オリエンタルラジオ・中田敦彦『RADIO FISH』で今年のNHK紅白出場宣言で批判殺到! 勘違いの天狗っぷりに嫌悪感

オリエンタルラジオ・中田敦彦

お笑いコンビ『オリエンタルラジオ』の中田敦彦さん(34)が16日、曜日パーソナリティーを務めている情報番組『白熱ライブ ビビット』(TBS系 平日午前8時~9時55分)に出演し、大晦日に放送される『第67回 NHK紅白歌合戦』について、「出るつもりでしかいません」と出場宣言をしたことが話題になっており、ネット上では批判が殺到しています。

オリエンタルラジオは今年、ダンス&ボーカルユニット『RADIO FISH(レディオ・フィッシュ)』として発表した楽曲『PERFECT HUMAN』が大ヒットし、今年の『第49回日本有線大賞』では有線話題賞を受賞。

また、その年にヒットした商品や話題になった人物に贈られる『小学館DIMEトレンド大賞』を発表したDIME誌が「ニッポンを動かしたヒト」として、RADIO FISHを取り上げられました。

番組でこのことが紹介されると中田さんは、「本当に楽しい1年を過ごさせていただきました。まだまだ、年末に向けて頑張ります」と語り、司会のTOKIO・国分太一さんから「紅白、近づいたんじゃないですか?」と聞かれると、自信満々の顔をしながら「紅白はもう出るつもりでしかいません」と宣言。

中田さんは9日に放送された同番組内でも、今年の紅白への出場に意欲を見せており、今年は新垣結衣さんと星野源さんが共演のTBSドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(略称:逃げ恥)のエンディングで、出演者たちが披露している「恋ダンス」が話題になっているほか、お笑いタレント・古坂大魔王さん扮するピコ太郎さんの『PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)』が世界的大ヒットを記録。

この日の番組では、「紅白出場はどのダンス?」というテーマで3曲をピックアップしていたのですが、中田さんは「ピコ太郎さんを差し置いて、僕とガッキー(新垣結衣)が紅白で会う。このストーリーが最高です」と語り、「ピコ太郎さんとはバチバチ争って紅白をいただきたい」と、紅白出場に対して強い意欲を見せています。

このように中田さんは、紅白出場に向けて猛アピールをしているのですが、そんな中田さんに対してネット上では、

  • この人のコメント、最近は何を言っても不快感がある
  • 最近調子に乗っていると思う
  • 最近の勘違い発言を聞いていると、何様?と思ってしまう。炎上商法としての本人の狙いなのかな~。何にしても嫌な人になっちゃったよ。
  • なかなかのウザさで、不愉快やわ。
  • 芸人なのに発言が面白くない。自意識過剰でウザいなぁー
  • これは是非とも落としてあげないと駄目だわ
  • ほぼ歌ってるの相方よね。あっちゃんは曲名一言言うだけじゃん。よくそれで調子乗れるよね。芸人だったらネタをしてほしい
  • あんまり調子に乗ってるとまた干されるよ。視聴者は結構嫌ってるから。

など、批判的なコメントが殺到しているのですが、13日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系 日曜午前10時)でこの話題が取り上げられると、ダウンタウンの松本人志さんも苦笑いしながら「こいつ何やねん」といい、「芸人やったら、ウラの(裏番組)『笑ってはいけない』に出ろや!笑うかどうかは、こっちはわからんけどな!」と苦言を呈していました。

また、この日の番組にゲスト出演していた南海キャンディーズの“山ちゃん”こと山里亮太さんは、「あの人は凄い策略家。戦略的に紅白まで見てたんでしょうけど、ピコ太郎さんが急に出てきた。『PERFECT HUMAN』がパロディーがご本人の意向でダメなんですよ。しちゃいけない。」と、後輩である中田さんの策略を暴露。

その理由については「真似されると飽きられるスピードが速くなるからと、紅白の頃には飽きられちゃうという計算ができてるんです」と明かした上で、「そういうところまで計算できているのに、なぜ(後輩の)8.6秒バズーカーのモノマネをあんなにしてたのかな?って」と指摘していました。

ちなみに、オリエンタルラジオの同期である『トレンディエンジェル』の“斎藤さん”こと斎藤司さんは「最近、あっちゃんが怖い」と明かし、過去に『PERFECT HUMAN』をパクったハゲネタ『NO HAIR HUMAN』を番組からお願いされて披露し、そのネタ動画がYouTube上で再生されるようになった頃から、「あっちゃんキレてるらしいよ」とマネージャーから聞かされたことを告白。

実際に番組収録で対面し、スタジオの廊下ですれ違った時に斎藤さんが中田さんに「お疲れ!」と声をかけると、冷たい口調で「お疲れ」と返ってきたというエピソードを明かしています。

中田さんは周囲に敵がかなり多いようで、お笑い芸人から次々に裏の顔が暴露されており、イメージがかなり悪化していることが今回の批判に繋がっているとみられるのですが、『PERFECT HUMAN』が話題になり、ヒットしたのは間違いないことから、紅白に出場する可能性はあるでしょうね。

もし紅白への出場が決まった場合、中田さんはさらに勘違いしはじめるとみられ、天狗になることによって再び干されるという可能性がありますが、目を覚ますために、もう一度ドン底まで落ちた方がいいのかもしれないですね…。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MTk5NTQ3MTgw

    夫婦で嫌い

  2. 2
    匿名 より:
    ID:MjExNDM2ODAy

    日本人ってほんと批判大好き

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について