大渕愛子弁護士が金銭トラブルで業務停止の懲戒処分!『行列のできる法律相談所』等の番組出演は見合わせが決定

大渕愛子

バラエティ番組『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)にレギュラー出演するなど、タレント活動を行っているアムール法律事務所の大渕愛子弁護士(38)が2日、依頼者から不当に受け取った着手金など約18万円を返還したなかったとして、東京弁護士会から業務停止1ヶ月の懲戒処分を受けていたことが明らかとなりました。

東京弁護士会によると、2010年10月に30代のシングルマザーの女性から、離婚した元夫が支払うと約束した月5万円の養育費が滞っていると相談を受け、大渕弁護士は元夫と示談交渉するにあたり、着手金17万8,500円、事件終結まで月2万1,000円の顧問料の支払いを依頼者に求め、利益は500万円として成功報酬は1割。

これに対してお金に困っていた女性は、日本司法支援センター(法テラス)が弁護士費用などを立て替える代理援助制度を利用したいと申し入れたため、大渕弁護士は法テラスが定めた着手金と実費の計12万5,000円を受け取るにとどまったとのこと。

この制度には、「法テラスが決定した額以上に受け取れない規定」があるものの、大渕弁護士は依頼者に差額分を着手金の残金などとして、さらに計17万8,500円(着手金7万3,500円、毎月2万1,000円)の支払いを女性に求め、差額分を受け取っていました。

これに対して女性が、追加で支払った分の返還を求めたものの、大渕弁護士は拒否し、2011年10月に弁護士会から法テラス制度の説明を受け、東京弁護士会の副会長から返金を促されて初めてお金を返還したとのこと。

弁護士会による調査に対して大渕弁護士は「制度を知らなかった」と説明をしていたとのことなのですが、弁護士会は「弁護士の品位を失う非行があった」として業務停止1ヶ月の処分を下しました。

そんな大渕弁護士なのですが、これによって『行列のできる法律相談所』への出演を見合わせることを日テレが明らかにしており、「本人並びに所属事務所からの申し出により『行列のできる法律相談所』への出演は見合わせております」と説明し、7日放送分から出演を見合わせているとのことです。

また、情報・ワイドショー番組『白熱ライブ ビビット』(TBS系)で月曜パーソナリティーを務めていますが、「当分、出演を見合わせる」とのこと。

その他にも、『教えて!ニュースライブ 正義のミカタ』(朝日放送)については、同局が「本人と所属事務所からの申し出により、当面、出演を見合わせる」と発表しています。

そして、大渕弁護士は2日に都内で会見を行い「心よりおわび申し上げます」と謝罪をしたのですが、これに対してネット上では、

  • 悪徳弁護士じゃないか。これは終わったわ。弁護士としての信頼ががた落ち
  • 信用ガタ落ち…。こういう弁護士に依頼なんて絶対に嫌だね
  • 弁護士を辞めて貰いたい

などのコメントが寄せられています。

<↓の画像は、会見で謝罪した大渕弁護士の写真>
大渕愛子が謝罪

これまで大々的には報じられてこなかったものの、大渕弁護士が依頼者と金銭トラブルになっていることは数年前から一部メディアによって取り上げられており、大渕弁護士はこの他にも2名の元依頼者とトラブルに発展しており、現在懲戒請求をしているとのことから、これからさらに処分を受ける可能性もありそうです。

テレビ局側は、レギュラー番組への出演をとりあえず見合わせるとのことですが、本業でこのような悪どい金銭トラブルを起こして処分を受けたわけですから、レギュラーからの降板が妥当なのではないでしょうかね。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjE4OTY3NTM=

    元から拝金主義の悪徳弁護士だよ。
    実力無いのにTV出てただけのタレント弁護士。反省してる様に見せかけてるだけ。中国での弁護士活動も下っ端のドブさらいに過ぎないのが事実。上海閥が日本人弁護士に甘い汁なんて一滴たりとて与える訳が無い。最大の売りはギャル化してたことと大学在学中に司法試験に受かった。ただそれだけ。弱い所からむしりとって行くスタイルは昔からのもの。法テラスを知らないなんて言う幼稚な言い訳があるはずも無い初めから確信犯だよ。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について