武井咲が主演のドラマ『せいせいするほど、愛してる』『瀬戸内少年野球団』視聴率が大コケ終了! ゴリ押しや大根演技批判減少も…

武井咲

女優・武井咲さん(22)が主演、相手役を“タッキー”こと滝沢秀明さん(34)が務めたドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS系 火曜22時~)が20日最終回を迎え、平均視聴率が9.1%だったことが明らかとなりました。

武井さんと滝沢さんは初共演、滝沢さんが連ドラに出演するのも2009年7月期放送の『オルトロスの犬』(TBS系)以来7年ぶりということから注目を集めていたのですが、初回平均視聴率は9.3%と、今期民放のゴールデン・プライム帯に放送のドラマの中では3番目に低い数字でスタートしました。

<TBSドラマ『せいせいするほど、愛してる』>
TBSドラマ『せいせいするほど、愛してる』

さらに、その後も数字を伸ばすことが出来ずに7~9%台で推移し、全10話の期間平均視聴率は7.9%。

今期は同時間帯にフジテレビ系で、波瑠さんが主演の『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』が放送されており、両者の視聴率対決に注目が集まっていましたが、ONが勝ち越して全9話の期間平均視聴率は8.1%で、武井さんの敗北となっています。

そんな武井さんは、17日放送のスペシャルドラマ『ドラマスペシャル 瀬戸内少年野球団』(テレビ朝日系 21時~)でも主演を務めたのですが、平均視聴率はたったの6.9%とかなり厳しい結果に。

<テレビ朝日ドラマ『瀬戸内少年野球団』>
テレビ朝日ドラマ『瀬戸内少年野球団』

この作品は、1984年6月に女優・夏目雅子さん(享年27歳)主演で映画化されていて、1985年9月に亡くなった夏目さんにとっては遺作にあたり、渡辺謙さんの映画デビュー作でもあり、日本の映画史に残る名作と言われています。

そんな作品で武井さんが主演を務めることが発表されると、ネット上では批判が殺到していたのですが、案の定の結果となってしまいました。

武井さんは、所属事務所『オスカープロモーション』に猛プッシュされている女優として知られており、ここ数年は年に複数のドラマや映画に出演し、それがあまりにも多いことから“ゴリ押し”などと揶揄され、出演作が軒並み低視聴率を記録していることから“低視聴率女優”とも称されています。

武井さんは今年も1月気放送のTOKIO・長瀬智也さん主演『フラジャイル』(フジテレビ系)、7月期に『せいせいするほど、愛してる』、スペシャルドラマ『瀬戸内少年野球団』、さらに24日から放送が開始される土曜時代劇『忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~』(18時10分~同45分 全20回)で、NHKのドラマに初主演することが発表されていますが、どの作品も低視聴率に終わっていることから、『忠臣蔵の恋』についても大コケするのではないかと放送前から不安視されています。

<NHKドラマ『忠臣蔵の恋~四十八人目の忠臣~』>
NHKドラマ『忠臣蔵の恋』

相当な数をこなしてきたこともあり、演技が徐々に上達してきている、上手くなってきているなどと言われ始めている武井さんですが、果たして『忠臣蔵の恋』では良い結果を残せるのか、それとも他のドラマ同様に大コケして再び叩かれることになるのか、注目していきたいですね。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjQwZjowMD

    確かに低視聴率女王だけど別にいまはこの人に限ったことではない

  2. 2
    匿名 より:
    ID:MjE4OTk1MTE=

    一年ごとに剛力彩と交代でゴリ押しすりゃいいじゃん!オスカーのお家芸だろ?(笑)

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について