鈴木亮平がNHK大河ドラマ『西郷(せご)どん』主演に内定! 堤真一が辞退で抜擢! 西郷隆盛役で再び体重を大幅増量か

鈴木亮平

俳優の堺雅人さん(43)が主演のNHK大河ドラマ『真田丸』が10月27日にクランクアップを迎えたことが発表され、12月18日放送分でついに最終回を迎えるのですが、再来年の2018年に放送される大河ドラマの主演に、俳優の鈴木亮平さん(33)が内定したことが分かったと31日付の『スポーツニッポン』が報じています。

同紙は9月3日に、俳優・堤真一さん(52)が主演に内定したことを独占スクープしたものの、この報道から6日後に『デイリースポーツ』が現在出演者は調整中で堤さんは出演を断ったと報じていました。

新たに主演に内定したという鈴木さんは、身長が186cmで趣味がボクシングということもあって体は鍛え抜かれ、ガッチリとした体格の持ち主であり、“和製ロバート・デニーロ”と呼ばれるほど役作りに対してはストイックで、演じる役に合わせて体重の増量や減量を行っており、主演を務めた昨年10月公開の実写映画『俺物語!!』では、巨漢の主人公・剛田猛男役を演じるにあたり自らでトレーニングプランを作成し、徹底したカロリーコントロールで体重を30キロも増量させています。

そのため、鈴木さんならば巨漢で知られる西郷隆盛のイメージにも近づけさせることはできそうで、ネット上でも『西郷どん』の主演候補の1人として鈴木さんの名前は挙がっていました。

<『西郷(せご)どん』の主人公となる西郷隆盛>
西郷隆盛

『西郷どん』の原作は、小説家・エッセイストの林真理子さんが雑誌『本の旅人』で連載中の『西郷どん!』、脚本は吉高由里子さんが主演を務めたNHK連続テレビ小説『花子とアン』、米倉涼子さん主演の人気ドラマ『ドクターX』シリーズなどで知られる脚本家・中園ミホさんが担当し、鈴木さんは『花子とアン』で吉高さん演じる主人公の夫役を演じており、中園さんと再びタッグを組むことになります。

そして、『西郷どん』の主演が鈴木さんに内定したことに対してネット上では、

  • イメージはあってると思う。また増量と役作りが大変だろうけど頑張ってほしい
  • 主役としては少し弱い気がするが、役作りも演技も上手いこの人なら西郷隆盛を演じきってくれると思うので期待したい
  • 良かった!ジャニーズゴリ押しのキムタクだったら絶対にイメージ違うし嫌だから観ない。
  • 堤真一よりはイメージがあってると思う。ネームバリューは堤真一と比べちゃうとかわいそうだけど若いこれからの役者さんなので頑張ってほしい。問題は脚本だね。
  • あまり無理な役作りは控えた方が。。。役柄が役柄だけに心配。くれぐれも無理のない様に。
  • 雰囲気的には合ってると思うので鈴木さんには期待できるけど、篤姫との恋とか言われると内容に若干の心配が…西郷隆盛が主役なのにメロドラマ風の大河なんてことにならないですよね…
  • 合ってると思うし、個人的にはすごく好きなので嬉しいけど、彼に大河の主役は早いというか荷が重くないかなぁ。これを機にさらにステップアップって感じなのかな。
  • 多分、鈴木亮平さんで決まりだと予想してました。ご本人もいつか大河の主役をやりたいと仰っていたので…。是非観たいけど、もし脚本が面白くなかったら視聴率も上がらないかもしれないし、俳優としてのキャリアに傷がつきそうで心配…

などのコメントが寄せられています。

現時点ではまだ内定で、鈴木さんに正式決定ではないものの、これまで様々な役を演じてきた鈴木さんなら期待できるという声が多く上がっています。

ちなみに、主演候補としてネット上では鈴木さんの他に、東出昌大さん、阿部寛さん、山田孝之さん、長瀬智也さん、沢村一樹さん、竹野内豊さん、照英さん、坂口憲二さん、荒川良々さん、伊藤英明さん、小澤征悦さん、江口洋介さん、高嶋政伸さん、田口浩正さん、大沢たかおさん、佐々木蔵之介さんらの名前が挙がっていました。

これまで大河ドラマや時代劇では、西田敏行さんや里見浩太朗さんらが西郷隆盛役を演じているのですが、肖像画のイメージなどから恰幅が良くて大きい目に太い眉という印象が強く、鈴木さんとは少しイメージが違う気がするものの、『西郷どん』の脚本を担当する中園さんは「西郷隆盛という人物は謎に満ちています。決して聖人君子ではない。太った愚鈍な男でもない。戦の天才で革命家。」とし、「一つ確かなのは、男にも女にも大層モテたということ。子供も学者も侍も殿様も彼と触れ合い、語り合った者は皆、西郷に惚れた。一体どんな魅力だったのか!?」「セゴドンという男の魅力に、女の視点で切り込みます」と語っており、これまでとは違った視点から西郷隆盛の姿を描いているようですし、鈴木さんは『俺物語!!』でも剛田猛男役を見事に演じきっていたため、違和感なく演じきってくれると思われます。

再び役作りのために体重を増加させる必要がある可能性があり、大河ドラマの撮影は1年以上にわたって行われることから体力的にかなりきついものがあるかと思うのですが、頑張ってほしいですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について