フジテレビ昼ドラ枠で『新・牡丹と薔薇』が放送! 黛英里佳と逢沢りなが姉妹役! 小沢真珠と大河内奈々子の前作超えなるか

牡丹と薔薇

女優の大河内奈々子さんと小沢真珠さんが姉妹のドロドロ愛憎劇を演じ、大ヒットした昼のドラマ『牡丹と薔薇』(フジテレビ系)が、約12年ぶりに復活することが明らかとなりました。

出演者と物語を一新し、再び昼ドラ枠(毎週月~金曜日13時25分)で『新・牡丹と薔薇』のタイトルで11月30日から放送がスタートするとのことです。

2004年に放送された『牡丹と薔薇』は、大河内さんと小沢さんが演じる別の環境で育った姉妹が、中学生の頃に生き別れた姉妹とは知らずに出会い、そこから数奇な運命に翻弄されるさまを描いた愛憎劇で、番組の最高平均視聴率は13.8%(関東地区)、全50話の期間平均視聴率は9.0%と、昼ドラとしては異例の高視聴率を記録。

<↓の画像左が大河内奈々子さん、右が小沢真珠さん>
『牡丹と薔薇』に出演の大河内奈々子と小沢真珠

あまりにも反響が大きかったことから、番組終了後に金曜エンタテイメント枠(金曜日21時)で『牡丹と薔薇 完結版』が放送され、17.6%という好視聴率を記録し、さらにこのドラマのパチンコ台が登場する等のブームとなりました。

30日からスタートする『新・牡丹と薔薇』は、前作と同じ制作陣が手掛け、異母姉妹がある事件に巻き込まれ、数奇な運命に翻弄されていくというストーリーとなっているそうです。

姉の小日向ぼたん役を演じるのは、バラエティ番組『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)内の人気コーナー『連続転勤ドラマ 辞令は突然に…』で、妻のはるみ役で知られる女優の黛英里佳さん。

妹の小日向美輪子役を演じるのは、2008年に放送された『炎神戦隊ゴーオンジャー』でデビューし、グラビアアイドル、モデルとしても活動している逢沢りなさん。

<↓の画像左が黛英里佳さん、右が逢沢りなさん>
『新・牡丹と薔薇』出演の黛英里佳と逢沢りな

2004年に放送された前作では、小沢さんが演じる妹の香世が姉のぼたん(真世)を執拗にイジメるシーンが話題になり、その中で「役立たずのブタよ!」などの強烈なセリフがあったり、香世の夫・由岐雄(西村和彦さん)がぼたんと浮気した腹いせに、牛革の財布を焼いてソースをかけた珍料理・財布ステーキを食事に出すなどの衝撃的なシーンもあったのですが、新作でも視聴者が驚くような演出を用意しているとのことです。

そして、これに対してネット上では、

  • 復活は嬉しい。…が、主役2人の実年齢が離れすぎているのが気にかかる。
  • このドラマは内容より小沢真珠の演技が面白かった訳であって、他の女優がやっても意味がないよう気がするんだけど…
  • 再放送なら見たいけど…再放送にしてください!小沢さん・大河内さんの牡丹と薔薇です!
  • ちょっと楽しみではありますが・・・(笑)あのブームは真珠さんのキャラがあってこそだったと思うんですよね。あれを超えるには、今回のキャストでは荷が重すぎるのでは?
  • フジは最近こんなパターンが多いな。ヘタしたら、踊るも形を変えて復活なんて話がでてくるかも(笑)
  • 順番に歴代昼ドラ再放送の方が視聴率取れると思う
  • 前作の二人がその後を演じるんならちょっと見てみたいけどな…

などのコメントが寄せられていました。

先日、一部スポーツ紙によって昼ドラ枠が来年3月に廃止されることが報じられていましたが、昼ドラ枠で最後に放送されるのが『新・牡丹と薔薇』となるようですね。

小沢さんはこのドラマで迫力のあるイジメ役を見事に演じきり、小沢さんの演技があったからこそ、ここまでの高い視聴率を獲得できたとみられるため、果たして新作はどうなるでしょうか。

前作と同じ制作陣とのことから楽しみな部分もあるものの、まだ24歳と若い逢沢さんが、小沢さんが演じたイジメ役を演じきれるかどうか少し不安ですね…。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MzQwMDYxMzUx

    絶対、大コケする。
    ドロドロ物のドラマはもう時代遅れ、むしろ視聴者からも批判を買うのではないであろうか?

  2. 2
    匿名 より:
    ID:MjQwZjo3ZT

    小沢真珠じゃなきゃ意味ない

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について