平愛梨の空気読めない失礼な発言に内田裕也がブチギレ! あざとい言い間違えに批判の声が殺到! 偽天然キャラも浮上することに

平愛梨

天然キャラで人気のタレント平愛梨さん(30)が、11日に放送されたバラエティ番組『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)にゲストコメンテーターとして出演した際に、ミュージシャンの内田裕也さん(75)に対して失礼な発言をしたことから、内田さんが怒りをあらわにし、スタジオ内が一気に張り詰めた空気になりました。

この日の放送は「こじらせてる人大集合!」というテーマで、様々な有名人が次々に登場し、その中の1人として内田さんは出演。

<↓の画像が、内田裕也さんの写真>
内田裕也

平さんは内田さんに何か聞きたいことはあるかと促されると、「思ったより(若く見えた)……テレビで見てると、もうちょっとしわくちゃなおじいちゃんかな…」とコメントし、これに対して内田さんの表情は一変。

内田さんは「この野郎、お前、なんだ、その言い方は。失礼だろ」と明らかに怒りをあらわにし、平さんの隣に座っていた毒舌タレントの坂上忍さんも閉口。

これに焦った平さんは「ちょっと違いますよ、すみません。実際にお会いして若々しかったんでビックリしました。女性のいろんな問題を…噂とかも聞いたことあるんですけど、それが分かる気がしました。お肌もつるつるで、お洋服もジャケットとか似合っているので。すごい感動したというか」と必死に取り繕っていたのですが、これに対してネット上では批判の声が多く上がっていました。

また、平さんはその後に登場したタレントのインリン・オブ・ジョイトイさん(39)のことを知っているか聞かれると、「知ってます。でも最初、アダルトビクトリーの方かと思って」とコメント。

<↓の画像が、インリン・オブ・ジョイトイさんの写真>
インリン・オブ・ジョイトイ

平さんはどうやら、ビデオをヴィクトリーと間違って覚えていたようで、このような発言をしてしまったのようなのですが、これに対してもネット上では「30歳でその間違いは、さすがに無理があるだろ。カマトトぶるな」、「あざとい!狙いすぎ!」、「平愛梨って天然通りこして空気読めなくてイライラする……職場に居たらぜったいに嫌なタイプ」などといった声が上がり、天然キャラも作っているのではないかと疑惑が浮上することに。

<↓の画像は、番組終了後の平さんのツイート>
平愛梨のツイート

このような常識はずれの発言や空気の読めなさによって、批判や呆れる声が多く上がっているのですが、空気を読めないのは今に始まったことではなく、昨年7月に生放送されたスペシャル番組『マジック新世紀セロ生放送SP』(フジテレビ系)にて、イケメンの人気マジシャン・セロさんが披露したマジックをスタジオで見ていた平さんはタネ明かしし、放送事故だと大きな話題になりました。

しかし、芸能界関係者によると、平さんの言動は計算ではなく本当に抜けている方で、愛嬌があるために芸人やスタッフから可愛がられているそうなのですが、世間からは平さんの言動に対して多くの批判が寄せられており、今年5月にバラエティ番組『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』(日本テレビ系)に出演した際に、MCの所ジョージさんから人気企画「朝までハシゴの旅」に挑戦するよう指名されると、ロケに行きたくないと号泣。

また、東野幸治さんとナインティナインの岡村隆史さんが出演の『旅猿』(日本テレビ系)の海外ロケに参加した際、ほぼ初めての海外に緊張し番組冒頭から泣き出すなど、プロ意識が欠如しているという指摘の声も多く上がっています。

平さんは実家が6つもあると以前テレビ番組で明かしていたようで、かなり裕福な家庭に生まれたことや家族に大事に育てられたことから、世間ズレしてしまっている部分があるのかもしれないのですが、平さんは芸能界デビューしてから15年以上経過しており、今年で31歳といい年齢なため、計算ではなく天然だったとしたらかなり痛いものがありますよね…。

美形で愛嬌があり、天然なキャラからバラエティ番組に引っ張りだこ状態の平さんですが、このままの状態では数年後に仕事が無くなる可能性が高く、世間からも批判的な声が多く上がるようになってきているため、そろそろキャラチェンジした方がいいのかもしれません。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 says:
    ID:MzQwMDYxMzUx

    以前には失言問題も起こしている平愛梨、人間としてもプロとしても失格のレッテルを貼った方がいい

  2. 2
    匿名 says:
    ID:NDYyMjM0OTYw

    ヒルナンデス見てる限りでは悪い印象持たないけどなー
    確かに30過ぎてから失言はちょっと考えものだけど

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について