ラモス瑠偉が20歳年下女性と再婚から約1年で不倫! 最愛の妻・初音が亡くなり女遊びを再開? 車中キスを女性自身がスクープ

ラモス瑠偉

元サッカー日本代表選手で現役引退後には指導者として活動し、2014年から今年7月までJリーグ『FC岐阜』で監督を務めていたラモス瑠偉さん(59)が、不倫していたことを18日発売の週刊誌『女性自身』が報じています。

同誌によると、東京・港区内にある高級焼肉店で「そうなんだ~。ラモちゃんとカラオケ行きたい!」という女性2人の声が響いていたといい、切れ長の目で女優の吉田羊さん(42)に似た長身のスレンダー美女・B子さんは、ラモスさんの話に対して「そうなんだあ!」などと興味津々でうなずいていたといいます。

<↓の画像は、吉田羊さんの写真>
吉田羊

サッカー関係者によると、B子さんはアラフォーの独身OLでラモスさんが好きなタイプの女性、最近ずっと口説いていたようです。
もう1人のC子さんについてはその友達とのこと。

3人は21時半頃に店を出て、イタリアンでコーヒーを飲んだ後にタクシーに乗り込み、後部座席にはC子さん、ラモスさん、B子さんという順番で乗り込み、銀座方面へと向かったそうなのですが、その車中でラモスさんがB子さんに顔を近づけ始め、赤信号で停まった時に2人はキス

C子さんのことを気にもせず、2人が濃厚な不倫キスを繰り返す姿を記者は目撃したそうです。

そんなラモスさんは、1980年に当時女子大生だった清水初音さんと友人の紹介がきっかけで出会い、1984年に結婚。

<↓の画像右が初音さん(左はヴェルディ川崎などに所属していた永井秀樹さん)>
ラモス瑠偉の妻・初音と元サッカー選手の永井秀樹

1985年10月に長男でサッカー指導者として活躍中のラモス・ファビアノさん(31)、1988年7月に長女で歌手のFABiANAさん(28)が誕生、1989年に日本に帰化。

<↓の画像左がファビアノさん、右がFABiANAさん>
ラモス瑠偉の息子・ファビアノと娘のファビアナ

ラモスさんは初音さんのことをとても愛しており、愛妻家として知られていたのですが、体調不良を訴えてから短期間で容体が悪化し、2011年7月19日に転移性肝ガンのため、52歳の若さで亡くなりました。

ラモスさんは初音さんの死に大きなショックを受け、2013年3月放送のバラエティ番組『解決!ナイナイアンサー3時間スペシャル』(日本テレビ系)に出演した際には、「あそこまで愛した人を…たぶん乗り越えられないと思います。別に乗り越えようとも思ってないから」「再婚なんてしない。同じ墓に入る。生まれ変わっても彼女と結婚する。」と語っていました。

それから2年半が経ち、昨年11月に20歳年下の日本人女性と再婚。

お相手の女性は当時37歳で、エキゾチックな顔立ちをしている美人とのことでした。

それから約1年後に、別の女性と車中キスをしていたことが明らかとなったわけですが、『女性自身』の記者は真相を確かめるべく、10月中旬に自宅マンションでラモスさんに直撃取材を行い、B子さんとキスしていたことを目撃したというと、「キス!?ほっぺ!ほっぺにキスしたと思うけど」と回答。

これに対して口にキスしていたと答えると、「いや、いや、覚えてない。私はほっぺだと思ってるけど。(口づけは)奧さん以外、絶対やらない」と必死に否定。

奥さんがもしこのことを知ったら“イエローカード”なのではないかと聞くと、「(イエローカード)間違いないヨ……。でも彼女は恋人なんかじゃないよ!」と男女の関係を否定し、不倫関係についても「ない!まったくない!ボクは奥さんを心から愛している。あり得ない、絶対!」と否定しています。

さらに、ラモスさんは新妻への弁明として、「奥さんは大阪出身。知り合いの誕生会で会ったんですが、(初音さんの)三回忌が過ぎてから、マジメに付き合うようになった。再婚するまで約3年間、ずっと待ってくれたんだ。ボクには奧さんしかいないんだよ、ホントに」と語り始め、今年2月に沖縄にて身内だけで結婚式をしたことも明かし、「奧さんと一緒に、もちろん初音ちゃんのお墓参りもして、再婚の報告もしたよ」などといったことを30分にわたって話していたとのこと。

そうした中で、ラモスさんと初音さんが以前住んでいた港区内の豪邸について聞いたところ、「今、あの家にはボクの娘夫婦と一緒に初音ちゃんのお母さんが住んでます。あの家は初音ちゃんと住むために買った家だから、今の奥さんも理解してくれてるよ。お義母さんは大事な家族。面倒見てあげないと」と語っています。

そして、最後にラモスさんは「言い訳するつもりは、まったくない。書き方だけ、気をつけてください。それで来週から、ボクと奧さんが仲良くできるか決まる。魂で奧さん愛してるから、ダイジョーブだけどね!」と語っていたとのことなのですが、この報道に対してネット上では、

  • なかなか元気だなぁラモス…。これではJ2の監督もうまくいかないわけだ…。
  • 将来は日本代表の監督くらいまでなってくれるかと期待したが、こんなことで記事になるようでは…直ぐにカッとなるし向いてないか
  • ラモスよあんたもか・・・言い訳はやめた方がいい、レッドカード以外の何物でもない。
  • あの容姿、話し方、目立つに決まってるんだから気を付けないとな。それにしても言い訳がましいのがダサいな…
  • あれだけ悲しんでいたのに、すでに再婚してたとは。しかも…だめだこりゃ
  • FC岐阜の監督を解任された理由が分かる。こんな監督では選手に示しがつかないよ。
  • 20も下の嫁がいるとは知らなかった。女グセは悪そうだね
  • サッカーのマナーも悪かったが、素行も悪いとは。

などのコメントが寄せられています。

初音さんが亡くなり、ラモスさんが非常にショックを受けていたのを覚えていることから、不倫していたということよりも先に、再婚していたことに驚きましたね。

テレビ番組で「再婚なんてしない。同じ墓に入る。生まれ変わっても彼女と結婚する。」などと語っていたにも関わらず、あっさりと再婚するというのもどうなのかなと思ってしまいますが、初音さんの死を乗り越えることができたのは良かったと思います。

しかし、今回の報じられたものに関しては完全アウトで、ラモスさんは本気なのか遊びなのか定かではありませんが、結婚からまだ1年も経っていないにも関わらず、女性2人と食事をしてキスまでしているというのは最低の行為ですし、今後また同様のことを繰り返す可能性が高いことから、奥さんは簡単に許すことなく、きついお灸を据えた方がいいかと思いますね。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjAwMTowMj

    病気になるな
    不倫は必ず報いがある

  2. 2
    匿名 より:
    ID:MjE4OTcwMjQ=

    サッカー指導者としての実績をもっと残せよ!過去の栄光の方が色濃いよ。日本語も日本で指導するならもっと上手くなる必要があるし。 不倫にいそしんでいられるほどには指導者の実績積んでない。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について