栗原類が発達障害の注意欠陥障害(ADD)だということを『あさイチ』で告白! 天才肌で有名人にも多い?

栗原類

V6の井ノ原快彦さんとNHKの有働由美子アナウンサーが司会を務める情報番組『あさイチ』(NHK)に、“ネガティブすぎるイケメンモデル”としてブレークしたモデル・タレントの栗原類さん(20)がゲスト出演し、発達障害の一つである「注意欠陥障害(ADD)」であることを告白しました。

25日に放送された番組内では「増加!夫の発達障害 苦悩する妻」という特集があり、そこで栗原さんはアメリカに過ごし始めた8歳の時に、担任の教師から行動におかしい部分があるため医師の診断を受けてみてはどうかと言われたそうで、医師の診断の結果ADDであることが分かったとのことです。

そして、栗原さんはADDの症状について「人に合わせなかったり、家出る時間をぴったり決めたり、水を飲まないと授業に参加しないとか、すごいこだわりがありました」と具体的に明かし、現在でも「冷蔵庫の中で、いつもお茶が置いてある場所に違うものがあると気持ち悪くなって置き直してしまう」といった症状は残っているそうです。

しかし、栗原さんはADDについて親や主治医からもきちんと説明を受けたそうで、「弱点というか、自分ができることとできないことがより分かりやすくなった。そういう周りの環境があるから、今がある」とも語っていました。

これにネットでは、

  • 「ああ、そうだったんだ」という感じで特に違和感が無い。彼はその特性を良い方向に生かしてると思うし、昔から天才と言われる人には多かったという話だし、他人と違うからこそ出来ることもあるもんね。公表したことでもっと生きやすくなるかもね。
  • 中々カミングアウトするには勇気があったと思うよ。ただ見ている人の何人かはその様に思っていたと思うのも事実。でも今は立派に仕事をしているのだから特別問題は無いでしょう。
  • 言われてみればそんな感じかなと思ってしまう。仕事も出来てるのだし、これからも頑張って
  • 英語も堪能だし、専門分野を持っている強みがあるので、モデル・タレントのお仕事だけではなく通訳者やライターとしても普通に稼げそうですねー。
  • 能年玲奈とかも似たような感じだね。ある意味では天才肌なんだと思うよ。

などのコメントがありました。

ADDは、「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」と同じように多動性、不注意、衝動性などの症状を特徴とする発達障害の一つとなるのですが、ADDの場合は多動性が少ない不注意優勢型である場合が多く、どのような症状の特徴があるかというと、注意力を維持しにくく気が散りやすい、物忘れや約束、締め切りなども忘れる、時間感覚がズレており遅刻が多い、話を聞き取るのが下手で内容を覚えるのに時間が掛かる、計画を立てたり、情報をまとめること、仕事や作業を順序立てて行うことが苦手で、課題や業務をやり遂げることが出来ない、同時に複数の仕事をこなすことが出来ず、パニックを起こす、自己への好意が低く不安を感じる、批判に対して傷つきやすい、気分にムラがある、感情の整理が出来ず独り言をつぶやいたり、思い出し笑いをする等があります。

こうした症状があるものの突出した能力を持っている方もおり、有名人の中にもADHDなどの発達障害を持っている方は多くいて、4人組バンド「SEKAI NO OWARI」のボーカル・Fukaseさん、アメリカの競泳選手でオリンピック金メダリストのマイケル・フェルプス選手、アメリカのジョン・F・ケネディ元大統領、発明家のトーマス・エジソンさんもADHDや発達障害の一つ「アスペルガー症候群」だった等の説があるそうです。

この他にもまだまだ発達障害であるものの、天才的な能力を活かして活躍している方は多くおり、障害と上手く付き合い、秀でている部分を上手く活かすことが出来れば、才能を開花させることが出来るのかもしれませんね。

そして、栗原さんも8歳の時にADDと診断され、周りのサポートを受けながらこれまで上手く付き合ってきたことによって、モデル、タレントなどとして活躍する事が出来たのでしょう。

一時期に比べると栗原さんの露出量も減ってきてはいますが、20歳と若くまだまだこれからのため、今後の更なる活躍に期待したいですね。

関連記事

3件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjAwMToyNj

    エガちゃんまたやって

  2. 2
    あはははははは より:
    ID:MjU3OTk3NDU1

    この人久しぶりに見たわ

  3. 3
    匿名 より:
    ID:MzcwMDU2NjMw

    こういう人って、人とのコミュニケーションが苦手そう。
    神経質っぽい。
    でも、これが彼の個性。
    偏見や差別は良くないよ。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について