上沼恵美子が高畑裕太&高畑淳子親子を痛烈批判もブーメランの可能性? 息子を溺愛してる親バカで他人のことは言えない?

上沼恵美子

“関西のご意見番”や“西の女帝”などと称され、歯に衣着せぬトークによって特に関西で高い人気と知名度を誇るタレント・歌手の上沼恵美子さん(61)が、4日に放送されたレギュラー番組『上沼・高田のクギズケ!』(読売テレビ 日曜午前11時40分~)で、強姦致傷の容疑で逮捕された俳優の高畑裕太さん(22)と母親で女優の高畑淳子さん(61)のことを、約15分間にわたって痛烈に批判したことで大きな話題になりました。

上沼さんはまず8月26日に高畑淳子さんが行った謝罪会見に噛みつき、「過保護が服着てしゃべってる感じしました」「泣いてらっしゃるし、本当に申し訳ない気持ちがあるんでしょうけど、芝居がかってるなあと」「息子にホンマに怒ってない」「被害者が見えてこない」などと批判。

また高畑裕太さんについては、「だいたい役者になろうと思った時点が甘い。あの子は知りませんけど、会ったこともないけど、母の目線でいくと、どこの職業受けてもダメだし、尻割ってる子やと思うんですよ。怠け者やと思うんですよ。それをお母ちゃんはよう知ってますわ。この子、何やってもアカン。」と痛烈批判。

<高畑裕太さんと高畑淳子さん>
高畑裕太と高畑淳子

さらに、高畑さんが芸能界入りしたきっかけは、母親の舞台を見たことがきっかけだったと明かしていることについて、「嘘です。楽やなって思って入ったんやと思います。お母ちゃんが何かしてくれるわ、何かしても。バックアップしてくれるし、仕事の道も開いてくれるし、その通りしてくれますわ。最初から連ドラ、そんなとこいくのに何年かかる普通?後ろに高畑淳子が見えるからプロデューサーは起用する。七光りを全部知ってて、全部分かっていて、受けてますよね。彼は妙に悪賢い悪人です。母を母とも思っていないし、ナメてますよ、お母ちゃんは何をやっても許してくれると思いすぎ。」などと厳しいコメントをしていました。

<番組で高畑親子を痛烈批判していた上沼恵美子さん>
高畑裕太&高畑淳子親子を痛烈批判していた上沼恵美子

この他にも上沼さんは高畑さんの批判を行い、これに対してネット上では称賛の声が上がっており、毒舌で知られるタレント・俳優の坂上忍さんも「当たり障りのない意見を言っている人よりも、母として、芸能人として、自分の言葉でおっしゃっている。お見事」などと賛辞を贈っていました。

上沼さんのこうした歯に衣着せぬ発言に対し、批判的な声は多くあるものの、振り切った痛快トークで高い支持を得ており、上沼さんが出演する番組は高視聴率を獲得しています。

しかし、今回の高畑さん親子の批判は、ブーメランとして自らに帰ってくる可能性があると言われています。

その理由は上沼さんには2人の息子がおり、長男は整骨院勤務とされていたものの、上沼さんの個人事務所で働いていたことが明らかとなっています。

上沼さんの夫についても、元関西テレビ所属のテレビ演出家、プロデューサー、常務取締役・制作局長である上沼真平さん(69)であり、上沼さん自身もコネクションや七光りを使っている人物だと指摘されています。

また、上沼さんは長男のお嫁さん探しを率先して行い、20回以上のお見合いを行った末にいい人と出会って昨年9月に結婚。

ですが、年明けにハワイで挙式を行い、帰りの飛行機で奥さんが「この家に嫁ぐのは無理だ」といって離婚したそうで、離婚原因について知人は「嫁姑問題です。嫁と上沼さんがとにかく合わなかったみたいでね…。上沼さんは芸能界が長いから、気配りや礼儀作法にはうるさいんです。でも嫁は若干のんびりした所があって、さっそくハワイでもぶつかったんだとか。」と週刊誌で明かしています。

上沼さんもさすがに長男のスピード離婚はこたえたようで、収録の合間に泣き出したり、息子の話を一切しなくなるなど、情緒不安定な様子だったといいます。

上沼さんは、高畑淳子さんほどの親バカとは言えないかもしれませんが、上沼さんもかなり息子のことを溺愛している様子で自身の個人事務所で働かせたり、必死になって結婚相手を探すなどしており、自身のことを棚に上げて過度に批判するのは控えた方が身のためでしょうね。

また、上沼さんはイメージだけで対象の人物を叩き、その語り口が痛快でスカッとすることから視聴者に支持をされているようなのですが、上沼さんは憶測だけで話を膨らませて叩いている事が多々あり、視聴者から批判的な声も多く上がっています。

最近は上沼さんの発言がネットニュースでも度々取り上げられ、上沼さんの発言を目にする方も増えていることから、もう少し発言に気を付けたほうがいいかもしれないですね。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 says:
    ID:MjI0Njg2NDI2

    親なんか、多かれ少なかれ、みんな親ばか。しかし、親ばかを出していい時と、悪い時があると思う。法に関わることは、自分を鬼にして子供と向き合わなければいけないともう。今回の件は母親があんな、息子を作り上げた気がする。悪いことをすれば、すぐに、母親がお金で始末してくれる。普通の人が、示談で何千万も出せるだろうか、お金で犯した罪までも、無罪に出来る、日本の司法に疑問を感じる。日本は民主主義の国じゃないのでしょうか。

  2. 2
    匿名 says:
    ID:ODI4MzgyMjYz

    上沼恵美子は昔からうちのバカ息子と笑いのネタに卑下するぐらいに語っていた。高畑はずっと過剰な溺愛ぶりを語ってきた。この差は大きいのではないか。とりあえず犯罪には手を染めてはいないし逮捕された訳でも、示談金払うようなことをしでかした訳でもなく、示談金の大金を払わせた訳でも、示談金で揉み消した訳でも無い。全然程度が違うだろ。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について