misonoと華原朋美の番組ケンカトラブルに批判殺到! ネットでは「話題作りに必死」「痛々しい」「茶番」と酷評

misonoと華原朋美

歌手でタレントのmisonoさん(本名=神田美苑 31歳)が、3日からTOKYO MXでスタートした音楽情報バラエティ番組『音ボケPOPS』のオープニングにて、番組MCの歌手・華原朋美さん(本名=下河原朋美 41歳)と口論を繰り広げ、15日に更新したブログでこの時のことを振り返りながら、結果的に番組のスタッフから「この組み合わせにして、大成功&大正解だった」と言われたことなどを明かしていたのですが、何かとお騒がせな2人であることから、ネット上では「痛々しい連中だ」「とんだ茶番だな」などといった冷め切った声が上がっています。

『音ボケPOPS』は今年9月までBS-TBSで放送されていた番組だったのですが、10月より関東圏の一部地域などで視聴可能なTOKYO MXに移動し、さらにmisonoさん以外のレギュラー陣を総入れ替えしました。

新たにフリーアナウンサーの宮崎宣子さん、お笑いコンビ・ダイノジの大谷ノブ彦さん、サッカー解説者の松木安太郎さん等がレギュラーに加わり、華原さんが新レギュラーMCに起用されたのですが、3日の放送でmisonoさんが華原さんに「こんなにオバチャン感強かったでしたっけ?」と先制攻撃し、それに対して華原さんは、他局でmisonoさんに無視されたと主張するなどの口論を繰り広げました。

そして、この時のことについて15日に更新したブログにて、「まさか、初回の収録で、始まってすぐに、言い合いになるとは、思ってもいなかった(笑)」と振り返りながら、「スタッフさんは“心配する”どころか“大爆笑”で、『この組み合わせにして、大成功&大正解だった』との事でした!」と2人の言い合いで番組を盛り上げ、スタッフから褒められたことを報告。

また、「あき時間には、すでに和気あいあい!なので、結果、結局『楽しかった』です!」と華原さんとは空き時間で打ち解けていたことを明かし、以前よりmisonoさんは華原さんの歌が好きで、カラオケでよく歌うことや異動の車でもリピートして聞いていることも明かして「もっと仲良くなりたい!」とアピール。

一方の華原さんは番組終了後、Twitterで「私はmisonoちゃんが大好きです」とツイートしていたのですが、misonoさんと言えば30歳で芸能界を引退すると宣言していたものの、その後理由をつけて現在でも活動を継続。

<↓の画像は、misonoさんの30歳引退宣言>
misonoの30歳引退発言

華原さんは元彼氏で音楽プロデューサーの小室哲哉さんを絡ませたネタで話題を振りまき、さらにお互い空気を読めない言動が多いことから頻繁に炎上騒動を起こしています。

<↓の画像は、小室哲哉さんと華原さんのツーショット写真>
華原朋美と小室哲哉

そうしたことから今回の2人のやり取りに対してネット上では、「完全に話題作りだな」「どっちも必死だね…」「自己中と情緒不安定のコンビでお似合い」などの声が上がっており、さらに2人の口論がスタッフにウケ、褒められたことを明かしていたことから、「現場の雰囲気だけで判断するから、テレビ業界は世間の需要から逸れていくんだな」と鋭い指摘もあります。

お2人のファン以外の多くの方が、どうでもいい、勝手にやってくれといった気持ちかと思いますが、お2人はどうにかして話題を作りたいと思っているのでしょうね…。

ちなみに、misonoさんのブログによると、今後お2人は食事とカラオケに行く予定のようで、さらに2回目の放送では華原さんがmisonoさんとコラボしてみたいといい、それに対してmisonoさんは感動、感激したと喜んでおり、今後もしかするとこの2人でコンビを組んで活動する可能性もありそうです。

世間から嫌われている者同士であるものの、歌唱力はあるお2人なので少し楽しみではあるのですが、恐らくバッシングの嵐となることでしょうね…。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MzQwMDYxMzUx

    Misonoも華原も嫌われ者のレッテルを貼られるぞ、華原もMisonoも人間として問題あり!!

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について