内山信二が『しくじり先生』で過去の最高月収や転落人生を激白! 非行に走り警察に捕まった過去も初告白

内山信二

“内山くん”の愛称で親しまれているおデブタレントの内山信二さん(34)が2日、バラエティ番組『しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル』(テレビ朝日系)に出演し、過去の最高月収を明かすとともに、そこから収入ゼロのドン底生活を送っていたことなどを明かしました。

内山さんは子役出身のタレントで、6歳の時に明石家さんまさんが司会を務めていたバラエティ番組『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)のオーディションに合格し、芸能界デビューしたのですが、この番組で大ブレークしてテレビ番組やイベントに引っ張りだこ状態となり、小学1年生の時には「お小遣い頂戴」の一言で1回5万円をもらっていたそうで、さらに女の子たちをお菓子屋さんに連れて行き、「この1万円でお菓子を好きなだけ買っていい」と豪語し、「女はお金を持っている人が好きなんだ」と思っていたと振り返っていました。

また、高級焼肉店に週5日通い、1年間で焼肉店に約250回行っていたこともあったことや、スタッフにおねだりをしてタクシーチケットを束でもらい、友達と“ドロケイ”をする際にタクシーを使って逃げたこともあったこと、10歳の頃に絶頂期を迎え、10社のCMに出演していた当時の最高月収は3000万円で、年収は億を超えていたことも明かしていました。

<↓の画像は、小学生時代の内山信二さんの写真>
内山信二が小学生時代

当時の内山さんは完全に大人のことをナメていたそうで、当時所属していた事務所は手渡しでギャラを渡すところだったため1年生の時から収入を把握し、両親に対して「アンタたちより稼いでるんですけど!」と暴言を吐いたり、マネージャーには人気ゲームソフト『ドラゴンクエスト』の発売日に並ばせたり、テレビ局のADをエアガンで撃ったりするなどのやりたい放題だったそうです。

そんなワガママの限りを尽くしていた内山さんですが、中学生になると子役としての仕事が減り収入も減少していったものの、金銭感覚は麻痺した状態だったことから、中学2年生の時に彼女が出来るとタクシーで迎えに行き、行きつけの小料理屋や銀座の寿司店でデート、さらには20万円はするシャネルのバッグをプレゼントするなどしていたそうで、これにドン引きした彼女にはフラられてしまったとのこと。

そして、レギュラー出演していた『あっぱれさんま大先生』を14歳の時に卒業となり、それから1年後には仕事がゼロの状態に。

本人いわく「性格の悪いデブ」だったことから、仕事が無くなるとともに周りから友達もいなくなり、高校に進学したもののほとんど出席せずに中退し、引きこもり生活を送っていたといいます。

かつては月収3000万円を稼いでいたものの、収入が無くなり貯金もなかったことから、内山さんはご飯に焼肉のタレをかけて食べる極貧生活を送り、非行に走ったこともあったことをテレビで初告白し、当時の内山さんは金髪などに染め、コンビニの前でたむろしたり、不良仲間とバイクを乗り回すなどしていたそうで、警察に捕まったこともあったと明かしました。

そして、古着屋やガソリンスタンド、引っ越しのアルバイトをやっていたことを明かし、朝から晩まで働いてもらった給料が1万円で、これしかもらえないのかと驚いたそうなのですが、これによって「お金の重みを知り、金銭感覚の崩壊が止まった」とのこと。

一転してドン底の生活を送っていた内山さんは、何度も芸能界を辞めようと考えたそうですが、師匠であるさんまさんから「おい、内山。お前どうせヒマやろ?舞台やるから出てくれ」と言われ思いとどまったといい、「大きな分岐点では必ずさんまさんがいる」「6歳で拾ってもらい、16歳で悩んでいたときもさんまさん。本当に師匠でもあり、恩師でもあり、先生です。感謝してもしきれない」と語っていました。

今回このように過去を振り返った内山さんですが、これに対してネット上では

  • 周りの大人はどうしていたんでしょうね。教育って大事ですね。
  • ギャラで事務所と揉めたりする奴もいるし大金を手にして狂うのは親だね
  • こういう子役で儲かると親がおかしくなるよね。まぁ全部が全部とは言わないけど
  • 結局、内山君が悪かったんじゃなく、親や周りの大人がそうさせたんだね。今の内山君は様々な経験をして成長している感じがした。いい先輩に恵まれた分、恩返ししないとね。
  • 子役出身で、今でも一線で活躍出来てる神木隆之介は、親がしっかりしてたんだろうな…
  • 親の顔が見てみたいわ。ってか、内山の仕事がなくなったからって、生活出来なくなるって、親は働いてなかったのかよ。

などのコメントが寄せられています。

大人をナメきっていたと明かしていた内山さんですが、子役時代にいくらイタズラをしても人を見てやっていたことから「ほとんど怒られていません」と明かし、親を含めて周りが全く注意をしなかったことから性格が歪み、さらに自由にお金を使っていたことから金銭感覚もおかしくなっており、大人がしっかりと教育をしてあげていたらドン底の生活を送ることなくすんでいたのかもしれません。

内山さん以外にも子役時代に大ブレークした方で、自身だけでなく両親などの家族も感覚がおかしくなり、家庭が崩壊してしまったという話を聞きますが、改めてお金の怖さを感じますね…。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MzUzMjE2OTQ4

    いい話しでしたよ。同じ一万円の価値が違うことを芸能界から離れ一般の仕事をして初めて気づく、やっぱり若いときから芸能界にいてその世界しか知らないと価値観がおかしくなってしまうんだなと、芸能界が特殊な世界って言われるのもわかる。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について