日本テレビ『お迎えデス。』低視聴率で打ち切り、1話分カット? 福士蒼汰の主演ドラマ大コケ連発で仕事に影響?

福士蒼汰さんと土屋太鳳さんが共演している連続ドラマ『お迎えデス。』(日本テレビ系)の打ち切りが決定し、1話分をカットして終了を迎えるとニュースサイト『サイゾーウーマン』が報じています。

同ドラマは、4月14日と16日に熊本地方を震源に発生した熊本地震の影響により、放送予定だった16日から1週遅れの4月23日からスタートとなったのですが、日程は変ること無く6月18日に放送される第9話が最終回になるようで、当初は全10話の予定で制作されていたことから、1話分カットされたとみられるといいます。

なお、18日放送の最終回については、2時間スペシャルとして放送されることが9日に発表されており、最終回のゲストは観月ありささんとのことです。

<最終回に出演する観月ありささんと土屋さん、福士さん>
福士蒼汰、観月ありさ、土屋太鳳

『お迎えデス。』は、漫画家・田中メカさんによる人気漫画『お迎えです。』を原作のドラマで、福士さんと土屋さんが幽霊を成仏させる不思議なバイトを通じて心を通わせていき…といったラブコメディで、福士さんは映画やドラマに引っ張りだこ状態人気イケメン俳優で、土屋さんは昨年上半期に放送のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『まれ』で主演を務め、注目を浴びている女優。

そんな2人が共演するとのことから注目を集めていた作品だったのですが、初回平均視聴率はギリギリ2ケタの10.3%、第2話は9.3%、第3話は6.9%、第4話は7.9%、第5話は6.7%、第6話は6.9%、第7話は8.2%。

このドラマが放送されている日テレの土曜ドラマ枠(土曜21時00分~)では、今年1月期にKAT-TUNの亀梨和也さんが主演の『怪盗 山猫』が放送され、初回平均視聴率は14.3%、全10話の期間平均視聴率は10.7%。

リアルタイムでドラマを見る視聴者が減ったことなどから、以前に比べて同枠の平均視聴率は下降しているものの、平均的には10%前後の数字を記録しており、ここまで低い数字を記録するのは昨年7月期放送の『ど根性ガエル』以来。

『ど根性ガエル』は全10話だった一方、『お迎えデス。』が9話で終了となる理由は、視聴者からの評判や話題性も乏しかったことからで、それによって打ち切りとなったようです。

主演を務めた福士さんは、昨年7月期放送の月9ドラマ『恋仲』(フジテレビ系)で主演を務めていましたが、初回平均視聴率は月9史上最低の9.8%を記録。

<福士さんが主演を務めた月9ドラマ『恋仲』>
恋仲

後半は10%以上の数字を獲得することが出来ましたが、全9話の期間平均視聴率は10.8%という残念な結果に。

業界内では、主演ドラマが大コケしたとしても1度だけであれば見逃されるそうなのですが、これが2本連続となった場合に、その俳優に対する評価は業界内でガラリと変わってしまうと良い、「数字を持っていない俳優」という烙印を押され、今後連ドラの主演オファーは来ないかもしれないといいます。

また、福士さんの所属事務所『研音』は、これ以上福士さんのイメージを下げないようにするため、メインの役どころでのオファーを避ける可能性もあるとのことです。

そして、これに対してネット上では、

  • 大爆死の原因は福士蒼汰じゃ無くて土屋太鳳でしょ。そこそこ面白いから観てるけど、ヒロインとしてはかなり残念。(見た目も演技も)下町ロケットの時も何故この子?と思った。
  • 何回か見たが福士蒼汰演技ヘタ過ぎ。憑依されて別人格になる演技が特にダメ。
  • ストーリーや脚本が面白くなきゃ誰が演じてもダメでしょ。だいたい今、テレビ自体観ない人が増えてるんだから低くても一定の視聴率が取れていればいいような気がする。
  • すごく良いドラマだと思う。どっかの月9みたいに薄っぺらいラブストーリーじゃないし、人間愛とか家族愛が分かる良いドラマ。だからゲストもいつも豪華な方達が来てくれると思う。視聴率は裏がバレーと重なったりしたので仕方ないと思う。愛がいっぱいあるドラマ。
  • 福士蒼汰は仮面ライダーフォーゼの時から、演技力が疑問だったからな。宇宙キターー‼︎ってか。つーか、身体能力すごいんだよね?アクションシーンがスタント無しでキレッキレだったよ!アクションシーンのあるドラマとかの方が合うんじゃない?
  • ストーリーは悪くないし、配役も言うほどにミスキャストではないと思う。自分的には面白いドラマなんだけどな。視聴率が良いから良い番組、とは限らない。局はもっとテレビの向こうにいる視聴者の事を考えるべきだと思うね。

などのコメントが寄せられています。

福士さんは『仮面ライダーフォーゼ』(テレビ朝日系)で主演を務め、NHK朝ドラ『あまちゃん』では、主演の能年玲奈さんの相手役を演じたことで注目を集めました。

2014年10月期放送の『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)で主演の綾瀬はるかさんの相手役を演じたことでより注目を浴び、昨年ついに月9ドラマで主演を務め、今年も『お迎えデス。』、25日放送のスペシャルドラマ『モンタージュ 三億円事件奇譚』(フジテレビ系)といった作品で主演に起用されているのですが、演技に対して不満の声は以前より多く上がっており、まだまだ実力不足ということなのでしょう。

当然、脚本や演出にも低視聴率になった原因があり、福士さんが主演を務めた2作に対しては、視聴者、原作のファン等から批判的な声が多く上がっているのですが、この結果から今後しばらくゴールデン・プライム帯(19~23時)に放送の連ドラで主演を務めることはなく、2番手以下になるかもしれませんね。

福士さんは23歳とまだまだ若いことから、これから色々な経験をして俳優としてさらに成長し、実力で主演に起用されるような俳優になってほしいと思いますが、果たして福士さんは今後どうなっていくのでしょうか。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について