タカアンドトシ出演の「帰れま10」が史上初の生放送! 低視聴率で打ち切り終了もAbemaTVで生配信決定!

タカアンドトシ

人気お笑いコンビ『タカアンドトシ』がMCで、昨年1月に放送が終了したバラエティ番組『もしものシミュレーションバラエティー お試しかっ!』(テレビ朝日系)内で大人気だった企画「帰れま10」が、4月17日の18時30分よりインターネットテレビ局『AbemaTV』で「『AbemaTV』開局特番『帰ってきた帰れま10』」として史上初の生放送されることが明らかとなりました。

「帰れま10」はスーパーの惣菜やカラオケ、居酒屋、コンビニ、そのほか様々な飲食店などの全メニューから人気の上位10品を予想しながら注文し、ノーミスで10品全てを当てることができれば参戦者は賞金100万円を獲得出来る一方で、途中で外してしまうと賞金は没収され、上位10品を当てるまで帰ることが出来ず、注文したものは全て完食しなければならないという過酷なルールがあり、参戦者を苦しめてきました。

この企画は『お試しかっ!』の看板企画として放送され、2012年1月には最高平均視聴率20.1%を記録するほどの人気ぶりでした。

しかし、しばらくすると視聴率は低迷していき、昨年1月26日の放送をもって番組は打ち切られ終了する事になったのですが、6日に『帰ってきた帰れま10』として1年4ヶ月ぶりに復活し、タカトシの2人の他に、とにかく明るい安村さん、トレンディエンジェル、おかずクラブのゆいPさん、三四郎の小宮浩信さん、ピン芸人の永野さん、横澤夏子さんなどの旬なお笑い芸人が初参戦しました。

そして、4月17日にはサイバーエージェントとテレビ朝日が手掛けるインターネットテレビ局「AbemaTV」にて、初めて生配信されることが決定し、今回はタカトシの他に、NON STYLEの井上裕介さん、モデルの石川恋さん、さらに「AbemaTV」の開局を記念してサイバーエージェントの社長であり、AbemaTVの社長でもある藤田晋さんが参戦するとのことです。

これに対してネット上では、

  • 生なら、なおさらつらさがわかるかも。でも出てるほうは、生だともっと大変かも。テレビに映らないとこも映るからね(笑)
  • 芸人の必死さや根性が分かるチャレンジ番組って昔もっとたくさんあったけど、こういう番組の方が見てて面白いよね。一芸を極めるって意味で何かを必死に頑張るって姿は視聴者の共感も得られやすいんじゃないかな。特番でも良いからたまに放送してほしい。。
  • この番組はたまに見ると面白いね。毎週だと健康が心配になるし飽きる
  • 今度はネットのTVで時間無制限で生放送とか、ヤラセではないという証拠の為とはいえぐだぐだな展開になりそうで心配だな
  • あれはうまいこと編集してるから観てておもしろいのであって、生でグダグダ食べるところをずっと見せられても多分観続けられないと思う。
  • お坊さんバラエティーより面白いと思う。しくじりもあまり好きじゃない。だからまた復活して欲しいな~
  • 面白い番組なので普通にまた深夜でもいいので地上波で放送してほしい。ぐるナイのゴチよりおもしろい。

などのコメントが寄せられています。

6日の地上波放送に続いて17日にネットで生配信となりますが、『デイリースポーツ』が報じている記事によると、番組関係者も「帰れま10」には期待を寄せているといい、今後の特番での放送やゴールデン進出などの継続を視野に入れているとのことから、6日に放送された特番の視聴率、17日の生配信の反響次第ではといった感じのようです。

17日の生放送ではどのような展開になるのか楽しみではあるものの、最低でも平均5時間は掛かるそうですし、過去の最長収録時間は11時間15分というとんでもない長さになっており、編集無しで果たして大丈夫なのかどうか少し心配な部分はあるのですが、それも考慮してメニュー数が少ない店でのチャレンジとなるのでしょうかね。

ちなみに、この企画の最短ロケ時間は3時間15分となっており、この記録を更新することが出来るのかどうかにも注目したいところです。

関連記事

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について