フィギュアスケート羽生結弦選手が2018年平昌五輪後にプロへ転向する意向表明! ベストな状態でプロスケーターに

羽生結弦

フィギュアスケート男子で、昨年開催のソチ冬季五輪金メダリストの羽生結弦選手(20)が6日(日本時間7日)、2018年に韓国で開催の平昌五輪を区切りにプロへ転向する意向を示しました。
プロへ転向した場合、五輪への出場資格を失うことになります。

羽生選手は拠点にしているカナダ・トロントでの練習を公開した後に、将来像を語る中で「ソチで(金メダルを)取って、その次の五輪で取って終わって、そこからプロをやろうと、自分の中では小さいころから決めていた」と語りました。

(↓の画像は、練習後取材に応じ、プロ転向を表明した羽生結弦選手の写真)
羽生結弦選手がプロ転向を表明

また、23歳という若さで競技生活を終えることについては、「自分がベストな状態の時にプロスケーターでありたい。落ちてきて、できなくなって引退してプロになるのではなく、プロの仕事を全うできるような体力の状態でやりたい」と話しています。

羽生選手は、ブライアン・オーサー・コーチの著書『チーム・ブライアン』での師弟対談でも、同様の気持ちを述べるなどしており、自身の選手生活について言及していました。

そして、今回の取材で今季のショートプログラム(SP)として、昨季のショパン作曲「バラード第1番」を再演する意向を示し、後半に4回転トーループを跳ぶ構成に再挑戦。

試合のプログラムでは自身初となるピアノ曲となり、「昨季の世界選手権の前から決めていた。成長できるプログラム」と理由を説明しています。

これにネットでは、

  • 平昌の次は北京ですしね。羽生くんのようなトップスケーターが23歳で引退というのは若い気もするけど、フィギュアスケーターとしてのピークを考えると良い辞め時かもしれませんね。
  • 個人的には3連覇が見たかったけど・・・年齢的にもまだまだいけるだろうし・・・
  • 平昌での引退は今までも示唆していたから、わかってはいた。わかってはいたけど、実際あと3年もしないうちに羽生くんが競技会で見れなくなるのはやっぱつらいなぁ…意志の強い人だからこの決意はきっと変わらないだろうな…
  • 3年経ったら今とは心境が変わるかもしれないけど、フィギュアの現役って本当に短いですね。次のオリンピックがあの国じゃなければもっとよかったのに。変な妨害行為をされないことだけ祈ってます。
  • 自分の将来をちゃんと見据えてますねぇ。年齢的にはその次ぎまで引っ張れるとは思いますけど、本人がそういう気持ちでいるならそれはそれで賛成してあげたい

などのコメントがありました。

羽生選手は平昌まで頑張るとし、その後はプロスケーターとなり、アイスショーなどで得たお金を震災復興に回すことなどを考えていると以前より明かしていたようですね。

ソチ五輪で金メダルを獲得するなど、これまでに素晴らしい成績を残してきた羽生選手が23歳で引退というのは早い気もするのですが、2022年に中国・北京で開催される五輪の時には羽生選手も27歳となっており、選手生命が短く10代でピークを迎えると言われているフィギュアスケート界ではベテランの域となっており、自分の満足できるようなパフォーマンスを披露することが出来なくなっている可能性が高いため、懸命な判断なのかもしれません。

羽生選手は今季、10月中旬にカナダで開催される「スケートカナダオータムクラシック2015」(オータム・クラシック国際)を初戦とし、その後グランプリシリーズに出場する予定となっているのですが、平昌五輪までの3年間悔いの残らない滑りを披露してほしいと思います。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    つっこみくいーん より:
    ID:MjA4OTk4Nzc4

    シングルスケーターは選手層が厚くて早々と引退する。先を見据えるのは良いこと。もし平昌五輪出場を逃したら、現役続行もあり得る。30過ぎても現役を貫いたのは、後にも先にもプルシェンコや村主さんくらい。

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について