『デスノート2016』に戸田恵梨香が“ミサミサ”こと弥海砂役で出演! ドラマ版では佐野ひなこが演じ批判の嵐に

映画『デスノート 2016』出演の戸田恵梨香

10月29日公開予定の映画『デスノート 2016』に、女優の戸田恵梨香さんが出演することが9日明らかとなりました。

戸田さんは2006年公開の映画『DEATH NOTE デスノート』で映画デビューを果たし、この作品で演じた“ミサミサ”こと弥海砂(あまね・みさ)は大きな反響を呼んだのですが、あれから戸田さんが再び弥海砂を演じるとのことです。

戸田さんは「嘘でしょ!と思いました。本当ですか?って(笑)。10年前の作品で月とLも亡くなっているし、当時も10年後の物語を作ることはないだろうと思っていたので本当に驚きました。」と明かしています。

また、「今回の参加は恐怖の方が強かったです。スクリーンデビューさせていただいた作品なので、思い入れは強くて。」といい、「10年前の『デスノート』のときはまだまだ新人で、役者を始めて1年も経っていないのにとても大きな作品に参加させていただいたので、芝居もままならない状態でした。」と振り返ります。

<↓の画像は、10年前に弥海砂を演じた戸田恵梨香さんの写真>
映画『デスノート』で弥海砂を演じた戸田恵梨香

そのために前作での姿を観ると恥ずかしくて仕方がないといい、「今回はその当時に戻れるのか、戻っていいのか? 戻るべきなのか、進むべきなのか? いまの自分だったら、海砂をどう演じられるのだろうか? というところでとても悩みました。」と本音を吐露し、「10年経ったいま、『デスノート』を通してまた改めて伝えられるメッセージがあるのかもしれないなと思います。」とコメントしています。

戸田さん演じる“ミサミサ”こと弥海砂は、トップアイドルでありながら死神に魅入られ、デスノートの保有者となり、愛する“キラ”こと夜神月のために“第2のキラ”となったヒロインで、自身の残りの寿命の半分を差し出す取引を死神と交わして「死神の目」(死に至らしめる対象の名前と寿命を見ることができる目)を手に入れました。

『デスノート 2016』は前作から10年後の世界を舞台にしており、弥は10年前にデスノートの所有権を放棄したことでデスノートに関する記憶を全て失っているものの、月への想いを持ち続けたまま女優としての活動をしているそうです。

しかし、6冊のデスノートが地上に持ち込まれたことでキラの復活を望む者と、それを阻止する者達による頭脳戦が繰り広げられ、その中で10年前にデスノートを使用しながらも唯一生き残った弥は、月とLの戦いを知る記憶と新キャラクターとの絡みが物語の重要なカギになっていくようです。

2006年公開の『デスノート』と『デスノート the Last name』では、主人公の“キラ”こと夜神月を藤原竜也さん、天才探偵のLを松山ケンイチさんが演じましたが、『デスノート2016』は2人がこの世を去ってから10年後の世界を舞台にしており、主人公のデスノート対策本部特別チーム捜査官・三島創を東出昌大さん、Lの遺伝子を継ぐ世界的探偵の竜崎を池松壮亮さん。

<↓の画像左が東出昌大さん、右が池松壮亮さん>
映画『デスノート 2016』出演の東出昌大と池松壮亮

キラを崇拝する狂気の天才サイバーテロリスト・紫苑優輝を菅田将暉さん、デスノート所有者のひとりであり、思想を持たず無差別殺人を行う“普通の女の子”青井さくらを元AKB48の川栄李奈さんが演じ、原作には存在しながらも使われなかった“6冊ルール”(人間界で同時に存在していいノートは6冊まで)のもとで、キラ復活を望む者とそれを阻止する者達による6冊のデスノートをめぐる頭脳戦が描かれています。

<↓の画像左が菅田将暉さん、右が川栄李奈さん>
映画『デスノート 2016』出演の菅田将暉と川栄李奈

そして、戸田さんが弥海砂を再び演じることが発表されネット上では、

  • 今回のはいろいろ言われてるけど、なんだかんだちょっと気になる。
  • 最初はなんか違うと思ったけど、それを引っくり返した。佐野ひなこより、戸田恵梨香が適役。これは間違いないわ
  • 続編とかやると盛大にコケる事が多いからどうなるかは分からないけど、実写版でやるならミサミサはやっぱり戸田恵梨香じゃないとね。ほんと、あのデスノっぽい日テレのドラマは何だったんだよ…
  • えっ!?と思ったけど、これはちょっと見たい。が、東出昌大がなぁ。彼はCMでの数秒の芝居でもぎこちないので、彼のせいで見ないかもしれない。
  • これは楽しみでしかない。戸田恵梨香ならやり切ってくれるから期待できる。作品の出来としても間違ってもドラマ版みたいな出来には絶対にならないはず!ミサミサ復活うれしいなぁ。
  • この発表は嬉しいけど、それにしても東出さんと川栄さんはどう考えてもキャスティングミスじゃないか? 他は演技力あるけど。
  • 佐野ひなこはある意味すごかった…。やはり戸田恵梨香の方がしっくりくると思う。ただ、最近は痩せすぎで魅力がやや半減…。

などのコメントが寄せられていました。

昨年7月期に放送されたドラマ版の『デスノート』(日本テレビ系)では、タレント・女優の佐野ひなこさんが弥を演じ、役のイメージとかけ離れている見た目に原作のファンからは多くの批判が寄せられ、ネット上では炎上状態に。

戸田さんが演じた弥があまりにも良かったことから、両者を比較しての批判も多くありました。

まさか戸田さんが再び弥海砂として出演するとは思わなかったことから、今回の発表には非常に驚き、あれから10年が経ちどのような演技を見せてくれるのか楽しみですね。

関連記事

2件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 より:
    ID:MzQwMDYxMzUx

    デスノート2016は大コケする、絶対失敗がオチだ

  2. 2
    匿名 より:
    ID:MzcwMTI2NjQ2

    金のために原作も映画もストーリーもへったくれもないなぁ(笑)
    死神の目の流れは無しかいな(笑)
    2回契約してるので、10年後のストーリーなら、みさの寿命は120歳以上の設定か?戸田さんがまた演じるのを嬉しがっている人は原作も何も関係ない人達なんだろうね(笑)
    絶対観たいと思えないなぁ

    無茶苦茶もエエとこですねぇ(笑)よく大場つぐみは文句言わないもんだなぁ
    やっぱ金かなぁ(笑)しょーもな

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について