高知東生容疑者の妻・高島礼子が主演の『女たちの特捜最前線』第1話視聴率発表! 夫の逮捕を受けて応援の声が殺到

女たちの特捜最前線

女優・高島礼子さん(51)が主演を務めるドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系 木曜20時)が21日よりスタートし、初回平均視聴率が11.6%(関東地区)だったことが明らかとなりました。

高島さんの夫で、元俳優の高知東生容疑者(本名=大崎丈二 51歳)が覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されるというトラブルがあり、放送が取りやめになる可能性もあると一時囁かれていましたが、予定通り放送されることが発表され、大きな注目を集めていました。

瞬間最高視聴率は、放送開始時間の20時ちょうどで13.9%を記録し、ネット上では「無事に放送された」「高島礼子には頑張ってほしい」「高島礼子さん応援したくなってしまってなんかドラマ見てる」、「高島礼子さまの刑事ドラマ、無事に放送されて本当によかった」などといったコメントが多く寄せられていました。

このドラマは、昨年12月にテレ朝の「土曜ワイド劇場」枠(土曜21時)で、『女たちの特捜最前線~警察食堂極秘会議』というタイトルで単発放送されて平均視聴率12.4%を獲得し、7月から連ドラ化したもので、高島さんが演じるのは京都中央警察署の総務課に勤務する警察官・室町京子。

京子は「京都中央署女子会」の会長を務めており、この会のメンバーで広報課に勤務する一条弥生(宮崎美子さん)、食堂勤務の嘱託署員・八坂美鈴(高畑淳子さん)の3人が、警察署内でゲットした極秘の捜査情報を持ち寄り、井戸端捜査会議を繰り広げながら事件の謎を解き、真犯人を暴いていくという内容となっています。

<↓の画像左から高島礼子さん、宮崎美子さん、高畑淳子さん>
テレビ朝日ドラマ『女たちの特捜最前線』出演の高島礼子、宮崎美子、高畑淳子

この3人の他に、相島一之さん、渡辺いっけいさん、飯田基祐さん、冨家規政さん、近野成美さん、増澤ノゾムさん、杉浦琴乃さん、泉川実穂さんらも出演。

第1話では、京都中央警察署の総務課に勤務の京子が、京都府警女子会のメンバーである弥生、美鈴とともに、旅行代理店のコーディーネーター・須賀里美(渡辺えりさん)が企画した女子会が主催の親睦旅行の下見として、京都の保津峡を訪れる。

京子たちは渓流を舟で下る保津川下りに大興奮していると、交番勤務の巡査・西村稔(北口裕介さん)がパトロール中に何者かに刺殺されたという連絡が入り、署に戻って捜査会議でお茶を配っていた京子は、2ヶ月ほど前に「西村は人殺し」と書かれた差出人不明の手紙が署に届いていたことを思い出し、弥生も1ヶ月前に西村と若い男(忍成修吾さん)がモメているのを目撃していた

しかし、西村は評判が良く、トラブルとは無縁の人間だというのですが…という展開となっていました。

そして、第1話終了時点でネット上では、

  • 3人のやりとりが好き。面白い。高島礼子さん応援してます、頑張って下さいね、これからも見ます
  • プライベートと仕事は別、というプロ意識で頑張っている高島さんはホントに素晴らしい。
  • 高島さん、負けないで頑張ってください。ドラマ面白かったですよ。
  • 高島礼子さん、がんばって!ドラマ毎回みることで応援します。共演者にも恵まれてるように見受けられて、ぜひ頑張ってほしいです。
  • このドラマ、確か以前2時間ものでやってたんだよね。面白かったから連ドラにならないかなぁと思ってたから超嬉しい。旦那さんの事で意気消沈だとは思うけど、ぜひぜひ頑張って欲しい。

など、高島さんに向けた激励のコメントが数多く寄せられています。

また、ドラマの内容についてはそこまで絶賛されているわけではないのですが、コメディチックな刑事ドラマとして気軽に見られると評価されており、高島さん、宮崎さん、高畑さんとベテラン女優がメインで出演し、安心感もあるとまずまずの評価を得ています。

高知容疑者の逮捕を受けて、高島さんには同情の声が多く集まっており、高島さんのことを応援するために今後もドラマを見続けるといった声が多く上がっているため、今後も大きく数字を下げることも無く、10%台の数字を安定して獲得することが出来そうな雰囲気なのですが、引き続き数字の推移に注目するとともに、19日に使用の容疑で再逮捕された高知容疑者の薬物事件の捜査の行方にも注目したいですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について