NEWS・加藤シゲアキがSEALDsの活動に賛同発言で物議! ジャニーズのタレントが政治団体に肩入れは危険? 仕事に影響の可能性?

NEWSの加藤シゲアキ

ジャニーズの4人組アイドルグループ『NEWS』のメンバー・加藤シゲアキさん(本名=加藤成亮 28歳)が、6月27日発売の『朝日ジャーナル』で同誌の佐藤修史編集長と対談し、その中での発言が大きな話題になっています。

安保法制を批判し、安倍晋三政権に対決姿勢を取り、大きな注目を集めた学生団体「SEALDs(シールズ)」(自由と民主主義のための学生緊急行動)について加藤さんは「SEALDsには、すごく賛同できます」と語り、「今から年金のことを考えろって言われても、40年後の未来なんてわからない、とにかく今を生きるしかない。若い人はそう考えていると思います。」「今をしっかり生きていこうとしている以上、極端な政治変革は受け入れにくい。SEALDsに賛同するのもその辺ですね」と賛同する理由を説明しました。

<↓の画像が、『朝日ジャーナル』での対談ページ>
加藤シゲアキが『朝日ジャーナル』でSEALDsを支持する発言

これに対してファンからは、「シゲちゃんのすごさを感じた」「かっこいい……」「すっごくこの気持ちよく分かる」などといった反応が上がり、SEALDsのメンバー・奥田愛基さんもツイッター上で「NEWSの加藤さん。ジャニーズ事務所なのに、自粛自粛ムードの中でこれ言うのめちゃくちゃ勇気いると思う。本当にこういうの嬉しい。」と反応。

<↓の画像は、SEALDsのメンバー・奥田愛基さんのツイート>
SEALDsのメンバー・奥田愛基のツイート

しかし、タレントが政治的な発言をすることはあまり良くは思われず、テレビ関係者の間でもこの発言は快く思われていないようで、ニュースサイト『デイリーニュースオンライン』によると、ニュース・報道番組でキャスターを務めている嵐の櫻井翔さん、NEWSの小山慶一郎さんは、番組内では自身の政治的主張はほとんどせず、その理由は、政治的に中立な立場でなければキャスター生命に影響を及ぼすだけでなく、アイドルとしても偏った政治色が付いてしまい、その結果テレビ局としても使いにくくなってしまうからとのこと。

また、別のメディアでは、加藤さんの今回の発言はSEALDsに利用される可能性が大きいと指摘しており、すでに奥田さんがツイッターで反応を示している時点で利用されていることから、「SEALDsの広告塔に利用されたら、ファンも付いて行きそう」と心配の声も上がっています。

今回このような発言をした加藤さんは、2012年1月に小説『ピンクとグレー』でジャニーズ初の小説家デビューを果たし、同作は行定勲監督によって今年1月に映画化され、昨年6月に出版した短編集『傘をもたない蟻たちは』も今年1月にドラマ化されるなど、小説家としての実力も発揮。

昨年3月末よりスタートした情報・ワイドショー番組『白熱ライブ ビビット』(TBS系)には金曜レギュラーとして出演し、加藤さんはアイドルながらも「文化人」的な立ち位置で活動をしており、今回の発言もそれが関係しているのではないかと言われています。

他のタレントとは違う立ち位置で活動するのは問題ないことでありますが、自身の人気やグループにも影響を与えてしまう可能性があることから政治的な発言、特定の団体への肩入れは控えるべきだと言われており、今回の発言は物議を醸すことになったことから、今後はジャニーズ事務所によって言動は厳しくチェックされ、今後しばらくは小説を書かせてもらえない可能性もあるという話も出ています。

ジャニーズ側もタレントの発言をチェックしているかと思いますので、『朝日ジャーナル』の対談内容もしっかりと確認していると思うのですが、あえてこの発言をスルーしたのか、それとも確認漏れか、それとも全くチェックしていなかったのか気になるところですね。

加藤さんが所属するNEWSは2003年に9人グループとして結成し、それからメンバーが次々に脱退していき4人となり、その途中には解散危機もあったそうなのですが、それを乗り越えて現在はメンバーそれぞれが活躍しており、数年前からは事務所がNEWSをプッシュ。

今年4月からは『変ラボ』(日本テレビ系)と『ザ少年倶楽部プレミアム』(NHK)の2本にメンバーがレギュラー出演し、今年の『24時間テレビ』(日本テレビ系)のメインパーソナリティーにも決定するなどしています。

加藤さんが文化人ポジションで活動することは問題ありませんが、自身やグループのことを考えて、今後政治的な発言をするのはなるべく避けるようにした方がいいのかもしれません。

関連記事

1件のコメント↓コメント投稿
  1. 1
    匿名 says:
    ID:MjQwZjowMD

    共産党シゲアキさん

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について