乙武洋匡の妻・仁美は不倫知って号泣…「外で子供だけは作らないで」と悲痛の叫び…ゲス過ぎる裏の顔に批判殺到

乙武洋匡

週刊誌『週刊新潮』によって不倫を報じられた作家・タレントの乙武洋匡さん(39)が30日、報道各社にFAXを送り、「今回の事態を受け、当面は仕事関係の活動を控え、家族と向き合う時間を最優先させていただいております」と、仕事関係の活動自粛を発表。

また、自民党からの夏の参院選への出馬が取り沙汰されていたものの、「様々なお話をいただいておりましたが、これまでもお答えしてきた通り、出馬の意向はございません」と、出馬しないことを改めて発表しました。

乙武さんは24日発売の『週刊新潮』によって不倫旅行を報じられ、同誌の取材に対して乙武さんは、2001年に仁美さんと結婚して以降、これまで5人の女性と不倫関係にあったことを告白。

この報道後すぐに公式サイトで夫婦揃っての謝罪文を発表し、早急な対応をして騒動が大きくなるのを防ごうとしたのですが、仁美さんの「このような事態を招いたことについては、妻である私にも責任の一端があると感じております。」という謝罪が完全に裏目となり、「奥さんが謝る必要はない」「妻に不倫の尻拭いをさせるな」「男として最低」等の批判が殺到し大炎上。

その後は各メディアが乙武さんの女癖の悪さなどを報じ、あの報道から1週間で世間の乙武さんに対するイメージが180度変わってしまい、バッシングの嵐となっており、今後しばらくメディアへの露出は難しくなりそうな状況です。

そうした中で、妻・仁美さんについての新情報を31日発売の『週刊新潮』が報じており、乙武さんが同誌の取材に対して「妻が母になり、夫婦らしさみたいなものがなくなった」「不倫相手の存在を告げると妻は泣いていた」と明かし、さらに「(不倫旅行を共にした女性との関係がはじまった)3、4年前だったと思いますが、車の中で妻に突然、『外で子供だけは作らないでくださいね』と言われた瞬間がありました」と告白しています。

<新たな情報を報じている『週刊新潮』2016年4月7日号>
乙武洋匡のゲス不倫を報じている「週刊新潮」2016年4月7日号

これに対してネット上では、

  • 公認候補になるため複数政党に声をかけていたという報道もあるし、事実ならとんでもない人間性をもっていると言わざるを得ない。自分が動けない分、他人を将棋の駒のように扱ってきたんだろうね。あきれるしかない。
  • 今までなんかうさんくさいとおもっていたけど、まさかここまでとは。呆れた
  • 子供だけ作らなければ 遊ぶのはオッケーなのか!と、解釈して 調子こいて不倫しまくるとは…… 旦那としてというか、父親としてというか 人として終わってますね
  • 奥さんの精一杯の浮気するなという釘刺しをスルーしてきたわけですね。3,4年前そこで止めれば良かったのに…。子供作らなきゃ良いとでも都合良く解釈してきたのでしょうか…。
  • 奥さんが本気で外で遊んでも良いと言ってると思ったのかな。その裏にある本当の思いを知ろうとはしなかったのかな。奥さんの言葉に甘えて不倫して、奥さんも子供も不幸にした人に国政なんて任せられません。
  • 奥さん、本当に気の毒……もう離婚しちゃえばいいのに。てか、私ならとっくにする。
  • 要するにそれって『仮面夫婦』じゃないか彼は特別扱いされるのが当たり前になりすぎて、人として当たり前の思いやりや最低限の礼儀を忘れてしまってる。自分に自信があるんだろうけど、それは周囲に支えられてのことだという感謝の心を持てない人からはいつかみんな離れていくもの。ただ彼は『特別』な存在だから、良心の強い人ほど罪悪感で離れられないんだろう。今別れても奥さんを悪く言う人はいないだろうから、養育費しっかり決めて別れた方がいいと思うけどな
  • 人一倍奥さんには感謝しなくてはいけないはずでしょ。だって普通の夫だったらしてあげられることが、彼はしてあげられないんでしょうから。それが普通の夫でもなかなかできない不誠実な行為をするなんて…..、あまりにも人格が歪みすぎてる。

などのコメントが寄せられています。

また同日発売の『週刊文春』では、波紋を広げている仁美さんの謝罪コメントの真意が明らかにされており、同誌の取材に対してメールで返信があったそうで、取材には応じられないものの、謝罪コメントについては、「言葉足らずだった為に、誤解されてしまった方もいるようですので、そこだけは説明させてください」として、「子どもは朝が早いので、午後10時を過ぎたら、スタッフのいる事務所に泊まって欲しいとお願いしていたのは私の方です」と説明。

今後については、「これからの事は、私にはまだ何もわかりません。でも、主人がどんな選択をしたとしても、子どもたちの為にも、もう一度主人と向き合って生きていくつもりです」と記されていたとのことです。

一連の報道によって乙武さんの化けの皮が剥がされ、あまりのギャップにショックを受けた部分はあり、このような方が教育者として人に指導をしたり、政治家になろうとしていたというのは正直驚きました。

仁美さんが乙武さんの一連の行為を許しているため、もうこれ以上乙武さんのゲス不倫に対してとやかく言ってもしょうがないと思うのですが、学生時代から支えてきてくれた仁美さんに対してあまりにも酷い仕打ちですし、3人の子供も相当大きなショックを受けていると思われるため、そう簡単に許すことは出来ません。

仁美さんは現時点で離婚は考えていないとのことなのですが、女癖の悪さはそう簡単に治るものでも無いことから、子供がもう少し大きくなってきた頃に離婚を考えても良いかもしれないですね…。

関連記事

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    つっこみくいーん より:
    ID:MzUzMzI2Mzkx

    不倫・浮気はともかく政界進出なんて、転落人生の始まり。

  2. 2
    匿名 より:
    ID:ODI4NDQ0ODE4

    この亀おやじキモい!

  3. 3
    匿名 より:
    ID:MzcxNTE5MzU4

    ダメだなこりゃ、、、
    コイツもTVから消えるだろな、、

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について