田恵海さん(30)が、アダルトな作品に出演していたという疑惑を5日発売の週刊誌『週刊アサヒ芸能』によって報じられました。

同誌は、新田さんは声優デビューする前の音大生時代に、素人モノの『素人図鑑 File-07』(2008年12月発売)というオムニバス作品に「みく」という名前で出演しているとし、作品の内容、女性のセリフ、立ち振る舞いなどを事細かに記しており、「顔、声、ホクロの位置、特徴的な歯並び、耳の形状……どれも本人のものと一致」と断定しています。

『ラブライブ!』は爆発的な人気を誇り、そこから派生した声優アイドルユニット『μ’s(ミューズ)』も高い人気を誇っており、昨年度の売り上げは合計31.5億円と言われ、昨年大晦日には『NHK紅白歌合戦』出場も果たしています。

そして、今年3月31日、4月1日には東京ドームにて最後のワンマンライブ『μ’s Final LoveLive!~μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪』を開催したばかりで、この報道はファンに大きな衝撃を与えています。

そうした中で新田さんが所属する事務所『S』は、5日未明に公式ホームページ上で疑惑を完全否定しており、「一部の記事により新田がAVに出演しているのではと名指しで書かれ、各所からも確認の連絡が相次ぎまして、所属事務所としては対応せざるをえない状況になりましたので、ここに記します」とし、「新田恵海本人に確認したところ、当該の記事とみなされている人物は、本人ではないとの話でございました」と説明。

また、「それを受け事務所で調査をしている最中ではありますが、新田恵海本人ではないという結論に至りました。今後の対応に関しては弁護士と相談中です。」とし、「本人からも事務所からも、これがお答え出来る全てですので、何卒宜しくお願い申し上げます。」とのことです。

このように新田さん側は完全否定しているのですが、ネット上では早速検証作業が行われており、この作品に登場する女性のほくろの位置や歯の形、声も似ているという声が多く上がっており、この作品に登場する女性は新田さんの可能性が高いとみられています。

<↓の画像は、作品に登場する「みく」という女性>
アダルト作品に出演している新田恵海似の女性の正面2枚目

アダルト作品に出演している新田恵海似の女性の横向き

<↓の画像は、新田さん>
声優・新田恵海

新田恵海

<一致すると指摘されているホクロの位置>
(作品に登場する女性)
新田恵海似の女性のホクロの位置

新田恵海似の女性のホクロの位置

(新田恵海さん)
新田恵海のホクロの位置

<↓の画像は、歯の形比較>
(上が新田さん、下は作品に登場する女性)
新田恵海の歯とアダルト作品に出演している女性の歯の形比較

<↓の画像は、耳の形比較>
新田恵海とアダルト作品に出演女性の耳の形比較

<↓の画像は、肘の傷跡比較>
新田恵海とアダルト作品出演女性の肘の傷跡比較

ちなみに、この作品は動画配信などを行っている『DMM.R18』のビデオランキングで1位に急浮上しており、反響の大きさがうかがえます。

これに対してネット上では、

  • まぁ、出てましたなんて言えるわけもないわなぁ。てか18歳未満じゃアウトだけど30歳ならどっちでもいいよ
  • 訴訟に踏み切らなければクロ確定。後ろめたい奴ほど訴える詐欺するからねえ。ASKAや清原もそうだったし
  • 歯型もほくろの位置も一致してるらしいから本人の可能性高いよね。でもまだデビュー前の話だし、個人的には気にしない。

などのコメントが寄せられています。

公式にはされていないものの、新田さんは昨年5月まで別名義で活動していたと言われており、その別名義というのは芹なづな、桃園にな、吉住陽菜、中井千里といった名前だったそうなのですが、別名義では大人向けのPCゲーム作品にも出演していたようです。

かといってアダルト作品に出演していたというのが本当だとすれば、かなり衝撃的ではありますね。

『週刊アサヒ芸能』によれば声優デビューする前の音大生時代に出演したとのことなのですが、新田さんは2009年3月に、現在所属する株式会社Sの新人アーティストオーディションでグランプリを受賞し、翌2010年4月に事務所へ入所しています。

新田さん本人が出演しているのではないかと噂されている作品が発売されたのが2008年12月ということは、オーディションを受ける1年以内に出演したということなのでしょうか…。

事務所は完全否定しており、本人だとする証拠は何も無いことから、あくまで疑惑ではあるのですが、今後の活動に影響を及ぼすことになるのではないかと少し心配になりますね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:ODI4NDQ0ODE4

    本人がそう言ってるだけだろ(笑)。事務所としてそれをどう最終的に考えるのかの方が重要だよ、もう事務所としても本人のせいで逃れられないと思うけどね。事務所の無能さも判断出来るから、今後が見物!!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について