ベッキーが『笑っていいとも!特大号』で芸能活動再開? 爆笑問題・太田光が復帰の場に提案も批判殺到

爆笑問題・太田光とベッキー

16日深夜に放送されたラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で爆笑問題の太田光さん(50)が、毎年年末に放送されていた『笑っていいとも!特大号』(フジテレビ系)の復活を求めるとともに、不倫騒動によって芸能活動を休止しているタレント・ベッキーさん(31)について言及し、「ベッキーが復帰するとしたらその場所しかない」などと語り話題になっています。

この日の番組には、さまぁ~ずの三村マサカズさん(48)がゲスト出演したのですが、太田さんは「『笑っていいとも!』終わってから、なかなか会えない。寂しいんだよ」と三村さんに訴え、ラジオ番組へのオファーは太田さんが自らしたことを明かしていました。

爆笑問題は2000~2014年、さまぁ~ずは2004~2014年まで『笑っていいとも!』に曜日レギュラーとして毎週出演しており、番組への思い入れも相当なものがあることから太田さんは「ちょっとさ、俺達で『特大号』だけ復活っていうのを陳情しないか、フジテレビに」と提案。

『笑っていいとも!特大号』は、年末に曜日レギュラーメンバーが生出演する特別番組で、豪華な企画内容となっていました。

この提案に対して相方の田中裕二さん(51)と三村さんは驚きながら、「え、タモリさんはどうするの?」「急に特大号だけやるの?」といった素朴な疑問をぶつけ、それに対してもお構いなしに太田さんは「ただ、その時に(いいともレギュラーだった)ベッキーをどうするかなんだよ。ベッキーが復帰するとしたら、その場所しかないと思う」などと語りました。

これに田中さんも「それはいいかもしれない」と意外にもノリ気で、三村さんも「いいんじゃないですか!? 今年の年末特大号やるっていう形で…」と同意し、田中さんは「SMAPとベッキーがさ…、すげーよ」と改めて想像して大興奮していたのですが、これに対してネット上では、

  • 芸能人はベッキーとの関係があるから復帰を望む人もいるかも知れないが、一般人は復帰を望んでいない。やはり不愉快。
  • 2回目の報道が無ければ復帰も有り得たかもしれないけど、あのLINEのやり取りを見たら擁護できないよね。復帰しても以前の様な人気は出ないでしょ。
  • 復帰してもらわないと周りが困る場合はなんとかするだろうけど、今回のは違うでしょ。視聴者から苦情が来るだけじゃないかな
  • 番組は芸能人の仲良しクラブのためにあるわけじゃない。ただ集まりたいだけならプライベートでやってくれ
  • 休業してまだ数週間なのにもうそんな話?まったく身内の甘さったらないね!『これだから芸能人は・・・』って言われるのが、わからんのかなぁ
  • ベッキーが出るなら絶対見ない!!出たとしても全く面白くもないんだし、もっと他の若手にチャンスをあげて欲しい
  • 芸能仲間で勝手に復帰の話をするのはかまわないが、番組内ってなると判断するのはスポンサー様では?その番組やスポンサーを判断するのは視聴者なんじゃないのか?
  • 加藤紗里に、ベッキーに・・・業界人からしたら復帰とか面白そうだけど、視聴者からしたら迷惑だし不愉快極まりない
  • 復帰案とか言ってるけど、自分がされた(不倫)立場でも同じ事言えるのかな?結局他人事だから好きな事言ってるような気がします。テレビって話題性や面白かったら何でもOKなんだろうけど、よく考えてもらいたいわ

など、ベッキーさん出演に対して厳しいコメントが多数寄せられています。

フジテレビの亀山千広社長が暴走し、最終的に終了となってしまった『笑っていいとも!』の復活は多くの方が望んでおり、終了を決定した亀山社長も2014年4月に行った定例会見にて、「終わって改めて思うことは、偉大な番組だったということ。今後、スペシャル番組として『いいとも!』の同窓会の企画を出していければと思う」とし、具体的な放送時期に関しては未定であるものの、「なるべく早めにできるよう、準備を進めてほしいと思っている」と語っていたことから、今後スペシャルとして放送される可能性は十分あるでしょう。

しかし、そこでベッキーさんが復帰となると視聴者から批判が殺到し、炎上状態となるのは確実で、番組のイメージも悪くなってしまうことから、今後放送予定の『笑っていいとも!』を復帰の場にするべきではないと思いますね。

ちなみに、タレントの伊集院光さんは15日深夜放送のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(TBSラジオ)にて、『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)に出演するのはどうかと提案していたのですが、ネット上ではこちらにも批判が殺到しており、ベッキーさんが仕事に復帰するのはしばらく難しそうです。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について