米倉涼子とビートたけしが共演『ドクターX』スペシャルの視聴率が大台突破! 内容に不満の声も第4シリーズに期待

『ドクターX』スペシャルで共演の米倉涼子とビートたけし

女優・米倉涼子さん(40)が主演の人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』のスペシャル版(21時00分~23時10分)が3日放送され、平均視聴率が22.0%(関東地区)と高視聴率を獲得したことが明らかとなりました。

また、瞬間最高視聴率は23時4分に記録した25.8%で、Hey! Say! JUMPの伊野尾慧さんが演じたフィギュアスケーター・氷室光二郎が、大会でクアッドアクセルを決めてガッツポーズし、それに米倉さん演じる大門未知子が大喜びしたシーンでした。

『ドクターX』は、特定の病院や医局に属さないフリーランスの天才外科医・大門未知子が、金と欲にまみれた病院組織にメスを入れていく医療サスペンス。

シリーズ初となるスペシャル版で大門の敵役となる「クロス医療センター」の病院長・黒須貫太郎を演じたのはビートたけしさん、CTEPH(慢性血栓塞栓性肺高血圧症)を患っているフィギュアスケートのメダリスト・氷室光二郎役を伊野尾さん、金沢のマタギ・赤木源役を青木崇高さん、寿司店の女将・桃井富世役を橋本マナミさん、その他にレギュラー出演者の岸部一徳さん、勝村政信さん、鈴木浩介さん、遠藤憲一さん、西田敏行さんらも出演していました。

そして、これに対してネット上では、

  • 面白かったけど、マタギとのやり取りは必要なかったかな?もっとクロス医療VS国立高度医療とのやり取りを全面に出した方が良かった。
  • 2時間ではどうしても詰め込み過ぎの感がある。蛭間と大門のバトルもなかったし…連ドラでは2人の掛け合い、黒須の右腕を未知子が手術した上で再び対決するか見てみたい。10月のseason4、期待してます!
  • たけしさんの演技もよかった。みるつもりなかったけど、入り込んでしまった。
  • 面白かったんですが、SP物はちょっと長い、個人的には一時間が良い
  • 期待が大きかっただけにSPはちょっとつまらなかった。たけしのキスシーンだけが印象に残ったね。10月からの連ドラは楽しみだ。
  • 今回は賛否両論あろうが、やっぱ ヒーロー物は いい。現実には 有り得んのだろうけど、せめてドラマくらい・・・って有り得ないことも許せる。
  • 内容がちょっとショボイというか羽生かぶせが露骨と言うか・・・。でも本編はSPのようなことはないだろうから期待

などのコメントが寄せられています。

シリーズ初となるスペシャル版に対しては、面白かったと好評価する声も多く上がっているのですが、これまでの連ドラとの比較や第3シリーズが終了してから約1年半ぶりの復活に期待値も高かったため、物足りない内容だったという声も見受けられます。

それにしても平均22%という高視聴率を記録しており、主演の米倉さんはこの間にプライベートでゴタゴタがあり、様々な懸念がありましたが、これであれば10月よりスタートする第4シリーズにも期待が持てますね。

2014年10月期放送の第3シリーズの初回平均視聴率は21.3%、その後も20%台の数字をキープし続け、最終回では27.4%という高視聴率を記録。

この数字はSMAP・木村拓哉さん主演の月9ドラマ『HERO』(フジテレビ系)の第2シリーズで初回に記録した26.5%を上回り、2014年に放送された民放のドラマの中で最高となっていたのですが、第4シリーズでも民放ドラマトップの数字を獲得できるのかに注目したいところです。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について