向井理が主演『神の舌を持つ男』低視聴率で打ち切りの噂? 映画化展開の予定も白紙に? 堤幸彦作品で注目も、批判殺到の事態に

向井理

俳優・向井理さんが主演の連続ドラマ『神の舌を持つ男』(TBS系 金曜22時)が8日からスタートし、初回平均視聴率が6.4%、第2話が6.2%、第3話が5.7%と低空飛行を続けており、そうした中で早くもドラマの打ち切りと、映画化計画の廃止をTBSが検討していると『東京スポーツ』(東スポ)が報じています。

このドラマは、仲間由紀恵さんが主演の『TRICK』シリーズ(テレビ朝日系)、戸田恵梨香さん主演の『SPEC』シリーズ(TBS系)など、数多くのドラマを手掛けてきた演出家・堤幸彦さんが演出で、脚本は『相棒』シリーズや『科捜研の女』シリーズ(テレビ朝日系)などを担当している脚本家・櫻井武晴さんが手掛けています。

また出演者についても向井さんが主演を務め、ヒロイン役を木村文乃さん、その他に佐藤二朗さんらが出演し、そこそこの数字を獲得できるのではないかと期待されていたのですが、初回視聴率6.4%は今期民放のゴールデン・プライム帯にスタートしたドラマの中でワーストの数字。

その後第2話で6.2%と若干下がり、ついに第3話で5%台に突入することとなりました。

今年1月期に同枠で放送された綾瀬はるかさん主演『わたしを離さないで』についても、初回6.2%と低視聴率を記録していたのですが、そこから数字を上げて一度も5%台の数字を記録していません。

東スポによると、当初は「7月期ドラマでトップが取れ、その勢いで映画化も連動するという計画だった。」とのことなのですが、このコケっぷりから映画化計画の白紙を検討するだけでなく、これから5%を下回る可能性もあり、打ち切りの声が早くも上がっているとのこと。

数字がここまで悪い原因として挙げられているのが、向井さん演じる主人公が“絶対舌感”を持ち、度々ベロを出すシーンがあることで、これに対して視聴者からは「ベロ出しが気持悪い」、「キモい」、「ただ不快」などの批判が。

<↓の画像が、気持ち悪いと不評のベロ出しシーン>
『神の舌を持つ男』の向井理

さらに木村さんが演じる役に癖があるため、「木村文乃は好きだけど、この演技は寒すぎる」「木村文乃がただただ、うるさいだけ。(『TRICK』に出ていた)仲間由紀恵って、すごかったんだな……」「松岡茉優なら、もう少し見れたかも」、「木村の演技が寒すぎ。コスプレが痛い」などとの厳しい声が。

<↓の画像は、ゴスロリのコスプレを披露した木村文乃さん>
木村文乃がゴスロリにコスプレ

さらに、ドラマ全体に対して「ギャグも小ネタも寒い」、「ギャグがしつこい」、「脚本も演出も、想像を絶するつまらなさ」、「やりたいことはわかるけど、絶妙につまらない」などの辛辣な声も上がっており、今後更に深刻な視聴率をなる可能性は十分にあります。

視聴率が5%台というのはかなり厳しい状態で、今後のお2人の仕事に悪影響が出る可能性も指摘されているのですが、これに対してネットでは、

  • このドラマは内容がひどい。俳優のせいにしたらかわいそう。
  • これ、アニメなら少しは受け入れられたかもね。銀魂みたいだと思えばあり。最初の10分位でギブ。あとは深夜にやればよかったんじゃない?
  • とっても面白いんですけど、、、この敗因は主役三人のお芝居の間が合ってないので、心地悪い。まぁトリック、スペックでコスリ尽くしたネタなんだもんな
  • 脚本が悪い。出てる俳優はさらし者。

などのコメントが寄せられています。

東スポはこのドラマが打ち切られる可能性があるとしているのですが、ドラマ放送前に全10話の撮影が終了してしまっているようなので、打ち切りによって予定よりも早く終了する可能性はかなり低いでしょうね。

そして、映画化についてなのですが、これについては5月頃に公式サイトで公開していた宣伝動画の中に、企画書が一瞬映り込むシーンがあり、それをよく確認すると『(撮影)3月から6月中旬予定。劇場版はその後7月まで』と記されていたと一部メディアによって報じられており、堤さんの作品でドラマから映画化された作品がいくつもあることや、堤さんはこの作品の構想に20年を費やしたとのことから、ドラマだけでなく映画化もするのだろうと見られていました。

しかし、平均視聴率は26日現時点で民放ワースト2位の低視聴率で推移しており、これで映画化されても大コケするのは目に見えており、EXILEのAKIRAさんが主演の『HEAT』同様に企画が白紙化されるのではないかと思われるのですが、ドラマからの展開があるのかに注目をしたいところです。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MjI0Njg2NDI2

    見る前から想像付いた。コミカルな役ほど難しいものはない、仲間由紀恵、阿部寛、この二人だから、トリックはヒットした。向井、木村、この二人、寒すぎ、何でも使えばいいものではない。

  2. 2
    匿名 より:
    ID:ODI5MDg1Nzk2

    何やっても見せかけだけの宣伝崩れのヌルイ奴。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について