ゲス不倫発覚の自民党・宮崎謙介議員が宮沢磨由との密会認め謝罪&議員辞職表明! 他の女性関係発覚で妻の金子恵美とは離婚へ?

自民党の宮崎謙介衆院議員

10日発売の週刊誌『週刊文春』によって「育休国会議員の“ゲス不倫”撮った」という見出しで、グラビアタレント・宮沢磨由さん(34)との不倫交際疑惑を報じられた自民党の宮崎謙介衆院議員が12日、衆議院第二議員会館で会見を行い、宮沢さんとの不倫を認めて謝罪し、議員辞職を表明しました。

<↓の画像は、会見で深々と頭を下げる宮崎謙介議員の写真>
不倫謝罪・議員辞職表明の宮崎謙介衆院議員が頭を下げて謝罪していた場面

会見で宮崎議員は宮沢さんと不倫に至った経緯に付いて説明し、1月4日の今国会開会日に、議員会館で着物の着付けをしてくれた中の1人が宮沢さんで、その時に初めて会ったといい、その後SNSを通じて宮沢さんの方からメッセージをもらい、連絡のやり取りが始まったとのこと。

<↓の画像が、不倫相手の宮沢磨由さんの写真>
宮崎謙介衆院議員の不倫相手・宮沢磨由

それから電話やメールなどでやり取りを行い、これまでに宮沢さんと会ったのは3回だと記憶しているといい、1月末に自宅がある京都で密会したのが最後で、現在は連絡を取り合ったりはしていないそうです。

この件について、妻で同じく自民党の金子恵美衆院議員にも一部始終を説明し、謝罪したといい、「産後直後にも関わらず、妻に対しては大変酷なことをしたと大変深く深く反省をいたしております。実は大変な出産でございました。産後が思うように回復をしておりません。これから、妻と子供に対し改めてしっかりと謝罪をし、一生涯償ってまいりたいと思っております。」と語りました。

<↓の画像が、妻の金子議員の写真>
宮崎謙介衆院議員の妻・金子恵美

またこの会見で報道陣から「週刊誌で報じられている以外にも結婚後に女性と不適切な関係があったか」という質問をされているのですが、これに対して宮崎議員は「女性とそういう関係があったことは否定はいたしません」と他にも不適切な関係があった女性がいた事を明かし、「ここから先の話は私だけのことではなくなってきますので」と詳細については説明せず、「どうかご勘弁いただきたい。私自身も本当に深く反省いたしております」と謝罪。

さらに宮沢さんとの不倫交際は“ハニートラップ”だったのではないかという疑惑も浮上していましたが、「私自身の方で気を持たせるようなコミュニケーションを取ったことは否定をしません」と語り、この疑惑を否定。

妻との離婚の可能性については、「離婚は私が決める話ではない。できれば私は妻とこれからも一緒に生活をしていきたいと思っているが、そんな虫のいい話は、ないだろうなとは思ってもいる」と話し、離婚の可能性があることを示唆しています。

そんな宮崎議員に対してネット上では、

  • 本当に情けない。こんな人に税金も、時間も使いたくない!
  • 辞職表明、当然です。経歴にも怪しい部分があるだけに、いいタイミングでの辞職かもね
  • これからは専業主夫かと思ったけど、離婚の可能性もありそうだな。まあ自業自得だわ
  • ショックで母乳が止まってしまうこともあるから、生まれてきた赤ちゃんにも酷いことしたと思うよ。
  • わりと高齢だし産後はきついんだよ。なのに旦那は不倫がバレて仕事無くすわけでしょ…赤ちゃんに集中したいはずなのにストレスばかり…一体何やってんだかな…

などのコメントが寄せられています。

宮崎議員は金子議員と昨年結婚し、2月5日午前には第1子となる長男が誕生しているのですが、出産のために入院中の1月30~31日にかけて宮沢さんと京都の自宅で密会していたことを『週刊文春』に報じられました。

関係者によると、その後妻が入院している病院で話し合いを持ち、「洗いざらい話しなさい」と問い詰められた宮崎議員は不倫を大筋で認めて謝罪。

妻から「やり直す気はあるの」と問われると「やり直したい」と答えたといい、妻からは「恥をかいてきなさい」と会見で説明責任を果たすように求められたとのことです。

そして、12日に会見を行い不倫を認めて謝罪し、議員辞職も表明したわけですが、宮崎議員は国会議員の育児休暇制度化に向け、男性国会議員として初めてとなる「育児休暇取得」を妻の出産に合わせて表明していたにも関わらず、自らこのような騒動を起こしたわけですから、議員を辞職するのは当然のことでしょう。

また今回の会見で離婚の可能性を示唆していたようですが、宮崎議員は加藤紘一元自民党幹事長の長女・加藤鮎子衆院議員(36)と2006年に結婚したものの、2009年に離婚をしており、その離婚理由というのも女性問題だと一部で報じられています。

さらに『東京スポーツ(東スポ)』も宮崎議員の女癖の悪さを報じており、キャバクラ嬢や党の受付嬢など、女性を見ると片っ端から口説いて回っている、あれはもう病気だと自民党関係者の証言を掲載。

今回の会見でも宮崎議員は、宮沢さん以外にも不適切な関係の女性がいたことを明かしており、再び病気が再発するのも時間の問題かと思いますので、金子議員はさっさと離婚してしまった方がいいかもしれません。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjQwZjo3ZT

    嫁も不倫 その嫁も不倫でさよなら 不倫王子

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について