笑点メンバー三遊亭円楽がフライデー不倫報道を謝罪! 愛人とホテル出入り現場撮られるも妻の優しさに涙…浮気相手との画像あり

三遊亭円楽

10日発売の週刊誌『フライデー』によって、40代の一般女性との不倫を写真付きでスクープされた落語家・三遊亭円楽さん(66)が、同日14時から東京都内のホテルで釈明会見を開きました。

円楽さんは目に涙を浮かべながら、「お騒がせして申し訳ありません。初高座のような気持ち」と切り出して頭を下げ、「軽率な行動のために、お集まりいただきまして申し訳ありません。あの報道によりましてこのような会見となりました。長年、私を支えてくれているファンの皆様、楽語会に来てくださる皆様、ファンレターを頂いてる皆様、番組でファンと言ってくださる皆様、町を歩いていて『見てますよ』と声をかけてくださる皆様、この行動で不快な念を抱かれたとしたら深くお詫びを申し上げます」と謝罪。

「芸人はキレイごとでなくちゃいけない、女性にモテるくらいではないといけないという、我々の世界で風潮があった。今回を見ても時代錯誤であったな。軽く考えていたなと、深く反省した次第であります。時代は変わっております」と反省。

<↓の画像が、釈明会見を行った円楽さんの写真>
不倫釈明会見を行った三遊亭円楽

円楽さんは同誌の直撃取材に対し、「(ラブホテルには)行ったけど打ち合わせだから」と不倫関係を否定していたものの、今回の会見では「フライデーで報道されている通り、一般の女性とお付き合いさせていただいた」と交際を認め、2年半前に自身が開催しているゴルフ会で知り合い、ゴルフコンペや落語の独演会などの手配を通じ、「好ましい感情」を抱くようになったといい、「口説いたといっていい。浮気という言葉と言えば浮気。その通りでございます。その結果、この報道になったわけです」と語っていました。

交際については「1年ちょっと。少なくとも週1、2回ぐらい会っていた」とも説明し、「開き直りじゃなくて、好きになるという感情は止められない。頭いいし、手伝ってくれるし、いい子」と答え、今後は女性とどのような関係になるのか聞かれると、「今まであったであろう不適切な関係はストップする。」と言いつつ、「彼女と連絡をとったら“私は落語を聞けるんですか、ゴルフに行けるんですか”と聞かれたが、それを止める必要はないとおもう。」「仲間としてグループでは堂々と会います」と述べ、「皆様にお願いしたいのは、彼女は一般人なおで深追いしないで欲しい。」と訴えていました。

それに奥さんが納得するかどうかは「そういう意味で会うのは大丈夫でしょう。そのくらいの広さは持っていると思う」と話していました。

<↓の画像は、『フライデー』に掲載された女性とのツーショット写真>
中嶋朋子似のフェロモン美女と三遊亭円楽のツーショット写真

<↓の画像は、東京・錦糸町でサービスタイム4500円のラブホテルに入る場面を撮影した写真>
フェロモン美女とホテルへインする三遊亭円楽

円楽さんは『フライデー』記者の直撃取材を受けた際に、奥さんなど各方面に電話で連絡したそうなのですが、今回こうして会見を開くことになり奥さんから「心配しなくていいから頑張って」と言葉で励まされたといい、現在は旅に出ているという奥さんに、帰ってきたら話をするからと言うと、「そんな心配しなくていいから頑張りなさい」と言われたとのこと。

また、前夜のうちに奥さんが弟子に託して届けられたスーツの袋の下には、「頑張れ」という文字が書いてあったことも明かし、目を潤ませながら「参っちゃった」と語っていました。

さらに奥さんからは、「身から出たサビだと。でもサビも味になるわよって。」と言われたことを明かし、「これは参っちゃったね。メッキがはげたじゃなく、味になるってうまいよね」と語り、夫婦仲については「お互い斟酌しない中。どこいってんの?何してんのとか、お互い聞かない主義。有難い」と語り感謝。

奥さんも浮気の事を芸の肥やしと考えているかと聞かれると、「それは違う。昔は女遊びしなさいといっていたが、今の時代は違うし、芸の肥やしになんかならない。これはおれのそそっかしさ」と語り反省している様子を見せていました。

そして、最後には「ひとつお詫びするのは、大好きな落語ですから…」と切り出し、涙声で「どういうことになるかわかりませんが、噺家として、噺家の世界の片隅でもいいから置いておいてくれと。これは仲間にも頼みたいし。落語会に来てくださるお客様に不快な思いをさせたのなら、それは高座でお返ししたい。一生懸命稽古して参ります。何あろうと、6代目円楽として芸道に精進し、一生懸命邁進していきますのでお許し頂きたい」と訴え、頭を下げていたとのことです。

これにネットでは、

  • ダウンタウンの浜ちゃんの時もそうだったけど奥さんがしっかりしてると違うな~
  • 笑点でのネタが一つ増えたな
  • お互い同意があって家族で解決なら部外者がとやかく言う事はない。奥さんが許してるならもうこの話は終わり。
  • 加藤といい円楽さんといい、なんで不倫しといて泣くわけ。泣くところじゃないでしょ。いい大人がみっともない。
  • 一番泣きたいのは奥さんでしょうに。表沙汰になってあたふたして泣くぐらいなら、最初から不倫しなきゃいいのに。
  • どんなに詫びたって、ウソばっかりでしょ。本当にそう思ってるんなら、桂文枝の件がバレたときに改められたでしょ。未だに続けてたってことは、バレなきゃいいやって思ってたってこと。奥さんに悪いなんて思ってない!

などのコメントが寄せられています。

なお、今回の会見は、涙ながらに訴える場面もあったというものの、落語家らしく笑いの絶えない会見になっていたそうで、『笑点』(日本テレビ系)の司会者が桂歌丸さん(79)から春風亭昇太さん(56)に交代となり、「昇太が意を得たりとかかってくるんだろうね。俺を指してアモーレか何か言うんだろうね」と冗談を言って報道陣を笑わせ、番組のプロデューサーから「不倫問題だけはやめてくれ」と言われていたことを明かし、「スタッフに言われたちょっと前だった。(報道で)しまったなと。身体検査されて、司会になれなかったのかなとか、疑心暗鬼になった」とも明かしていました。

さらに、「“アモーレ円楽です”って言わないといけない。(記事の見出しの)老いらくの恋って凄いよね。老いらくじゃなくて円楽だよ。円楽改め老いらくです」と自虐ネタを展開して笑わせていたとのことです。

とりあえずこの件について円楽さんも反省しているようですし、奥さんもこの不倫で特に怒ってはいない様子なので、今後またこのような騒動を起こさないようにしながら、これからさらに仕事に精を出してほしいですね。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MzA2OTk2NTA5

    今年は不倫年だな

  2. 2
    匿名 より:
    ID:MTk1MDM1Mjg2

    芸能界って不倫多いんだね

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について