玉木宏が主演のフジテレビドラマ『キャリア~掟破りの警察署長~』が大コケ濃厚? 織田裕二が主演『IQ246』に視聴率で惨敗?

玉木宏

俳優の玉木宏さん(36)が主演のドラマ『キャリア~掟破りの警察署長~』が10月9日よりスタートするのですが、早くも大コケしそうだという声が相次いでいるといいます。

このドラマは、市民から身近な存在のキャリアの警察署長が、実際に街で事件に立ち向かう姿を描いており、玉木さん演じる主人公の遠山金志郎は、ひょうひょうとした性格をしていて、気になることがあると自ら街に出て、身分を隠して殺人や窃盗、ストーカー、いじめ、隣人トラブルなど、様々な事件を解決に導いていく“平成版遠山の金さん”とも言えるキャラクター設定となっています。

玉木さんの他には、ヒロイン役で女性刑事役の瀧本美織さん、ノンキャリアの現場第一のベテラン刑事役で高嶋政宏さん、さらに白州迅さん、半海一晃さん、知花くららさん、平山祐介さん、勝矢さん、駒井蓮さん、松本岳さん、柳沢慎吾さん、近藤正臣さんが出演。

そして、このドラマに対してネット上では、「見る理由が見つからない」「TBS干して、こっち見る人いるの?」「派手にコケそう」などといった声が上がっており、低視聴率ドラマとなってしまうのではないかと不安視されています。

このドラマは今年4月に復活したフジテレビの日曜ドラマ枠(日曜21時~)で放送されるのですが、10月期はTBS系で同時間帯に織田裕二さん、ディーン・フジオカさん、土屋太鳳さん、中谷美紀さんらが出演するドラマ『IQ246~華麗なる事件簿~』が放送されます。

織田さんが演じるのは、膨大な知識量を誇る風変わりな天才貴族の役で、抜群の推理力で難事件に挑んでいく1話完結型のオリジナルミステリーとなっており、『キャリア』と若干内容がカブっていて、『IQ246』の方が出演者が豪華ということから、負け戦になるのではないかとみられています。

また、低視聴率を記録するのではないかと不安視される原因は他にもあり、今年4月期に日曜ドラマ枠で放送された芦田愛菜さん、シャーロット・ケイト・フォックスさんW主演の『OUR HOUSE』は、初回平均視聴率が4.8%、最終回は3.3%、全9話の期間平均は4.5%と大コケ。

7月期に放送されたHey! Say! JUMPの中島裕翔さん主演の『HOPE ~期待ゼロの新入社員~』についても、初回6.5%、最終回が6.6%、期間平均が6.1%で、こちらも大コケしています。

さらに、玉木さんは2015年1月期にフジテレビの水10枠(水曜22時~)で放送された『残念な夫。』で主演を務めていますが、初回が9.4%と2ケタに届かず、その後は6~8%で推移し全10話の期間平均は7.7%と低視聴率に終わっています。

同3月に放送されたスペシャルドラマ『天才探偵ミタライ~難解事件ファイル「傘を折る女」~』についても、平均視聴率は8.6%と2ケタに届かず、この作品は今年6月に映画化されたものの、公開初週末の興行成績ランキングで初登場12位とTOP10圏外で、興行収入は4,418万2,200円という残念な結果となっていました。

2015年度下半期放送のNHK連続テレビ小説『あさが来た』に出演していた玉木さんは、波瑠さん演じる主人公の夫役を演じ、その演技が好評で女性ファンを増やし、俳優としての評価も上がったと感じられたものの、現時点で世間の反応を見てみると微妙なところで、『キャリア』はコケるのが濃厚とみられているのですが、その予想を覆すような結果を残すことが出来るのかどうか注目したいですね。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について