フジテレビ『HEAT』の打ち切り決定? 1話分減らして9話で最終回に? 続編映画『DRAGON』は中止できず大赤字か?

EXILEのAKIRA

EXILEのパフォーマー・AKIRAさん(本名=黒澤良平 34歳)が主演で、7月7日よりスタートしたドラマ『HEAT』(フジテレビ系)の打ち切りが決定したと、ニュースサイト『サイゾーウーマン』が報じています。

同ドラマは初回平均視聴率が6.6%、第2話で早くも3.9%までにダウンし打ち切りが囁かれ、その後も第3話は4.2%、第4話は3.4%、第5話は3.4%と低迷が続き、ついに第6話で2.8%と、ゴールデン・プライム帯(19時~23時)で放送の民放連続ドラマ(テレビ東京は除く)の中で今世紀最も低い数字を記録。

これによって打ち切られる可能性が高まったものの、同ドラマの放送がスタートする前に続編となる映画『DRAGON(仮題)』の制作が決定しており、フジテレビとしても打ち切りは何としてでも避けたいのではないかと噂されていたのですが、『サイゾーウーマン』が報じている記事によると、当初は全10話を予定していたものの、1話減らして9話で終了することが決定し、9月1日の放送で最終回となるようだとのこと。

続編の映画化が決定しているにもドラマを打ち切り、今後フジテレビはどのような対策を講じるのか気になるところですが、企画やスポンサー集めの段階から映画化を売りにしており、そう簡単に映画化を打ち切りにすることは出来ないようで、EXILEファンにターゲットを定めてライブやトークショー付きの舞台あいさつを連発し、赤字を増やさないようにするのではないかといいます。

しかし、現在はEXILEよりも三代目J Soul Brothersの方が勢いに乗っており、そもそも『HEAT』はEXILEファンからも見放されてしまっている作品であるため、かなり厳しい結果となる可能性が高いのではないかとみられます。

ちなみに、今回打ち切りが報じられた『HEAT』ですが、今期月9枠(月曜21時)で放送されている福士蒼汰さんが主演の『恋仲』も9話で終了予定であることが明らかとなっており、フジテレビ広報部は打ち切り説を否定しているものの、これまで月9枠のドラマは10~11話話放送されているため、低視聴率によるものなのではないかとニュースサイト『アサ芸プラス』によって報じられていました。

今期のフジテレビのドラマはいずれも大惨敗しており、かつて高視聴率ドラマを連発していた局とは思えない悲惨な状況にありますが、10月期にスタートするドラマはどのような結果となるでしょうかね…。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:ODI4NDU0OTAw

    こんなドラマはどうでもいいが、来月公開される、アンフェアにこいつが出演しているみたいなのが腹立つ!

  2. 2
    匿名 より:
    ID:ODI4NTE4NzQ1

    もう低視聴率ってまえから言ってんだからさ、さっさと終わらせろや。
    素人に主演はらして視聴率なんか獲れるわけねーだろか。
    こいつ早く消えて欲しいわ。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について