視聴率低迷でテレビ東京の『そうだ旅(どっか)に行こう。』『ピラメキーノ640』が終了、水曜ミステリー9枠の廃止などが決定!

そうだ旅(どっか)に行こう

31日にテレビ東京とBSジャパンの改編説明会が行われ、10月期から火・水曜日のゴールデンタイム(19時~22時)の強化を中心とした番組改編を行うことが発表されました。

テレビ東京ではこれまで他の民放各局とは違った路線の番組を放送し、視聴率を少しずつ伸ばしてきましたが、今年4~7月の視聴率が昨年の上半期(4~9月)と比較してゴールデン帯、プライム帯(19時~23時)、全日帯のいずれも下回っており、中でもゴールデン帯が0.5%減で下げ率が最も大きく、落ち込みが激しい火・水曜日の番組をテコ入れすることになりました。

まずウッチャンナンチャンの内村光良さんがMCを務めていた旅バラエティ番組『そうだ旅(どっか)に行こう。』(毎週火曜 18時57分~19時54分)は終了となり、10月からはこれまでに7回特別番組として放送し、6~8%の視聴率を獲得していた『ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV』がレギュラー化。

ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV

ビビる大木さんとおぎやはぎの矢作兼さんがMCで、これまでに何度か深夜枠で放送されているバラエティ番組『家、ついて行ってイイですか?』をレギュラー化し、10月3日より毎週土曜23時55分~0時50分に放送。

家、ついて行ってイイですか

おぎやはぎとオードリーが出演のコント番組『SICKS-シックス- みんながみんな、何かの病気』が10月よりスタートし、毎週金曜日深夜0時52分~1時23分に放送。

SICKS シックス  みんながみんな、何かの病気

この他に、水曜日21時の2時間サスペンスドラマ枠「水曜ミステリー9」は廃止となり、10月から新たに「水曜エンタ」という枠を新設し、人気の特別番組を放送していくとのこと。

また、お笑いコンビ・はんにゃ、フルーツポンチなどが出演し、毎週月曜~金曜日18時40~45分に放送されていた子供向け番組『ピラメキーノ640』は10月2日で終了し、新番組として同局の紺野あさ美アナウンサーがMCを務め、勉強を後押しする番組『合格王!(仮)』を10月5日よりスタートさせるそうです。

ピラメキーノ640

これにネットでは、

  • そうだ旅に行こうはマンネリ気味だったからね。たまの特番に出川が出るくらいがちょうどいいかも。
  • 他局と似た番組が増えてきた感ある。独自路線が良かったんだからその方向で行くべきだが。
  • 深夜放送だったからこその良さってあると思う。深夜枠からゴールデン枠になってつまらなくなった番組は、数え切れない程ある。だからこそ、非常に残念。深夜枠のままだったら、見てたなぁ。。色々な都合で、しょうがないんだろうけど…
  • 最近のテレ東は裏の民放と似た感じになってるような…。視聴率狙いミエミエのやり方とか、普段でも特番乱発みたいに。
  • 深夜番組のゴールデン移動、単発のレギュラー化。他局がテコ入れで失敗してきたパターンをあまり踏まないでほしい

などのコメントが寄せられていました。

『そうだ旅(どっか)に行こう。』は、テレビ東京らしいゆる~い感じの番組だったことから、個人的には好きだったので終了してしまうというのは非常に残念なところなのですが、今年に入ってからの視聴率を見てみると最低視聴率は3.8%、最高は7.1%で、6%前後の数字で推移し、10月からスタートする『ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV』の方が若干高い数字を獲得していることや、視聴者の間でもマンネリ化が囁かれていたため、これもしょうがないのかもしれないですね。

内村さんがMCを務めている『笑神様は突然に…』(日本テレビ系)も9月で打ち切られることが先日明らかとなり、10月の番組改編で2本もレギュラー番組が打ち切りとなり心配なところですが、内村さんは高視聴率番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)の他、『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』(NHK)、『トリックハンター』、『スクール革命!』(共に日本テレビ系)、『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)などのレギュラー番組を持っており、それほど大きな問題は無いのでしょう。

しかし、週刊誌『週刊実話』が、来年3月までに日本テレビ系のレギュラー番組が半分以下になる可能性も取り沙汰されているとし、『トリックハンター』と『スクール革命』を終了しようとする話が浮上していると報じていました。

こうした話が浮上している理由は、赤字を出している高い番組制作費が原因だそうで、『笑神様は突然に…』は1本約2000万円、『トリックハンター』は約1500万円、『スクール革命!』は約800万円で予算を組んでおり、まずまずの視聴率を獲得しているものの、制作費の赤字を絶対に許さない日本テレビとしてはNGで、スタッフはこれまで番組を継続するために人件費やロケ費を削減したものの赤字が止まらず、最後に辿り着いたのが内村さんのギャラだったとのこと。

内村さんのギャラは現在1本200万円~なのだそうですが、内村さんの事務所は値引きに応じず、それに加えて有名なマネージャーが演出にまで口を挟んでくるため、高視聴率番組『世界の果てまでイッテQ!』を担当し貢献しているものの、もう限界だという結論に達したとのことです。

これに対して内村さんサイドも困惑し、極秘裏にギャラの値下げに応じる可能性もあると報じているのですが、立て続けにレギュラー番組が打ち切りとなり、このような噂も浮上し、今後が少し心配になりますね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    つっこみくいーん より:
    ID:MjA4OTk4Nzk3

    長続きしてるテレ東系番組といえば、ポケモンと鑑定団くらい。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について